駅の傍で蕎麦を喰らふ。

ぱっとしなかった土日のお天気。普段はケチって使わない
乾燥室(お風呂場のスイッチを切り替えるだけのシロモノ)を
使わざるをえなかった今週末…いやね、梅雨って。
勤労女性の敵だわ、ぷんすか。
なんて、本当に豪雨で大変なことになっている地域からみたら
ちょっと雨続きでむくれてるんじゃないよって程度なのはわかって
いるのですが…

たぶん、私は、フツーの人より梅雨に対する耐性が低いんです。
だってだって、10歳から18歳まで、梅雨の無い町で育っちゃったから
仕方ないのです。札幌といえば、ちょっとドライであっけらかんとして
日本ぽくない感覚の女子が多い、とか思われがちですが、もしかしたら
梅雨を迎えないまま夏に突入する、という気候と関係あるかもしれません。
しっとり感よりくっきり感が魅力の女子が多かった気がします、確かに(私は
ウエットなネンチャック体質だけど(笑))。

なんて冴えないウィークエンドでしたが、冴えた女子を目指すべく
いつものヘアサロンに行って来ました。今回は、ヘア友の友人と
スケジュールが合わず、私の髪の跳ねっぷりと、プリン頭の
カラメル部分がかなり広くなり、黒い皿をかぶったカッパになりかねない
ところまでいってたので、慌ててひとりで駆け込んだ次第です。
下北沢にあるサロンに行くには、我が家からはバスor電車で
新宿に出て、そこから小田急線という感じです。で、普段だったら
早めにでて、下北沢でランチしてから午後イチでサロン入り、なのですが、
今日はひとりだし、かねてから行ってみたかったこちらへ…
(※参考にしたのは、kimcafeさんちの記事で~す)

というわけで、永坂更級新宿地下鉄ビル店です!
西口にあるメトロ食堂街にある立ち食い蕎麦なんだけど、麻布十番の名店の
立ち食いバージョンなので、お値段もなかなか。
a0079948_22104645.jpg


こちらが、いちばん人気っぽかったので頼んでみた肉天そば。
ぶつ切りになってる豚肉とネギのかきあげ、というジャンキーな具材を
しっかりと蕎麦の香りがまだ残ってる蕎麦が受け止めてくれます。
680円…立って通路みたいなお店で食べるせわしなさを考えると
高いと思うけど、費用対味、という意味では良心的ともいえましょう。
a0079948_2211386.jpg


その後、下北沢へ。
普通、ヘアサロンに行くのは「髪を切る」ためかと思われますが、
私の場合は「髪を削ぐ」のが目的です。今、伸ばしてるので、長さは
いじらず、多い髪の毛のボリュームをしっかり削ぐ作業をしてもらいます。
なので、カットが終わると、長さは変わって無いのに床には大量の毛が…
セミロングの子がボブにした程度の量は、削いでる感じ(笑)。

おしゃれなサロンなので外国っぽいファッション雑誌の日本版(つまり
ELLEとかハーパスバザーとかなんかそのへん←編集者なのに
テキトーすぎる表記…)を読ませてもらえるんだけど、ついつい
駅の売店で買ってしまった「モーニング2」の「聖おにいさん」を読んで
しまう。ちょうど、ブッダとイエスが散髪する話だったので嬉しかった(笑)。
ブッダの散髪って? と気になった方は、書店へGO(でも単行本派の
人はガマンガマンですね←ガマンできずに前号から雑誌も読んでる私…)

新しく入ってきた若い男子(シャンプーとか、カラーリングのサポートをする人)が
背が高くて細いけど筋肉質…ひょろっとした人が多いサロンの中では
異色で目立つなーと見てたら…シャンプーとマッサージが気持ち良すぎ!
前回までの細身男子のソフトなマッサージやシャンプーも癒されましたが
ガリガリと刺激を与えつつシャンプー、そして、クビ→肩→背中、と
ゴリゴリほぐしていく力強いマッサージ…ヨダレが出そうに気持ちよくて
「超気持ちいい~」と思わず北島君化するレーザーレーサーもびっくりの
パワーアップ。またサロンに行く楽しみが1つ増えました。

というわけで、本人的にはさっぱりした気分で下北沢を少し散策して
(古着屋でスカートを1枚買いました。派手なチェックの「女子ゴルフ
ですか?」みたいなプリーツスカート。黒とか白のシンプルシャツに
あわせて、下はレギンス履く予定)雨が降る前に無事に帰宅と
あいなりました。

しかし、私の髪を見た旦那氏の第1声。

「カットやめたの?」

「いや、伸ばしてるから…これでも結構切ったのよ(っていうか
減らしたのよ、膨大な髪を)」

「てっきり、ルカ(某ドラマの上野樹里嬢)みたいにすっきりして来ると
思ったのに…つまんない」

いや、あの髪型は無理だから・・・(上野さんは、目鼻立ちは割と
こぢんまりと普通っぽいけど、骨格が美人なのよね)。
[PR]
by tohko_h | 2008-06-23 21:38 | drops of my days