「不運な女神」 唯川恵

a0079948_1230598.jpg
「不運な女神」 唯川恵
唯川恵の短編集。
表題作を筆頭に、幸せになることが
下手な「不運な」女性たちの心の
揺れや惑いが描かれている。
個人的にはいわゆるダメ男に
ハマって失敗、みたいな話は
読んでいてかったるいので
しんどい1冊でした(そういう意味で
西原理恵子とその元夫のあれこれも
彼の死によって色々美化されるのかな、とか思うとなんだかなー)。


「道連れの犬」駆け落ちした相手の男がうちに帰ってこない。会社にも行って
いないという。頼子は、彼を探すうちに、また新しい女のところへ?と思い…

「不運な女神」夫の死後も姑と、前妻の娘と暮らし、スナックで働いて
生計を立てている祐子。裕福なお客に口説かれ、新しい生活に
踏み出すチャンスを迎えるが…

「風の情景」からだの弱い義弟との死、生前の心の柔らかなふれあい。
そして、死後に明らかになる義弟の本当の気持ちとは…

「枇杷」夫は女を作り出て行ってしまった。残された妻のもとに届く
夫の親類からの枇杷。その送り主には、ある秘密があった。

「ドール・ハウス」男運の悪い女三代がそろって暮らすことになってしまった。
離婚した母と団塊の世代の娘と、出戻ってきたその娘。

「桜舞」マンションの隣の空き地にもっと大きなマンションが建ち、そこに
忘れられないあの男が越してくる? 反対住民運動にのめりこむしかない!

「帰省」東京で暮らすヒロイン。勤務先の上司との先の無い不倫、さえない日常。
ある日、田舎で一人暮らす母親の元に帰省して、その老いに直面する。

「彼方より遠く」小さな飲み屋で働く由紀江は、幼いころから何をしてものろい、
といわれていたが、そのペースが癒してくれるんだよ、とお客には人気が
あった。しかし、一緒に暮らす恋人は…

と、あらすじを書いていてもへこむような、行き場のない愛がひずんでいく
そんな話ばかりです。読んでいてイヤーな気持ちになったってことは
それだけチカラのある小説なんだと思う。昔はこぎれいな恋愛小説を
ちまちま書いていた、という印象の唯川さんだったけど、濃く、いやらしい
ものも「ベター・ハーフ」(ある夫婦の歴史を描いた愛憎劇)あたりから
どんどんうまさが加速している気がする(直木賞受賞作は自分的には
ビミョーですが)。

ちなみに、文庫本の解説が芸能人とか有名人なのって、内容が
薄くても稚拙でも、ミーハーな私としては、むしろ評論家の薀蓄系
解説よりいいな、と思うくらいなんだけど、この文庫の巻末の
山下久美子の解説が、自己中心的で(自分から見たその本の話、
ならいいけど、あくまでも本を小道具に自分語りに終始してる)
好感が持てなくて、初めて「タレントに適当に頼むな!」とか思っちゃった。
ちなみに、児玉清の書評や解説はあたりが多い!
[PR]
by tohko_h | 2007-03-22 23:23 | reading