初雪

気象庁的にはどうか知らないけど、しっかり積もるほど降ったのは
この冬初めてじゃないでしょうか。2月1日から2日深夜にかけて
結構大粒のがひらひら降ってました。
20時すぎまで残業して会社を出たら、いきなり暗闇を雪が舞っていて
びっくりした!

雪といえば、思い出すのはこの歌。

体温計くわえて窓に額つけ「ゆひら」とさわぐ雪のことかよ  穂村弘

解説するまでもないシンプルな歌。

これが

「ゆひら」とさわぐ そうさ 雪だよ

とか 

「ゆひら」とさわぐ 雪のことだね

だったら、全然、魅力のない歌なんだけど、「雪のことかよ」だから、
すごい名作になってると思う。

体温計加えたまましゃべってることにちょっと突っ込みを入れてるようで
ありながらも、そのつっけんどんな返事がむしろラブい感じ。

さいきんは、すっかり、不思議ちゃん風味エッセイで有名になりつつある
穂村氏ですが、すごい歌詠みなのはずっと前からのことです。
1度、短歌関係の集まりで斜め前の席に座っていたのですが、ファンすぎて
ほとんど話せなかった記憶が・・・。
[PR]
by tohko_h | 2010-02-02 01:25 | drops of my days