せんとくんの弟!?

a0079948_2193195.jpg

奈良県で平成22年に開かれる「平城遷都1300年祭」のマスコットとして、
市民団体が公募していた“民間キャラクター”に2日、
ずんどうのシカがマントを羽織った「まんとくん」が選ばれた。
一部に不評だった主催協会の公式キャラ「せんとくん」に対抗し、
デザイナーなどでつくる「クリエイターズ会議・大和」が619点の応募から
独自に選んだ。

まんとくんがかぶるのは平城宮の朱雀(すざく)門をデザインした帽子。
マントには四季折々の模様があしらわれる予定だ。名前には、
「万人の知恵」「万葉人」などの意味が込められているという。

同会議は「商店街のシャッターに描いてもらうなどして遷都祭を
盛り上げたい」とする一方、「関係者だけで決めた公式キャラと違い、
みんなの気持ちがこもっている」と胸を張っている。

応募を30点に絞り込み、ホームページと街頭で人気投票。
埼玉県のデザイナーの作品が、5万3000票のうち5000票余りを集め
トップとなった。(産経ニュースより)


クリエイターズ会議の人のコメントが少し嫌味っぽいような気も
しないでもないのですが・・・結局、芸術家が作った癖のあるものVS
デザイナーが作ったとっつきやすいもの、という対立なのかな。
ただ、これはちゃんと可愛いし、せんとくんと並ぶと絵的に面白いので、
ソロ活動とは言わずに、漫才でもやらせればどうでしょう?
「平城せんとまんと」って、もう、名前からしてそれっぽいし。
[PR]
by tohko_h | 2008-06-02 21:13 | NEWS