不機嫌 IN THE TAXI

先日、docomoのCMがテレビでかかったとたん、モテさんにテレビ画面と顔を
交互に見比べられて「カエラみたいな髪型にしたかったの?」と言われて
イラっとしてしまいました。こんにちは。

さて、そんなライトなイライラはさておき。

この前、タクシーに乗った時のこと。乗り込んで運転手さんに「○○(自分の住んでる
街の名前)お願いします」と言ったら
「うん、○○行けばいいのね、わかったー」と、いきなりため口。
初めて私にかける言葉がため口。まだ発進してなかったら降りたかったくらい
イライラして、黙って乗っていました。

「今日は、蒸し暑かったね、すごく」とさらにため口でトークを続けようとする運転手さん。
私はシカトして、携帯電話でメールチェックに忙しいふり(で、ツイッターとか適当に
見てました)。

そうすると
「あらーケイタイで忙しいのね(なんかとがめたいの???)。ごめんごめん」
って、あんた私の友達? 

と、イライラ度数は最高潮に。

最後も、レシートくださいって最初に言っておいたのに忘れて「はい、おつり。どうもねー」
だし。

一度も敬語どころか、丁寧語すら使われなかったお客の私って…

これが、タクシー会社の車だったら、名前控えておいてすぐに電話してやろう!
(私はタクシーに乗ることが多く、多少いやだなって思ってもキリがないので
普段はそこまで思わないで降りたら忘れるほうなんだけど)というくらい
意気込んだんだけど、残念ながら個人タクシーでした。ちっ。
東武練馬駅前で車を拾う時は気をつけよう。

ただ、イライラしつつお風呂でひとりちょっと考えたんだけど…

その運転手さんが中高年の男性で、温厚なおじさんとかおじいさん、
みたいなタイプだったら、ため口きかれたらきかれたで、こっちも
「そうねー暑かったねー」と、おじさんの姪っ子風、みたいにカジュアルに
雑談した可能性も、若干、あったかも。

ただ、運転手さんは、50代(たぶん)の女性でした。

私は普段、女性運転手さんの運転する車に楽しく乗せてもらった経験
たくさんしてるし(大阪のおばちゃんキャラで「アメちゃん」くれたり、
それこそ天気の話したり)、一部心無い人が持つ「女性の運転手さんは
イヤだ」的偏見はゼロ。むしろ、セクシャルな心配が無いというメリットも
あるし(男性の運転手さんに「いやらしいこと言われたらどうしよう…」って
いちいち構えないけど、言われていやだったことはやっぱりあったし)、
リラックスしてることが多い。

しかし、年上の同性にため口通された、というのが、なんだかすごく
カンに触ったんだよね・・・

「もしかしたら、乗ったのが私じゃなくて男性客だったら、口のききかた
違うんじゃないの?」とさえ思ったほど。

やだなあ。これだと、昔「女の編集は信用できないので担当つけないで」と
言い放った某女性マンガ家(今はもう活躍してません)みたいじゃん、私が。
と、自己嫌悪も少し入り混じりつつ。
[PR]
by tohko_h | 2010-06-10 16:20 | drops of my days