やったね!な感じ(意地悪く)

何年か前に、上司に飲みに連れて行ってもらったカウンターだけの
小さなスナックが閉店するらしい。
そのとき、酔った上司が「コイツ(私)、バイトで雇ってやってよ」みたいな
飲み屋のお約束みたいなジョークを言った。
すると、カウンターの中のママさん(中年女性)、客のジョークに対して
真顔で
「男の人の趣味にかなうかなわないとかあるし、誰でもいいっていう
わけじゃありませんからね」と、笑いながら言われました(そんな、
万人の男の人に受けない、みたいなことを言われたら、そんなものを
もらっちゃったうちの夫が不憫だわ・・・(涙目))。
むしろねちっこい言い方で馬鹿にされるより「ウチの店のタイプじゃない」
とでも言われたほうが気分的にましだったかも。
ていうか、こんな場末の店頼まれても働きたくないもん!みたいに
酔いを忘れてむかついた記憶が…
(もちろんその場では「私なんて気も利かないし使えないですよねー」と
気を遣って言っといたけど…なぜこっちが気を遣わねば?)

なので、つぶれる、と噂話で聞いて、ちょっと心の中でガッツポーズ。

私はもともと、そういう飲食店の女性にあまり好かれないタイプ。
カワイゲが足りないのかなんなのか、大体、トゲのある対応をされる。
まあ、お金を出す同行の男性の機嫌をとれば、オマケみたいな
しょぼい女なんてどうでもいいってすごく割り切ってるのかもしれないけど…

と、こういうことを何年も覚えている自分は確かに、とっても粘着だし、
イヤな根性してるとは思います(自覚あり(笑))。
[PR]
by tohko_h | 2007-07-04 14:28 | drops of my days