今日でおしまい!

a0079948_16192953.jpg

会社近くの歯科通いフィニィッシュ!
これは、歯医者さんの近くの学士会館という
建物前の「日本野球発祥の地」の記念碑。

この地には, もと東京大学およびその前身の開成学校があった。
1872(明治5)年学制施行当初, 第一大学区第一番中学と呼ばれた
同校で アメリカ人教師ホーレス・ウィルソン氏 (1843~1927)が
学課の傍ら 生徒達に野球を教えた。 この野球は翌73年に
新校舎とともに 立派な運動場が整備されると, 本格的な試合が
できるまでに成長した。 これが「日本の野球の始まり」といわれている。
76年初夏に京浜在住のアメリカ人チームと国際試合をした記録も残っている。
 ウィルソン氏はアメリカ合衆国メイン州ゴーラム出身, 志願して
南北戦争に従軍した後, 71年9月にサンフランシスコで日本政府と契約し,
来日, 77年7月東京大学が発足した後に満期解約, 帰国した。
同氏が教えた野球は, 開成学校から 同校の予科だった
東京英語学校(後に大学予備門, 第一高等学校)その他の学校へ
伝わり, やがて全国的に広まっていった。
2003年, 同氏は野球伝来の功労者として野球殿堂入りした。
まさにこの地は「日本野球発祥の地」である。
2003年12月  (財)野球体育博物館


ちなみに歯医者に通ってた理由は、詰め物が突然落下したため。
しかも、回転寿司を食べていてマグロをかじったとたんに…
これが、キャラメルとかならわかるんだけど(不二家の
ノースキャロライナとか)、なぜやわらかいスシで…と謎に思いつつ
行きつけの歯医者さんに行ったところ、詰めものをした歯が
虫歯になって、詰め物との間にスキマが出来ていたから落下したとのこと。

というわけで、歯型とか歯のレントゲンを取り直して詰めなおし…
ここまでは先週終わっていたのですが、なぜか、「もう1度来てください」
とのこと。お恥ずかしい話、歯の磨き方がへたで、歯と歯茎の間が
ビミョーに磨けてないから、磨き方を習い、「ちゃんと磨けているか」
最終確認をしてもらうために行ってきたのです。歯の裏側まで鏡で
磨いた甲斐があって合格、あとは半年に1度の定期健診を受ければ
オッケーってことになりました。それにしても大人になって歯医者さんに
歯の磨き方を習うって…言い訳すると、だ液とか歯の質によって
歯垢ができやすい人と出来難い人がいるらしいんですよね、同じ風に
磨いても(リアルな単語羅列でごめんなさい、ビロウな話ですわね)。
それで、私の歯というのは、歯並び的にも結構乱れてるところは
乱れてるし、そういう条件からいっても、かなり真剣に磨かないと
ヤバいらしいのです・・・というわけで、歯を大切にしようと思うのでした。
歯医者さんって結構何度も通うと高いしね(苦笑)。
[PR]
by tohko_h | 2007-07-17 16:19 | drops of my days