キャラメルはじめて物語

先日、旦那氏が札幌から帰ってきた。
2泊3日の出張&グルメの旅。忙しくも濃い日々だったようで
羨ましい。しかし
「生モノはちょっとピンと来なくてやめた」ってことで、カニも
シャケもなかった、お土産。イクラも「3日間で4回は食べて
飽きた」って…買ってきてくれなかったの。

しかし、彼は「そんなことより、見ろよ」と、大きな袋を。
そこには、売り切れ必至で有名な「花畑農場の生キャラメル」が
普通味5つ、チョコ味2つ、と、7パック入っていました。
(食べたことのない人気のお菓子を買ってきたオレすごいだろう!)
という、キムタク成分95%の得意顔でね!

が…実は私、先週、仕事関係者からいただいて、「初花畑体験」
既にしていたのです。甘くてやわらかくて溶ける…どちらかというと
バニラアイスとあわせたいような味。おいしかった。
確かにこれはみな並んででも買うな、と思いました。
しかし、差し出す彼の表情を見たら「おいしいよね、これ。
先週もらって食べたけど」とは言えません。

そこで、通販番組のおねーさんのように

「えっ? こ、こんなにたくさん、買えるんですか??」と大げさに
驚いて見せました。すると、疲れていた彼の顔がゆるむゆるむ(笑)。

そこで更に1個食べて、日本中の男子が好きだと思われる
あのセリフを言ってみたわけです。
「すごい! こんなの初めて!」
エロに限らず、男子と言うのはなぜか初物好きの習性があるので
有効だ、と、モテる女友達が以前言ってました。
また、ユーミンも「男は最初の男になりたがり、女は最後の
女でいたいと願う」みたいな歌を昔歌っていたっけ。

ということで「はじめて花畑農場のキャラメルを食べさせてもらった
喜び」をアピールすべく、がんばりました(笑)。

「こんなにたくさんどうして買えたの?」
「並ぶの大変だったでしょう?」
「食べられるなんて想像もしてなかったからホント嬉しいよ~
大事に食べるね!」

などと、褒め倒しました。
正直、普段、頭いいねとかカッコいいねとか褒めると「気持ち悪い」と
困り顔をするのですが、こういうのはいくら言われてもうれしいようで
並んだときの話とかを身振り手振りでご機嫌でする彼…
それをありがたがって聞きつつ、そういうことが彼に対してできるのは
それは…もう、気を惹かなくていい相手だからだ、ということに
私は気付いていました。

モテる女子や、男あしらいがうまい女の子だったら、自分がある程度
好意を持っている相手、あるいは、嫌いじゃない相手にたいしてだったら
「こんなの初めて!」がいくらでもいえるかもしれません。

しかし、私は、相手が夫とか決まった彼氏じゃなかったら、こんな
「はじめてのふり」絶対できない。なぜかというと、自分が好かれたい、
という気持ちとセットだと、なんかずるい気がするので。
「こんなおいしいパスタ食べるの初めて」
「こんな綺麗な湖、見るの初めて」
などなど、口先で嘘の初めて、を重ねるのは簡単です。
が、しかし。
もしそれで、相手の男性が「おお、この女にいろいろい教えて
あげたいな」と盛りあがって私を気に入ってくれたとしたら、なんか
私の本質とそれって関係ないもんなーって思って。
自分の魅力に自信ゼロのくせに、そういうかわいげの偽装もできない、
ほんとに間抜けな青春時代でした。

10年程前、すごく賢くて素敵な女友達と、その旦那さんとごはんを
食べたときに。彼が「女の子は物知りすぎないで抜けがあったほうが
好きなんだなーって彼女といると思うよ」とのろけておりました。
うなずきつつも、私は、
この男性、自分の彼女がどれだけ賢くて面白いか知らないんだ、
もったいなーい、と内心思ってました。同時に、友人は、彼が
こんなに喜んでる間は、オトボケ風にしたり、自分の賢さを
隠すようにしてるのかなーと思うとそれも複雑な感じがしたものです。

でも、結婚して暮らす、とか、長い年月を同じ相手と過ごす、
となると、そういう「はじめてごっこ」というのも
マンネリ打破のためのプレイだったり(変な意味じゃなくて)、
たまにはいいのかも。というわけで、今回、試してみたわけです。
結果は…どうなんでしょう??(笑)
[PR]
by tohko_h | 2008-12-01 17:18 | drops of my days