自分の何もかもを信じられないウィーク

失恋を上手に慰めてくれた異性を次にそのまま好きになっちゃう確率と
(@ラブストーリー)


雪山の山荘とかの密室で殺人事件がおきて「この中に犯人がいるんだろ?
オレは皆といるなんて堪えられないよ!」とひとりで部屋にこもった人が
次の犠牲者になっちゃう確率と(@ミステリー)

「この大きなヤマが終わったら、オレ、かたぎになるから、お前と店やって
腹の中の子供のためにもちゃんとするよ」というヤクザは大体抗争で
命を落としちゃう確率(@任侠モノ)

このへんって、結構いい勝負だと思う。

ちなみに。
私は恋愛モノのパターンでいうところの「失恋→励まし→新しい恋」という
のはあまり好みじゃありませんでした。
心が弱っているところにつけこんで、魅力のない人がうまくコトを運んで
普段の実力じゃ無理な相手に手出してずるーい、姑息じゃないそれ、とか。
なので、学生時代は、好きな人が傷心モードのときは、かえって距離を
置いたり(近くにいるとやはり期待しちゃうし、自分も)、相手が心身ともに
フルパワーのときにがんばろう、と一時停止したりしてました(そのうちに
新しい彼女ができちゃったりするんだけど)。
しかし、「生まれて初めて失恋で泣けた」らしい旦那氏に「〇〇さんを
振るなんてもったいないです!」と若者らしい力説を私がして、今に至ってるので
このパターン、今も好きじゃないけど、全否定する資格はなくなりました(苦笑)。

いやね、最近心が弱ってるもので(自分のが)、自分の傍にいる人たちが
皆自分のことを好きじゃなくて離れていくんじゃないか的感覚に陥って
周囲の人たちとの出会いとかを思い出して色々考えちゃうんですよ。
さほど暇じゃないときに限ってなんだかな、って感じ。最近ブログの
文章も我ながらどんよりしてるしね(反省中)、全体的に。
そういう、ある程度周期的にというか定期的にというか、たまに来る
落ち込み期のときって、物欲が普段の半分くらいになってるので
生活するうえではいいんだろうけど(笑)。

というわけで、これじゃいかん!と、トイレとお風呂を掃除してみた。
ちょっとすっきりした。

そして、西武デパートで、イベリコ豚のしゃぶしゃぶ肉とソーセージを
まとめ買い。
またすっきりした。

意外と、日常レベルのあれこれに慰められてくものかもしれない。
[PR]
by tohko_h | 2008-11-27 04:32 | drops of my days