夏の終わりに。

たまに食べたくなるカップ麺、
自分的第1位はカップヌードル普通味(赤いやつ)。
第2位はどん兵衛。しかし、あのおあげは大きすぎる。
というわけで、こんなの見かけて買ってみた。
小さいけど安物のすき焼きのカス、みたいな甘い肉片が入ってて
なかなかおいしい。
a0079948_19473865.jpg


ところで、今月のこのブログの検索ワードの7位が現在
「西の魔女が死んだ」「感想文」となっております。

もしかして、小中学生あたりが、夏休みの宿題のネタに困って
読書感想文のパクりネタを求めて来てるんだろうか(笑)。
1本500円で書いてーって言われたらいくらでもバイトしますがな(悪人)。

個人的に、読書感想文は、あまり好きじゃない本のほうが書きやすい
気がします。「理屈じゃなくて大好きだー」って心酔しちゃうと、
ビシっとした先生受けのいい(つまり実際は面白くもなんともない(笑))
作文の形にするのはとても骨が折れるもの。あと、楽して薄い本を
選ぶというのも定番ですが、ある一定の長さがある話のほうが
突っ込みどころがあるから、枚数は稼げる(笑)。

個人的には、アレ(=読書感想文)が無ければ、もっと本好きな子供や
若者は増えると思うんだけど…だって、遠足とか運動会だって、
後日「感想を書きましょう」って国語の授業で作文のネタにしろと
言われると、楽しかった気分が萎えてしまったりってなかったですか??

読んだあとに罰ゲームのように作文を強いられること前提で
読書を義務感でするのって、本好きにも苦痛なんだから、そうじゃ
無い人は一瞬で読書ってかったるいってなっちゃいそう。
まあ、課題図書の版元にとっては、稼ぎ時なんでしょうけどね
(あれっていつどこで誰が決めてるの?? 文部科学省??)。
[PR]
by tohko_h | 2008-08-17 20:03 | drops of my days