10月2日「徹子(と、徹弁護士)の部屋」①

国民的バラエティといわれている「笑っていいとも!」に関しては
まる1年レギュラー出演まで既に果たされている橋下先生。
しかし、真の一流著名人としては、やはりこの番組に出ておかないと!
というわけで、今まで出られてなかったのが不思議だった「徹子の部屋」に
今月2日、自分的には「やっと」ご出演された橋下先生。
そのトークは、本邦初公開ネタも多く、とても濃くて…実質CMカットすると
25分くらいなんだけど、すごいボリュームでした。フフフ…全部文字起こし
しましたとも。シャープペンシルの芯まる2本使い切るくらいありました(笑)。
長いトーク番組なので、適当に小見出しをつけて区切りつつ、一挙公開!

と、その前にファッションチェック。
白ジャケット。カラーは白であとはブルーの爽やかシャツで
ご登場の橋下先生。ボトムは黒のパンツで落ち着いてます。

徹子さん「かつては茶髪の弁護士として通ってらした…橋下徹
弁護士です。トオルどうし(徹と徹子)でございますね、今日は」
と、例の調子でばーっと一気にお話されます。そして名前ネタからトーク開始!

〇名前の話〇
徹子さん「ハシゲって読まれませんか?」
橋下先生「高校時代のあだ名はそうでしたね。本名はハシシタ
なんですけど、僕の名前がトオル、ですから、はしのしたとおる、
って感じでゴロが悪いんじゃないかってことで、戸籍上には
振り仮名って打ってませんから、住民票の登録の時に無理やり
ハシモト、にしたんです」
徹子「うちは、父が子どもに徹って名前つけようってしていて
女の子が生まれたからしょうがなく子をつけて徹子なんですよ。
徹って名前がよかったんですかね?」
橋下先生「もともとうちのおばあさんは「あきら」って名前に
したかったらしいんですけど、うちの母親が断固「徹」にした
そうなんです。なんで徹がいいかって聞いたら何も根拠がないと(笑)。
とりあえず、徹がいいってことだったんですけども」
徹子さん「そうなんですか? サインにも時間がかかるし、徹子って
アナウンサーにもとちられるし…私はリリーって名前がよかったわ(笑)」
橋下先生「僕も徹なんですけどね、学生時代ウチの妻と同棲してまして、
妻が「友達の家に泊まりに行く」っていうときに、ハシモトトオルっていう
名前をひっくり返して「モトハシテツコさんちに遊びに行く」って
親に言ってて、僕が徹子ちゃんってことになってたんです、彼女の家では。
それで妻も、2年3年と僕のところに泊まってたんです」
徹子さん「なんだか(そんな話を聞くと)お親しい感じがしますわね。
奥様が徹子ちゃんとこ泊まってたっておっしゃってて、あなたが徹子ちゃん
だったなんて」
先生「そうですね(笑)」
[PR]
by tohko_h | 2006-10-14 07:46 | HashimotoGovernment