私を殴ったふたつの言葉

最近、人っていやだなーと思ったことふたつ。

その1)
電車に乗っていた。席が空いたので座った。すると、その席を
狙ってたらしい中年男性が
「嫌な女だねー。てめえの汚いケツ、シートに乗せるなよ」と言ってきた。
これが、いかにも、からんできそうな…その、あまり知的でなくて
清潔感のなさそうな「触るな危険」系の人だったら「わ、運が悪いわ」で
すむんだけど、綺麗に白髪を整えた紳士っぽい人が、初対面の私の
ことを「てめえ」、その尻を「ケツ」と言って憎しみをぶつけてきたのが
怖かった…なんか「嫌なおんなだねえ」っていう言い方からいって、
下町系の江戸っ子言葉だったのかな? 歯切れがいいので周囲にも
よーく聞こえていたはず。

その2)
昨日、近所のスーパーにいき、レジで会計を済ませて、
ビニールに買ったものを詰める台にかごを置いたとたん、
隣のおばあさんのかごと軽くぶつかった。
「あ、すみません」とあわてて謝罪したら、おばあさん
「いいのよー」それから、私の顔に顔を近づけてきて
(私は知らない人に近づかれるのが生理的に苦手だが
まあ、がやがやしたスーパーだし老人相手だしあまりこの
ときは気にならなかった)
「あたしのほうが今悪いことしてるからね」とにやりと笑った。
え?と思いつつおばあさんの手元を見ると、荷物つめ台に
設置してあるロール状のビニール袋を何メートルも
引っ張り出している。つまり
「あんたにかごをぶつけられたのはなんでもないんだよ。
あたしはビニール袋を余分に持って帰ろうとしてるんだからさ」と
言いたかったらしい。正直、吐き気がした。
確かにスーパーのレジ出たところにセットしてある
ビニールとかダンボールって、お客へのサービスなんだろうけど…
必要以上に、ニヤニヤと見知らぬ私に悪いことしてるからね」と
嬉しげに語りかけてくるその老婆が、やはりなんか気持ち悪かった。
一瞬、羅生門の下人の心理が分かっちゃう?という危険な気分に…
違うか(苦笑)。

「羅生門」 芥川龍之介
[PR]
by tohko_h | 2008-11-25 00:18 | drops of my days