暑中お見舞い申し上げます

a0079948_0441980.jpg

彦根市本町2丁目の夢京橋キャッスルロード・宗安寺前歩道で、
地元商店街の店主と店員らが浴衣姿で一斉に打ち水をする
「小江戸彦根の打ち水大作戦」を始めた。二十四節気のひとつで、
暑さが一段落するとされる処暑(8月23日)まで毎日続けるという。

8月3日に開く「彦根ゆかたまつり」に向け、浴衣の似合う街を
演出するとともに、打ち水で涼をとりながら地球温暖化について
考えようという試み。打ち水には井戸水や風呂の残り湯を使う。

初日の22日には、浴衣姿の子どもらやひこにゃんも参加し、
江戸時代の知恵を生かしたエコ生活をアピールした。(朝日新聞)


ひこにゃんの手つきが可愛い。
エコな涼み方にチャレンジしてる、エコにゃん。
[PR]
by tohko_h | 2008-07-27 00:46 | greeting