やおよろずの神に感謝すべきかこの偶然。

実はこのブログ、昨日のアクセス数がちょうど801!
(最近、多いんですなんだか)

やおい・・・(笑)。

ちなみに昨日は家で仕事をしていたのですが(本来、家訓としては禁止
なのですが、おたがい結構破ってる・・・)、学生時代から、テレビか
音楽がないと頭脳労働ができないので、テレビをつけていました。

大好きな石田ゆり子主演ということで、午後に再放送枠でやってた
2時間サスペンス「在原業平殺人事件」を録画しておいたのでそれを
かけつつデスクワーク・・・私、2時間ドラマの人気の秘密がわかったよ!
ほかのことをやりながら見るのに邪魔にならない。
説明的なセリフが多いのでラジオみたいに流しておいても話の進行が
とてもわかりやすいから。
これは、忙しい主婦とかが「べったり座ってドラマなんて見てられないわよ!」
という需要(うちの母とかがよく言う)に誠実に応えてるなあ、と感心しました。

フリーライターのゆり子が「京都で在原業平の取材をしてこい」と言われ、
京都の大学で文学研究をしているイトコを頼りに京都に赴いたところから
話が始まるのですが…

文章を書くお仕事の「ライター」って、どう発音しますか??>みなさん

私は、実際に、カメラマンさんやライターさんのいるような現場で仕事を
したこともあるけど、皆「ライター」って、平坦なアクセントで発音してました。
「スノボー」とかみたいに。
が、このドラマの中の皆さんは、全員、「マスター」とか「サッカー」というのと
同じアクセントで「ライター」というセリフを言うんですよねー。「ラ」が強くて
高いの。これだと、自分の感覚で言うと、煙草に火をつける「ライター」って
感じがしてちょっと違和感がありました。

そんなライターのゆり子が、京都に行き、イトコの研究室を訪ねると・・・
「おー明子ちゃん(ゆり子)、きれいになって」と現れたイトコは、「相棒」の
伊丹役の俳優さんでした! 役の上とはいえゆり子(ヒロイン)のイトコなんて
大役じゃん!とちょっとわくわくして見てたら・・・第一の被害者となりました(涙目)。
毒を飲まされて床をのたうちまわって即死・・・次のカットでは大量のパトカーや
鑑識さんが現場をあわただしくいきかってました。事件が起こったときにはもう
伊丹がいない・・・というのがなんかプチ混乱(笑)。更に、ゆり子の憧れの先輩役が
変な車のCMで印象がついちゃった伊原さん・・・(笑)。山村紅葉も出てました。
連続ドラマが不作の予感なので、2時間ドラマに走るか、あるいは
渡鬼にいくか・・・(それは無理)。


今月って、何気に、連休が入ったりでなんか仕事の段取りがめちゃくちゃ
面倒な月ですよねー・・・今日も残業頑張ります(明日は特大の人参が
ぶらさがってますからね、ふふふ)。
[PR]
by tohko_h | 2009-01-16 07:37 | drops of my days