利休のお弁当に私が出した結論とは。

仙台の利牛といえば、有名な牛たん屋さんである。
お取り寄せもできるし、人気は全国レベル。
私も過去に、吉祥寺伊勢丹(もう無い・・・)の催事で食べて気に入りました。

その「利休」が、東京にはじめてのお店を! 池袋駅すぐの
エソラというビルに出したのは、昨年秋。
いつ行ってもすごい行列と評判だったのですが、行ってみました、
牛たん炭火焼利休 池袋店

ホントにすごい行列でした。最後尾に並んだら40分待ちくらいになるらしい。
が、しかし、そこで店員さんが他のお客に言っていたことばが私の耳に
飛び込んできました。

「お弁当ならすぐなんですけど」
オッケーオッケー。

というわけで、標準的な牛たん弁当1300円をゲット。

仙台帰りみたいな観光地っぽい袋も可愛い。
a0079948_1125181.jpg


で、ほんとに間違いなくあの利休です。やっと合えたにゅ(辻仁成(笑))。
a0079948_1131021.jpg


ふたをあけると麦飯に2パターンの牛タン。私の好きな、唐辛子の味噌漬け
らしきものもついてます。そしてテールスープまで! 希望すればとろろも
追加料金払ってつけてもらえるみたい。
a0079948_114713.jpg


この分厚くてむっちりした(焼肉とは違うおいしさのある)牛タン、久しぶり!
さすがにおいしい。ビール飲みたいけどご飯多いし我慢我慢。
a0079948_1133550.jpg


こちらは甘辛く、プルコギ風でご飯に合いそうだったんだけど…私としては
これなら牛たん1枚余計に入れて欲しい、と思いました。実際、過去に催事で
買ったお弁当見たら、そういうのついてなかったし、それのほうがすがすがしい。
a0079948_1135029.jpg


というわけで、次回からは私、お弁当じゃなくて普通に焼いたお肉だけ
テイクアウトして家でビールっていうのが正しい気がします。自分の場合はね。
[PR]
by tohko_h | 2010-03-19 23:11 | eating&drinking