ねだめカンタービレ

普段の寝不足、休日に補えません-。
休みの日に遅くまで寝ている人ほど、不眠や抑うつを訴える割合の
高いことが17日、働く人を対象とする内村直尚久留米大助教授
(精神神経学)の調査で分かった。平日の睡眠時間の短さは、
抑うつと強く関連していた。
同助教授は「時間が不規則だと熟睡感が得られない。
良い睡眠のためにはできるだけいつも同じ時間に起きることが重要」と
している。
調査は昨年12月、首都圏の35~59歳の勤労者約9000人を対象に
インターネットで実施、約6000人から有効回答を得た。
それによると、平均睡眠時間は平日6.1時間、休日7.3時間。
休日の起床時間が平日より2時間未満遅い人が不眠を自覚する割合は
25.9%なのに対し、2~3時間で29.4%、3時間以上で33.3%と、
平日との差が大きいほど不眠の人が多かった。
抑うつ経験も、2時間未満4.3%、2~3時間5.2%、3時間以上6.2%となった。 
3月17日 時事通信


平日は6時間、土日は10時間近く寝てますが、何か?
といいたくなるこの調査結果。
週末に惰眠をむさぼるのは、大人の特権のひとつだと思うのです。
好きなときに夜更かしして、好きなときにだらだらいぎたなく惰眠モード。
もちろん、それによって次の日がつらいとか肌が荒れるとか、
そういう責任を自分で取る覚悟さえすれば、たまには良いと思うのですが・・・

実際に、半日くらい寝ると肌がつるんとしてたり、目がパッチリしたり
たっぷり寝てリカバーした経験があるので、どうも納得がいかない。
[PR]
by tohko_h | 2007-03-17 22:35 | dreaming