報ステキャスターVSお色気歌手

倖田騒動が長期化すればするほど、倖田さんを批判しているほうが
エスカレートしてきてだんだん「どっちもどっち」に見えてくるのが
なんだかなーと思う今日このごろ(倖田さんが嫌いだからこそ、
集中して批判が集まって失脚、とさっくり終わって欲しいのですよ。
長引くと、だんだん同情票も増えそうだしね)です。

が、一昨日の古舘キャスター@報ステの「アダルトチルドレン発言」
(見て無いけど、昨日の謝罪は見た。18歳以上を成人とするか、という
ニュースで「大人になりきれてない人」みたいな間違った意味で
「アダルトチルドレン」と言ったらしい)のほうが、失言としては
深刻だと思うんですが、あんまり騒ぎになって無いですね。

もともと頭の悪そうな女性歌手がいかにも言いそうな失言と
番組を取りしきるキャスターが意味の分からない言葉を言った、
というミス。後者のほうが問題大きいと思うんですよね。

倖田さんのオールナイトニッポンで日本の出産事情に影響なんて
あってたまるか、と思うけど、報ステの場合、社会的影響力、
それなりにあるだろうし、場合によっては。

古舘を叩いて倖田をかばうつもりはないんだけど、世間の怒りの
度合いっていうのがなー。

まあ、女性一般に関係がある「羊水」に対して、アダルトチルドレン、
というごく限られた人間にからむ言葉なので世間のリアクション、薄い?

とちょっと思いましたです。

アダルトチルドレンというのは、機能不全な家庭(つまり
いろんな意味で子供が安心して成長することができない家庭)で
育ったために幼少の頃から心にいろいろおってしまったまま
大人になったために、ある種の偏りみたいなものがあって、
生きづらさを感じている状態にある人のことをさす言葉です。
もともとはアルコール依存症の親に苦しむ子供のことを
言い出したのが広い意味で使われるようになった、と
古舘さんが昨日改めて言ってました。

ちなみにそれ関連で。最近実家に帰ったときに、私を母が
出産したときの話でちょっと盛り上がっていたときに、父が
「病院に電話したら、生まれたのが女だって聞いたから、興味が
無くなってそのまま飲みに行っちゃったよ。娘で残念だった」と
笑顔ではっきり言うのです。うーん、30過ぎてもこれは堪える。
もともと仲良しとはちょっと遠いめんどくさい父娘なのですが、
なるほどーそっかー、生まれたときから不満だったのかー
だからビミョーな可愛くない男っぽい名前つけられちゃったのかー
(なにげに重い話になってしまった)。こういうのが、本当の
失言というか取り返しのつかない言葉というやつですね(苦笑)。
時代が時代だったら、オスカル様みたいな育てられ方を
されちゃってたかも!?←私の運動神経(体育の最高点で3)で
それはかなり悲惨な人生だったかと。現代に生まれてホント
よかったよかった。

実際に自分の実生活に関係ない、しかもファンでもない
有名人が何を悪く言おうと、ダイレクトに傷つく必要、
無いと思うのです。人生は意外と大変なので、本当に痛いときって
あるんだから、自分にとって重要だったりする相手以外の
言葉なんて、ただの言葉であってそれ以上じゃない、と
思ったほうがいいと思う、自戒も込めて(私も最近までは
ひとの一言で1ヶ月落ち込む体質でしたが、ブログでいろいろ
鍛えてもらったせいもあって耐性ついてきた!?)。
[PR]
by tohko_h | 2008-02-15 17:05 | drops of my days