しばらく、3月11日から振り返って行きたいと思います。

あの地震からはや数日が経ってしまいました。余震のしつこさに参りつつ
こっちは持ちこたえるので東北や北関東で不自由な思いをされている場所では
せめて1度でも気温が高くてちょっとでもゆれが少ないといいな、と偽善抜きで
日々、自分勝手な性格の私なのに自然に思っています。

こういう時期にブログで何を書けばいいの?
何を書いてはいけないの?
ブログ自体を書いていいの? 書かないほうがいいの?

考えれば考えるほど分からず、ほぼ毎日更新してた私のブログも、数日
放置していました。

普段は正直「ブログなんて一個人の記録。嫌なら読まなければいいだけの
他愛のないもの」という傲慢な「嫌なら読むな」スタンスでやってるけど、
ただでさえ多くの日本の人たちがいろいろな形で不愉快な思いや不便な日常を
強いられている時期なので、今は「なるべく嫌な思いを誰かに感じられたり
そのきっかけを自分が作るのは人として嫌だな」と思って。

で、結局、いつもどおり、私の日常をダラダラと比較的長めに書いてみる
ことにいたしました。ニュースでは買占めとか満員の電車とか、やはり
目に見えて普段と違う場面が映し出されているけど「一見普段どおりの
生活をしてるけどボタンが掛け違っちゃってるへんな感じ」を一個人の
視点で書いてみようと思います。もしかしたら自分のストレスとか
困惑を吐き出す独りよがりな更新かもしれませんが「東京の人はどんな
風に今暮らしているのかな?」といういちサンプルとして、ああ、こういう
風に生活してる人もいるのだな(ぬるそうだ!でも、意外と大変そうだ!
でもどう思われる可能性も多分あるけどそれは普段のブログもそうだしね)、
と、ご興味がある方はごらん下さい。

で、だらだら数日に渡って書いてるうちに実際の日付においついたら
そこからは、普段モード(といっても、仕事きつい、ひー、が今月いっぱい
は間違いなく続くと思うけど)なブログになる予定です。本も何冊か
読んだりはしてるのでぼちぼちね。

そして、この記録が少しでも早く「あの時は大変だったねー東京もそれなりに」
「放射線のあの単位なんだっけ? なんちゃらベルト」みたいなのんきな会話と
ともにお菓子でもぼりぼり食べながら日本のどこに住んでいても読めるところまで
(もちろん、こんなブログ読まなくていいんだけど、まあそんなくだらない
ものをダラダラ読めるくらい暇で平穏ってことです、たとえっていうか)
復興が進むことを心よりお祈り申し上げます。
[PR]
by tohko_h | 2011-03-16 01:18 | drops of my days