「これから先は「ハイ」としか言ってはいけないよ」

私の愛するグルメ雑誌「おとなの週末」がカフェベローチェに
訴えられているそうです。この雑誌は、「dancyu」とか「食楽」などの
高級嗜好とは一味違う、庶民のグルメ特集に力を入れているので
私の懐具合からするととても頼りになる雑誌です。
この雑誌の人気企画のひとつに「有名チェーン店食べ比べランキング」
みたいなものがあります。たとえば牛丼だったら、吉野家とからんぷ亭とか
その他もろもろをライターさんが食べ歩いて、店の雰囲気、味、などなどを
チェックして採点して、ランキングを決めるのです。
この前は、コーヒーショップ特集だったらしく、そのランキングで
ビリと書かれた「ベローチェ」が「おと週」を訴えているそうなのですが・・・

ライターさんたちが食べ歩いてノリのよい文章を書いている時点で
「あーこの人たちの主観によるところが大きいのね」と思うわけで
この記事でビリになっただけで「ここは不味い」と思う人、いるのかね??
というのが正直なところ。

というか、たぶん私その記事読んだけど、ベローチェがビリなんて、
今回の訴訟の記事が出て初めて知りました。覚えて無いです、
いちいち下のほうの順位まで。夫と今朝テレビ見て話してたんだけど
これが部数何百万部も出ているジャ○プの漫画の中で、主人公が
「ちぇ、このベローチェのコーヒーってさ、泥水みたいな味が
しやがんの」とか言ったとかいうなら大問題になりえるけど、
部数だってまあ、すごく刷ってるわけじゃないんだろうし、
ベローチェの売り上げに響くものかな?(実際ひびいて訴訟、
とかならあれだけど)

まあ、こういう「メディア系訴訟」が起こったと聞くと「ここ、
コメンテーター弁護士としての橋下せんせいの見せ場と
なりえたのにーうーん少し寂しい」と少し未練なワタクシですが、
「おと週」を今回は応援したいかも。といっても、のどが
乾いていて自分の行動範囲にベローチェが入ったら普通に
コーヒーのみに行くと思いますけどね(むしろ、ホントにまずいのか?
みたいな野次馬でお客増えるんじゃないの??それ狙いの
訴訟だったらベローチェも頭いいなー。雑誌名を連呼される
「おとなの週末」もだけど、ただでCM状態でこれはこれで損は
しないかも、どっちも)。

というわけで、訴えられた「おと週」ですが、本日発売の最新号も
なんとなくゲットして通勤電車で読みました(なんかOLっていうより
サラリーマンのおやっさんだね、渋谷系じゃなくて新橋系の(笑))。
焼き鳥特集にガード下特集…山本益博が連載日記でミシュランの
星がついたお店に行ったけどイマイチだったと書いてたり(大物
評論家のこういう批評のほうが影響力という点では大きいような)、
1冊まるっと楽しみましたが、今回一番読みものとして
おもしろかったのは、ライターさんが、歌舞伎や能、氷川きよしの
コンサートや松ケンのショーや相撲、など「ディープなお客が
スゴそうだけど行ったことのないイベント」を体験したレポート。
能で眠くなったとか相撲の迫力がすごかったとか、いい意味で
シロート目線に徹しているのでホント面白い。先入観なしで
書いているのがいい感じ。

その中で、笑ったというか、マジ?と思ったのがマツケンこと
松平健の公演@新宿コマ劇場のレポート。暴れん坊将軍が
南の島のお姫様とちょっと悲恋みたいなドラマを演じるのが
第一部で、第二部は歌と踊りのショー(って宝塚歌劇と構成一緒?)。
そのショータイムで披露する歌の中に、新婚っぽい内容の
歌詞のラブソングがあるらしいんですよね。「君とハネムーン~♪」と
ねっとりと歌う松健にびっくりするライター。さらに間奏で
ムードたっぷりにささやくらしいんですよ。

「これから先は「ハイ」としか言ってはいけないよ」

やだよそんなハネムーン!っていうか、そういう湿度のあるエロって、
ある意味今の日本では貴重かもしれないけど(笑)。
このセリフが許されるのは舘ひろしだけだと思うんだよねー
日本人だと。ヒロミGOはそういう命令系ツンデレとも違うしさ!
と真面目にいろいろな人にこのセリフを当てはめてしまう私が
バカすぎて悲しい(笑)。

電車の中でその「松健ハネムーンソング」のくだりを読んで
朝から肩を震わせて笑いを堪えていました。

ぜひ、このライターさんにはジャニーズコンサート(開場前の
グッズ売り場から!)あたりも体験してみていただきたいです。

久々に、ナンシー関の「信仰の現場」(ナンシーがいろいろな
信仰=マニアなイベントに出没して書いたレポート。冷静な
筆致で熱狂する人々を描いた佳作です。似たようなことを
辛酸なめ子あたりもやってるけど、なめ子嬢は根がお嬢様なので
庶民目線ともまたちょっと少し違ってる気がするのよね)を
読み直したくなりました。
[PR]
by tohko_h | 2008-02-15 13:47 | drops of my days