「麒麟の翼」東野圭吾

「麒麟の翼」東野圭吾
a0079948_2382283.jpg
阿部寛主演のドラマ「新参者」で一気に
全国メジャー級の有名刑事の仲間入りをした
加賀刑事シリーズ最新作が発売。発売日に
買って読みました。日本橋の欄干にもたれる
ようにして死んでいた中年の男性。ナイフで
刺され、財布とかばんを奪われていた…
単なる強盗殺人?それとも?という導入部
から、被害者家族、容疑者、そして警察内部
と、次々に切り替わる場面、小出しにされる
ヒント…そして驚愕のラスト…

文字通り息つく間もないノンストップエンタテイメント!

今回も「東野圭吾にハズレなし」(このごろ特に)という私の勝手な
信仰に近い愛読っぷりを裏切ることない…いえ、それ以上の傑作でした。
殺人事件が冒頭に起きて、加賀や松宮(加賀の親戚で捜査一課の刑事)の
捜査がきめ細かく続き、被害者や加害者や関係者の心情がちょこちょこと
挿入される、ひっじょーにシンプルで当たり前の描き方をしてるのに
これだけ面白いのが本当に凄い。変に凝った仕掛けとかないんですよ。
懲りすぎて物語がトリックや仕掛けに負けてるなんてことなく、ちゃんと
ストーリーのうねりがあるんですよね、最初から最後まで。
捜査も地道系(しらみつぶしで靴底すり減らす系の、所轄の中堅らしい
感じです。そこから糸口を見つけてすいっと次のポイントへ進む…)だし
動機や何からいろいろオーソドックスなところがまたいいんです!

途中、ある人物を加賀がさりげなく励ますシーンのセリフがよくて、
ちょっと、じわっときました。疲れてるのかな私。

その人が、軽口を叩いて(つらいけど強がってる風に、現実は厳しいのに
楽観的でいようとしている)「世の中を甘く見るなって感じですかね?」
みたいに自虐的に言ったのに対して、加賀がこう返します。

もし世の中を甘く見ているのなら、安心だ。どこにも光がないと
悲観しているほうが、余程心配です。

(ちょっとうろ覚えだけど)

こういう、過不足ない優しさが、加賀刑事の魅力です。

これが「相棒」の亀山刑事(熱血で優しくて情の厚いヒーロータイプ)
だったら「世の中は厳しいけど、でもあなたはやっていけます」と
直球で励ましてくれるだろうし(それも嬉しいけど)

同じ東野つながりでもガリレオこと湯川先生(科学的な目線で
物事をみるのが基本の理系男子)だったら「世の中の不幸の割合は
これくらいだから、運がよければ甘い目測どおりにやれることも
あるだろう」と淡々と言いそうだし(励ますつもりでも(笑))

それを「安心だ」とつるりと返す加賀さんの空気が、やるせない要素も
たくさん含んだこの小説を清清しく、清潔な感じにしています。

ひとことでいって、「あーおもしろかった」なのですが、もっと詳しい
あとがきや作品の魅力を知りたい方は、プロ書評家の杉江松恋さんの
レビューが素晴らしかったので(あらすじの紹介もかなり詳しいですし)
どうぞ⇒CLICK!!

定価1680円⇒実感価格2100円(125%の満足感!)

ちなみに、3月3日の「麒麟の翼」(講談社)に次いで、今年は、3の倍数でアホに…
ではなく(古)、東野さんの新刊ラッシュだそうです。

6月6日『真夏の方程式』(ガリレオシリーズ新刊)
9月9月『マスカレード・ホテル』(新キャラによる新シリーズ)

しかし、ドラマで阿部ちゃんが完璧に加賀刑事を自分のものにして演じきって
いたから、小説中で「加賀は目を見開いて…」みたいな描写があるたびに
ザ・阿部寛って感じの目力満載のアップが脳裏に浮かんできてしまったのには
びっくり。もしかして東野先生自体も、阿部ちゃんの加賀を気に入って
そのイメージを頭の片隅にちょっと置きつつ執筆されたのかも、と思ったりも。
そういうわけで、ドラマ「新参者」「赤い指」が気に入った人はこれを読んで
映像化だったらこの役は誰かしら?とか考えてみるのもまた楽しいかも。
[PR]
by tohko_h | 2011-03-04 03:08 | reading