2007年 03月 30日 ( 1 )

大胆な帰路

ハーフパンツにニット、上からトレンチコート、という、
ベタな春服で会社に行ってたのですが・・・食べこぼしで、
ハーフパンツにしみが・・・!

残業を大急ぎで終わらせて19時半に最寄り駅到着。
私が行っているクリーニング屋さんは2軒あって、1軒目は
自宅から徒歩5分、もう1軒は駅と家のちょうど真ん中。

そこで、ふと、考えた!
トレンチコートみたいなワンピースって今年はやってるし…
駅のトイレで、食べこぼしたパンツを脱いで、コートを
ワンピースみたいにしちゃえば、帰り道にパンツをクリーニングに
出して帰れるんじゃないか?と。

そこで、東京メトロ某駅でごそごそして、パンツを脱いで(ズボンの
ことですよ・・・なんか字で書くとイヤだ(笑))、無造作にばさっと
羽織っていたコートのボタンをきっちりしめて、ウエストベルトを
きゅっと結んでワンピース風に。コートの後ろは、真ん中に大きな
スリットが入ってるタイプじゃなくて、男性のスーツで言うと
サイドベンツ状態のスリットが浅く入ってるのでバッグで抑えつつ、
無事にクリーニング店にパンツを出して帰りました。

考えたら、普段スカートを履いているときと同じ状態なわけですが
やっぱりとっても心細かったです!

よく、春先になるとコートの中に何も着てない人がいて突然ご開帳!
みたいなイメージがありますが(「少年アシベ」のヒトシくんってキャラは
年中コートの中は裸でしたが)、ボトムを履かずに公道を歩いてしまった私は
そちらに一歩近づいてしまった気がします・・・(汗)。

洋服を大事にするために自分を粗末にしたような、そんな帰り道でした
(夜桜もちらほら咲いていたけどそんなの見てる余裕も無く(笑))。
[PR]
by tohko_h | 2007-03-30 13:59 | happening