夏の秘密兵器と新ドラマ

a0079948_829237.jpg

最近お気に入りの「えだまめくん」。
100円均一で近くのスーパーで入手。旦那氏は「お前、一人暮らしじゃ
ないんだからこんな器買うな。それともおれは無視か」と、たかが
100円の器で結構ネチネチからんできましたが大好きです、これ(笑)。
冷凍枝豆もこれにちまっと盛りつければいい気分。カラのほうは
もちろん豆のさやを捨てる用のスペースですが、冷奴とか適当に
乗っけてお通し風にしたりもしています。

さて、そんな感じで夏本番な猛暑をひーひー過ごしておりますが、
夏の夜のお供のドラマ・・・8月2日にはじまる堂本剛君のドラマ以外は
一通り出そろったようなので(あと、菊川さんの「打撃天使ルリ」と
「恋空」もまだ始まってないのかな)、見る見ない、感想などを一通り。

○日曜日○
「Tomorrow」 
働きマン、ですっかり菅野さんが苦手になったので
最初から見る気がせずスルー。かといって行列も見てなくて、
結構テレビ朝日の洋画劇場を見たりしてる。あるいはネット。

○月曜日○
「あんどーなつ」
貫地谷しほりってNHKで主演ってのは抵抗なかったけど
民放ドラマでヒロインがなぜ連投できるか個人的に謎。
夏場に、一生懸命な貫地谷さんって暑苦しいような。

「太陽と海の教室」
織田裕二主演の久々の月9で学園もの、ということで初回の
90分スペシャルを昨日視聴。・・・やだこれ。織田さんの
愛ある演説(生徒への説教というか)の内容が、先週までの
木村総理のスピーチ以上に説得力がなくて面白くない。
生徒役の役者を一人も知らないあたり、私がすでに青春ドラマの
ターゲットじゃないってことね、くすん。家にいれば見るかも。

○火曜日○
「シバトラ」
小池徹平に萌えたことがないので見なかった。

「学校じゃ教えられない!」
深田恭子主演のおバカ系学園エロありのコメディ。毎度おさわがせします!
で育った(?)世代としてはノリはわかるんだけど・・・生徒役が地味なので
ちょっと食いつき切れない。何をやってもフカキョン、が好きな人には
いいんじゃないでしょうか、こういうのも。

「モンスターペアレント」
米倉涼子が高飛車なエリート弁護士なのにひょんなことから、
学校の困った親を説得する仕事をすることに。という設定がなんか
絵空ごとっぽい。おかしな親役、木村佳乃は見ててムカつくほど
ハマってた。ナンノの回は、裏の大泉洋のドラマ見てて見逃した。
MEGUMIと東幹久の「給食費を払わない馬鹿親」はすごくはまってた。
家にいたらつけておいてる。

○水曜日○
「ゴンゾウ」
内野さんの無駄遣い感が・・・面白くなりそうな刑事ものなんだけど
なんかが足りない。大塚寧々、アラフォーのときは衣装を見る楽しみが
あったけど、今回はなんか個性の強い女性役なのでそういう風な
楽しみは無いなー。「薔薇のない花屋」のビデオの中の女の子役の
本仮屋ユイカちゃんの婦警は悪くないかも。

「正義の味方」
原作の漫画が好きじゃないので・・・(聖千秋ものなら、ほかに映像化
してほしいのは別にあるような。聖先生のまんがは好きなんだけど、割と)

○木曜日○
「四つの嘘」
今回の個人的真打ちはこれ! 永作さんのエッチなシーンとか
ねっとりした意地悪女ぶりもよいですが、所帯じみてて野次馬根性が
すごくて、悪い意味で「おばさん」な感じを出番中ずっとふりまき続けてる
寺島しのぶの演技がクセになってます(笑)。高島礼子のキャラが
これからもっと立ってくると、ますます面白いと思う。原作本で書かれてる
部分はドラマの最初の4話くらいで処理しちゃうらしいので、あとは
オリジナルの展開に? 楽しみ。

「コードブルー」
山ぴーのヘリドクター役、役年齢が29歳らしい。ちょっと無理が
あるような。ベタな、新人がもまれちゃうパターンだったら面白かった
かもしれないけど。ガッキーと戸田ちゃんは、髪の長い清楚で
ひょろっとした子、ということで印象がかぶるので同時に同じドラマ
というのはお互い損してる印象。第一話の頭30分で脱落。

○金曜日○
「魔王」
嵐のリーダー大野くんとジュニアいちのベテランになってしまった
生田くん、という、実力派のにおいがする組み合わせでサスペンス、と
期待をしたけれど、演出がプロモーションビデオがかっていて
(映像はこってるけどテンポがかったるい。ふたりの顔を見るのが
好きなファン以外は早送りしたくなるくらいのろい部分も)微妙。
つづけてみてはいるけれど、そんなにつづきが気になってはいない。

「ロト6あてた男」
これは見てません。嫌いな人が出てるわけでもないけど興味がなくて、
ふつーに。

○土曜日○
「ヤスコとケンジ」
広末を見るか、多部末華子でパスするか悩んだけど見ることに(笑)。
「ごくせん」みたいに現役ヤンキーものとちがい、元ヤンで
今は少女マンガ家(妹を育てるために)の松岡くんの役柄と
同じく元レディースの総長で今は猫をかぶって美人な花屋さんに
なりきってる広末さんが、スイッチ入って暴れる、という設定は
くだらないけど面白い。肩の力を抜いて見られる土曜日の夜の枠に
ちょうどいい感じ。でも、多部ちゃんやっぱり好きになれない。
兄とけんかするシーンで怒鳴る声さえ鬱陶しいし、妄想シーンは
山田太郎ものがたり、のとき同様「かわいい子じゃないと許されない
でしょーそれ」って感じで拒絶反応が。
もっと美少女の妹なら兄さんが過保護になるのもいいけど、ケンジ、
ほっとけ、と思う。でも人情物のパターンをうまく取り入れたシナリオも
なかなかいい感じ。

ちなみにドラマとは関係ないけど、先日、テレビ朝日の、ゴルフ中継を
盛り上げるための特別番組で、ハニカミ王子と木村拓哉を対談させる、
というのをやってたのをたまたま見ました。
ハニカミ君が木村くんにゴルフを教えるコーナーも。
ハニカミくんがひとことアドバイスをしたとたんに木村くんのショットが
よくなったところを見て、プロってすごいなーと思いました。そんな
意外とオトナでさすがな部分もあるハニカミくん(やはりはにかんで
なかった、あまり(笑))に対して、ゴルフのグラブを剣道の刀に
例えたり、どんなにアウェイな話題でも自分の世界に引っ張っていく
木村さんのらしさに笑った(しかし、彼が石川君にインタビューして
たんですが、質問の内容が難解だったり、たとえ話が長すぎて
着地してなかったり、答えるほうは大変だったろうなーと(笑))。
[PR]
by tohko_h | 2008-07-22 14:36 | drops of my days