4月の嘘より怖い3月のリアルな朝の話。

作家の林真理子さんは4月1日、エイプリルフールの生まれだそうです。
フィクションという名の嘘をつむぐ仕事についているんだから、ある意味
ぴったりなプロフィールかもしれません。

エイプリルフールといえば、数年前、うちの妹が、母親にメールで
「堂本光一君が〇〇さん(母があまり好きじゃない女優)と結婚するんだって」
と送ったら、母親、ホントに元気がなくなっちゃったみたいで(別に、いい年して
「光一君は私のものよ」的な危ないファンというわけではなく「良い嫁をもらって
欲しい」的心配をキンキに関してはしてるらしい)・・・
帰宅後に妹が「あれ、エイプリルフールだよ」と告げてもしばらくぷんすかして
いたそうな(笑)。それ以来、実家ではエイプリルフールの習慣は消えました。

さて、私も、さる3月最後の日(つまり昨日)。明日は面白い嘘でもついちゃおっかなー
ふふーん、とか、ちょっと春だしのんびり気分で(会社についたらとてもじゃないけど
のんびりできないのは知ってたのもあり(笑))通勤のために地下鉄に乗って
おりました。そこで体験したのは「世にも奇妙な物語」のぬるめのホラー設定の話
なんかよりは余裕で怖い(お化けも妖怪も出てこないのに)出来事でした・・・

私ははしっこの席に座っていたのだけど、隣にすごい勢いで
いきなり花柄のシャツにジーンズ、という地味目な中年女性が
座ってきて話しかけてきました。最初、内容が聞こえなかったので
「何ですか?」と一応聞き返すと(これが失敗だった)
「あのななめ前に座ってるばあさんみて ごらんよ(と彼女が
指し示した先には紫のスーツにメイクをしたおしゃれで小柄な
年配の女性が座ってた)。あいつ、あたしと同じ駅で
同じ町で暮らしてるんだけど、年よりのくせにいつもピンクとか
紫とか着て自信まんまんで座ってんのよ。気持ち悪いよね。
この前はベレー帽かぶってたのよ。街中でベレーよ、
信じられる?(※私も最近は被らないけど昔はおされブランドのを
かぶってたよ・・・) もうさ、年とっててババアなんだから、
茶色とか灰色着ておとなしく沈んでろって感じよ。
きっと自信家で、藤原紀香よりキレイとか思ってんのよ。
バカねー。自分がどれだけみっともないかわかってんのかしら。
ああ、あいつに客観って言葉を教えてやりたいわ!」と
倍速再生したみたいな早口でそのおばあさんの悪口を私に
言い続け、その異常なマシンガントークのはてに、「ね、気持ち
悪いでしょ」と相槌を求められ (気持ち悪いのはあなたです!)
「別におしゃれでいいんじゃないですか?」とつい返したら大変!
「よくないのよ。あんな婆さんがのさばってると思うと
気分悪くて! もういいわ!」と席を立ち隣の車両へ。また
誰かの悪口を誰かに早口で言い続けるのだろうか、彼女。
言葉は激しく 表情は能面のようにのっぺりと変わらないところが
怖かった。目つきとか一見フツーっぽかったんだけど。

その女性が立ち去りほっとしたところで、あいた私の隣の席に
白いジーンズに白いジャケットの春らしい装いの中年女性が座って
きました。今度は、ひとりごとマニア…同じ車両のななめ向かいの
席に座っている3人組の中年女性グループがおしゃべりしてるのが
気に食わなかったらしく(別に大声とかじゃなかった)「東京の地下鉄の
乗り方も知らないのね、大阪の人って。吉本興業で勉強してるから
みんな大声でうざったらしく しゃべり続けるのね。あーバカみたい。
イライラするう!」と、自分のほうが大声でうるさいんだけど、と、間違いなく
車中の全員が思っていたであろうってほどの騒ぎっぷりでした。
そんなこんなで泣きたくなったときに会社のある駅について、いそいそと下車。
ほっとしたけど、なんだか気持ち悪くなってめまいがしました。

春はおかしな人が多く出回るから気をつけないとねーみたいな話ってたまに
出ますが、都内をたくさん走っている電車の中のたったひとつの車両で
15分の間にふたりもおかしな人に話しかけられた私っていったい。
変態磁石でもどこかでなすりつけられているんでしょうか・・・
しばらくは、席に座らないで腹筋でも鍛えるつもりで絶対立って乗車するか
サングラスかけて人と目が合わないようにするか・・・出勤前の貴重なひととき
(妄想or今日の仕事の段取りをイメトレ(たまにホントにやってます)or読書など)を
ぶっ壊されて1日の出鼻をくじかれた私は、仕事なんにもしてないっていうのに
会社についたときはすでにくたびれていたのでした・・・
[PR]
by tohko_h | 2009-04-01 02:43 | drops of my days