男の料理。

先週末、26時(!)に編集部でちまちま残業してたら、携帯にメールが来て
モテ様から「明日はシチューだよ」とのこと。帰宅してバタンキュー(死語)して
目が覚めたら、台所がコトコト…忙しい時は性別を越えて思う「うう、嫁が欲しい!」
という願望が少しかなった気分です。…しかし実は私も今相当多忙っぽいけど
夫はさらに2割くらい忙しいのに…と言うと「ストレス解消にはこういうコトコトする
お料理がしたくなるんだよ」とのこと。気を使わせないように優しく言ってるのか、
ほんとうに「気分転換に肉でも煮こもうかな」と思ったのか…10年以上一緒に
暮らしているのに、そんなことすらまだ分からない私は本当にバカだと思う。
でもとりあえず美味しかったので、ありがとう、と言って食べた。
グラム90円の安い牛肉(肉のハナマサで買ったらしい)がとろとろに。
もう外でシチュー食えないだろう、と勝ち誇る彼。
…なんか餌付けされてる気分。大人なのに。嫁なのに。

時々、自他共に認める料理上手、みたいなタイプの人に「旦那さんの方が
多く台所に立つですって?」とちょっと呆れたように言われることもあるけど
私は、茶色っぽいおかず(和風の煮物)ばっかり作っちゃうので、ハイカラな
料理は任せてるんだーと図々しく言ってます。残念ながら「いるだけで
いいんだよ」みたいなありがたみがあるタイプでもないし、それで料理まで
夫に作らせてるというのは確かに見る人(特に私に好意がない人)が見れば
なんて図々しい女!って感じするんだろうな~。と客観的に理解して、
最近、あんまりそーゆーので傷つかなくなった。
a0079948_331197.jpg

[PR]
by tohko_h | 2011-01-24 11:41 | drops of my days