シンプルに素敵な人。

昔好きだった人と、某SNSサイトを経由してぼちぼち連絡を取っている。
すわ不倫? NO! 片思いだったので、ただの男子の友達、である。
結果的に。
彼は海外にいる人なので、共通の知り合い(大学のクラスメート)と
会ったときなんかに、「久しぶりにあの人と会ってきたよ」的にメールしたり、
彼のいる国が治安的にヤバい、みたいなニュースをテレビで見ると
「大丈夫?」と安否を確認してみたり。

…彼は、学生時代の失恋(私の友人に! 学生時代の世界って
あの独特の狭さが懐かしい)の勢いで海外に飛び出し、そこで
その国の言葉を独学で覚え、就職もしちゃった猛者であり、今は
現地で知り合った日本人女性との間に子をもうけ、明るいお父さんを
やっている様子が、その日記(SNSサイトの)からうかがいしれる。

で、先日、彼の誕生日に(覚えてたわけじゃないけど、某SNSサイトは
親切に「今日はあなたのお友達の○○さんのお誕生日です」とメールで
知らせてくれるので)メールしてみたら、

「元気そうだね。最近日記(私がSNSで書いてる仕事の愚痴など←ブログの
ほうがオフィシャルなので、あんまり仕事のことは具体的には書けないため))
読むと、仕事頑張ってるな~って思うよ。活躍してるんだね。
いつか作った本、読ませてね!」とお返事が来ました。

最近、仕事の急激な変化(異動とかはしてないんだけど)などで戸惑い気味で
それをモテさんにぶつけては「それくらい、おれはもっと若いころでもできてた」
的なことを言われ落ち込み2倍ドーン、みたいな感じのことが何度かあったり
した中で、この「作った本読ませてね」の直球さに、グッときました。


家でも担当した本とかこれから出す本の発行部数がどうしたこうした的な
リアルな話をしている私にとって「本読ませてね」という単純な応援が
どんなにうれしいか、彼は分からず、天然で私を喜ばせてくれたのです。

そういえば昔から、頭はいいけど天然で鈍感な一面もあったっけ。
(私も含め、彼を好きだけど気付いてもらえずとほほ、な思いをした女子は
他にもいた。今思うと、片思いでよかったと思う。この遠方から見守って
もらってる感、得難いんだもん)。

というわけで、人間、誰に励まされるか分からないな~と思ったのでした。
逆に私も、どこかで誰かの力にさりげなくなれていたら、嬉しいんだけど。
[PR]
by tohko_h | 2010-05-02 14:15 | drops of my days