人生は1度きりだから。 自分的リアル・クローズ…

タイトルは大げさだけど…
更にたぶん長文になると思います(着地点とか考えないで
書き始めちゃったので・・・すみません。長いのいやな人、
スルーしてください(汗))。

さかのぼること1日くらい。
某視聴者参加番組を見ていて思ったこと。そこに出演していた
同年代の女性。浅黒く引きしまった顔に黒髪に大きな瞳。
そこそこ個性的でインパクトがあり、押し出しの強い華のあるタイプの顔。
薄い顔の私からしたら、特に目がぱっちりしてて顎がしっかりしてる
ところなんかは羨ましいかも、みたいなタイプ。

なのに、彼女の着ていたものは、シルクっぽいつやつや生地の
アイボリーにフリルがひらひらのブラウスに、ティアードっぽい
甘い茶系のブラウス。

似合わない服を着る罰ゲーム?ってくらい、似合ってなかった…

顔の色もくすんでみえたし、彼女の個性とフリルブラウスが悲しいくらい
一致してなくて、見た瞬間に「な、なんてちぐはぐなんだ!」とびっくりした。
これが、ルックスそのもののよしあしについてだったら好みの問題だし
なんとも思わないんだけど、この人が、黒のタートルにデニムに軽くファー、
なんてシンプルな大人カジュアル着たら垢ぬけて素敵だろうに、と
「もったいない」と思ったのだ。

基本的に、服なんて、葬式にピンク着るとかとんでもない非常識なこと
しなければ、好きなものを好きに着ればいいと今までは思ってたし
自分もそうしてきたけど、30歳過ぎてあまりにも似合ってないものを
着ている人、をテレビで見て、うーん、と思った。
実際、普段、友達や会社の人たちを見ていて、そんな風に「服と
中の人がバラバラ」なんて思ったことなんてなかったので、自分でも
「こんなに違和感覚えるものなんだ」とびっくりしつつ。

実は私自身も、最近、自分が好きなテイストと似合うテイストって違うの
かもーとここ数か月考え続けているのです。
この前髪の毛をバッサリショート気味ボブにしたとき、「これでしばらく
伸ばして、ロング目指そう」とか思ってたんだけど、切ってから
言われたのが「こっちのほうがいい」「もっと短くしたらベスト」みたいな
短いほうがいいよね的なことばかりでした。そりゃ、実際切っちゃった人間に
「長いほうが似合ってたのに」って言う人はあんまりいないと思うけど
そのへん差っ引いても「こちらのほうが合ってますね」的なことを
沢山言われたのです。逆に伸びた時に「長いほうがいいねー」って言われたこと
そういえばないし。

正直自分は、セミロングやロング気味の髪の毛の方が好きだったんだけど、
だんだんそう言われてるうちにその気になって「次回はいよいよ宮崎あおい!」
とか、また短くしようとか調子に乗りつつあるんだけど(笑)。
まあ、長さを変えると、服を買う口実が増えて楽しいし…(実際、ボブ気味に
してから、むしろワンピースとか柄モノとかちょっと乙女路線すぎないか?
みたいな服も「カジュアルに適当に着てます風」に気軽な雰囲気で着られる
雰囲気になった気がする。垢ぬけたとはまた違う気もするが(笑))。

好きなものと似合うもの、どっちを優先したらいいのかなー。と、それ以来
考えたりしてたんですよ。このごろ。
理想は、服より自分が好きで「私がよく見えるからこの服が好き!」みたいな
主体的な選択ができることなんだろうけど、私のように、別に自分好きじゃ
ないんだけど、ものとしての服も好きだと難しい。
実際に、おお可愛い!と思って着用した瞬間、いろいろな理由で「あ、ダメだ」と
分かって諦めた服も多数あるしね。ただ、「これはいいねー」と買った服の
中にも、外の人から見たら「なぜこの人がこれを?」みたいな妙なセレクトが
あるかもしれない。とか、これ、思いつめると結構コワい。
ほんの数十年の人生、似合うものを着てさっそうとしていたいと思いつつ
カラー診断も申し込んでみたいんだけど、好きな色(黒)が似合わない、と
言われたらどうしよう、とビビって行けてないままもう何年も経ってる。

似合うものと好きなものがある程度一致してるといいんだけど…といいつつ
不安にかられて無難な紺色ベースのワンピをネットで購入してみたよ(笑)。
子供のころから親が「紺色が似合わない日本人はいない」と言い張るので
気弱なときは多くなる色ですね、確かに。でも清潔感と知性という、自分に
欠けがちな要素が演出しやすいし好きな色です。
[PR]
by tohko_h | 2009-11-30 12:30 | drops of my days