私ひとりだったら、こんな悩み知らずにすむのに。

夫と暮らすのは楽しい。
ふつうの夫婦より一緒にいられる時間が少ないし、お互い自分の友達と
遊びに行ったり自分の仕事でいっぱいいっぱいだったり、仲良し!とは
言いきれない部分もあるが、それでも、まあ、楽しい。
毎週1回くらいは「結婚してよかったなーこの人面白いな~」と思う。
幸せなはず。

が。
このごろ、つらいのだ。
彼が年を老いていくことが。

30代半ばを過ぎたころから、彼は変わった。
それまでは、可愛い動物プリントや水玉などの可愛いソックスを愛していた。
しかし気づくと、黒いソックス(メッシュ系ではないけど!)ばかり買って履く人に
なっていた。黒が8割5分で、あとは紺と茶色とその他がちょこんとあるだけ。
というわけで、ほとんど毎日黒い靴下を履く男になってしまった彼。

私の気持ちに気づかず彼は、脱いだ靴下を明るく洗濯かごに入れる。
無造作に。
我が家の洗たくは週に2度か3度。
私が忙しい時は1週間に1度ペースまで落ちてしまうこともある。
すると、少なくて3、4足、多くて7足もの黒ソックスを同時に洗たくすることになる。

ちなみに私は、割と小さなネット袋を使う派だ。
夫のソックスも、ソックスだけ集めて1袋。
バラバラになると、面倒だしね。しかし。
黒いソックスが大量におさまった洗たくネットを見て私は絶望する。
「ああ、どれも同じにしか見えない…」

今年の春に買ってもらった洗たく&乾燥を一気にできる賢いドラム式洗濯機の
中でまわる、靴下と、その他の洗濯物。

そして、乾燥まで終わったことを知らせるアラーム。

私はため息をついて乾燥した洗濯物を取りだす。
乾燥機を買ってもらっても、洗濯物を畳むという作業からは逃れられない。

ふわっと乾いた洗濯物を畳む。
黒っぽい例の洗たくネットはあまり見ずに。
…こうして、彼の靴下以外の洗濯物を畳み、おさめたら、覚悟するしかない。

ネットを開き、すべての黒い靴下を取りだす。
やっぱり、どれも同じに見える。
同じだったらどんなにいいだろう。
でも、同じに見えても、違う靴下たちなのだ。
やれやれ。←村上春樹も入ってきます。

そこで私はひとつ取り上げ、足首のゴムのところを見る。割と幅の広いゴムで
優雅な模様みたいにも見える。同じゴムを使ってるのはどれ? と、もう片方を
さがして、さがして、さがしまくるのだ。
ロミオにはジュリエット、貫一にはお宮がいるように、この靴下にもたったひとつの
相方がいるはずなのだから、見つけて一緒にしてあげないと。
ああ、この特徴あるゴム、間違いない。私は安堵してふたつを一緒にして畳む。
足首のゴムでくるりとまとめてひとつにする。
では次はこれ。ちょっと編み目が粗めかなー。これかな。でも、ちょっと色が違う。
ああ、これだ!と思ったとたんに、そっちの隣の方が似てる気もする。
もしかしたら、3こで1足だったんじゃないの?と思うほど似てるよ!

というわけで、洗たくのたびに、黒い靴下で神経衰弱をしているのです。

夫が、いろいろな色の靴下を履いてくれればいいのに、と、毎日、帰宅した彼の
足元を恨めしげに見ている私です。

何か楽になる方法はないかしら。
①洗たくネットをいっぱい買って、1足ごとに入れる
②今の靴下を全部捨てて、ユニクロで3000円出して、1ダース位
同じ黒い靴下を買う

これくらいしか、思い浮かばないのですが…。何かいいテがあったらこっそり教えて
下さい!

ちなみに私は毎日スカート派なので、タイツとストッキング専門。週に1度のボクシングの
ときくらいしかソックスって履かないので、ソックスの海に溺れることは、私ひとりだったら
ありえないのです・・・
[PR]
by tohko_h | 2011-12-07 18:21 | drops of my days