私の弱点。

いつも愛読しているブログのこの記事(リンク)読んで
思い出しました、幼き日の私の弱点。

それは、エスカレーター全般。

全般というか。

その1)
エレベーターと呼び分けられるようになるまでだいぶかかった。
たぶん小学校出るくらいまであやふやだった・・・かもしれない(笑)。
そのころから、友達と駅ビルなどに買い物に行くようになり、
エスカレーターを上り下りすることが増えてからかな。
あ、違う。
札幌で暮らすようになって(10歳のとき)、地下鉄駅が最寄り駅に
なったので、エスカレーターにそこで慣れたんだ(よかった・・・)。
ちなみに札幌では、今はどうか知らないけど、当時(25年以上前)から
人がいないときは止まっていて、誰かが近づくと動き出すタイプの
エコなエスカレーターが地下鉄各駅で採用されていました。
それで私は心の中で「私が乗ってから動いてくれればいいのに・・・」と
ちょっと残念に思ってたものです。


その2)
リンクした漫画同様、下りエスカレーターへの最初の1歩、誰かに
手をつないでもらったりしないと怖かった。小学校出るくらいまで
オドオド手すりベルトつかまないと降りられなかった暗い記憶が(笑)。
そんな私が今は、デパートの上のほうのフロア(物産展とかやってるところ)から
ガンガン両手に荷物を持ってすたすたとエスカレーターを下りたり、
地下鉄に毎日乗ったりしてるのは、自分的にはすごい進化(笑)。

でも、今も時々、年に1回くらい「エレベーター」と「エスカレーター」を言い間違え
そうになるリスキーな瞬間があります。
と、記事を書いている間も「こっちでいいんだよね」と実はいちいち確かめるように
注意深く(普段の書きっぱなしの私とは違う!)書いてました、実は(笑)。
[PR]
by tohko_h | 2010-04-27 16:03 | drops of my days