カテゴリ:drops of my days( 432 )

明日から11月ですよ。早いですね。
ものを売る仕事の人たちにとっては、ぼちぼちクリスマスだよーとか
正月商戦ですね、ということで、もうどっぷり真冬モードな時期だと
思います。私の仕事でも、12月売り、1月売りの本を作ってますしね実際。

さてさて、クリスマス商戦というと皆さんは何を思い浮かべますか?
お子さんがいるとおもちゃ関連?
おしゃれな人だとコートとかブーツなどの高額系防寒関連?

私は、就職した20代前半のころ、異様にクリスマスコフレにハマり
まくってました。

ポーチの中にファンデーションとミニボトルの香水とグロスが入ってたり
カワイイミラーがついていたり、要は、化粧品の詰め合わせセットです。
現在の雑誌の付録ブームみたいにポーチの供給過剰ってことも当時は
なかったし、毎年、化粧品がいっぱいのっている雑誌(VOCEとかマキアとか)
の特集を見て「ポーチはクリニークがかわいいけどディオールの限定シャドウ入り
のセットは捨てがたい」とか迷うのも楽しかったものです。

しかし30歳過ぎると「ああいう詰め合わせ系って、欲しくないアイテムも入ってたり
するし、ポーチは人とかぶる確率高いし」と、詰め合わせセットへの関心が
薄まりました。

が、今年は、雑誌の切り抜きを手帳に挟んでまで発売日に買いましたよ、
伊勢丹に走って。シャネルの限定セット!
a0079948_9312060.jpg


写真だと伝わりませんが(ああ、たばこの箱的なものと撮るの忘れた)
お弁当箱だとしたら男子高校生体育会系でもOKなくらい大きな箱。
a0079948_9313958.jpg


シャネルにしては珍しい赤ロゴだったりします。
a0079948_9315875.jpg


ファスナーのチャームにも律儀にシャネルマーク。
a0079948_9321836.jpg


ひらくと中身はこんな感じ。写真右からフェイスブラシ(チークとか粉?)、
ファンデーションブラシ、眉毛整えるスクリューブラシ、アイシャドウ用、
アイライン用、リップブラシ、の並びです。
a0079948_9323512.jpg


ブラシの柄にまで赤のシャネルロゴ。これが取れたり汚れたりすると思うと
勿体なくてなかなか使えない…(貧乏性)。
a0079948_9325086.jpg


ちなみに今回、思い切ってアイブロウペンシルもシャネルにしました。
硬すぎず柔らかすぎずで描きやすい! 現在、顔の脱毛をしてて、眉上の余分な毛が
減りつつあるので、まゆの手入れ自体もだいぶしやすくなってきました。しめしめ。
a0079948_933839.jpg


ちなみに、かつて発売直後に完売したシャネルのビューラー。私の薄い顔、
ユルいまぶたのカーブにも合う日本人に優しいビューラーです。これ、今度、
定番商品として常時購入できるように近々なるそうです。見た目も可愛いし、
黒だから汚れも目立たないし(笑)、とにかく使い勝手的にかなりお勧め。
お目目くりくりに丸い人より、よくいえば切れ長悪く言えば地味な形の目の人は
ぜひ試してみる価値ありだと思います。
a0079948_9332312.jpg


ちなみに最近ブログの更新がいまいちはかどらなかったのは、私の
パソコン(パナソニックのレッツノート)が壊れて(電源を入れると耐えがたいノイズで
家中がうるさい雑音まみれ状態に!)修理に出していたためです。先日無事に引き取って
参りました。いや、無事じゃなかったよ…36900円でした、修理代。でも今のPCが
4万弱で買えるわけもなし、泣く泣く支払いました。とほほ。

というわけで、このブログも、お金かかってます(笑)←とイヤらしいことを書いて
みました。でもパソコンないと生活できない自分が信じられません。新入社員の頃は
パソコン使えなくて、パソコンのある会社がイヤだったというのに(笑)。
というわけで、改めてよろしくお願いします。
夜もネットできないし(スマホでも限界が…)本は意外とたくさん読んだので一気に
アップしたいと思ってます。で、明日から11月。きりっと再スタートしますので、
よろしくお願いいたします。

ダブル選挙といっても投票権はない私ですが。
[PR]
by tohko_h | 2011-10-31 23:33 | drops of my days

ここ数年の、年に2回のお楽しみ。
大丸のワインを中心にした催事。ワインの輸入業者さん+メーカーさん
(大体国産ワイン代表で山形と山梨からいらっしゃってます、毎回)が
たくさんいらして、ものすごく大量に試飲と試食をさせてくれます。

ピザとかチーズとかナッツとかソーセージとかおつまみ業者も来ていて
やはり試食品をたくさん食べさせてくれます。

つまり、試食と試飲という名の立ち飲みイベント。
毎年4月と10月に、東京大丸に行くと「ワイン好きってこんなにいるのね!」
と驚きつつテンションがあがります。

前回は試飲しすぎて途中で記憶が途切れたので、今回は「会場の雰囲気と
テンションに飲まれないように対策」を妹と立てました。

作戦その1)事前にウコンを飲む→体重が次の日100グラムしか増えて
なかったという奇跡からいって、このドリンクは今後飲み会のときなどに
採用しようと決意。
a0079948_9133917.jpg


作戦その2)前回はすきっぱらで大量のアルコール、というのが悪酔いに
つながるのでは?と話し合い、まず、会場入りして目についた確実に
おいしいと思われるワインを1本購入して、それを大丸内のレストランに
持ち込み(会期中、レストラン街の中で数軒のレストランで持込が
無料になるんです)ご飯をしっかり食べつつ飲んで調子を上げる。

というわけで、昼間から鉄板焼きやさんで牛のたたきだの
シーフード盛り合わせなど食べました。
a0079948_914395.jpg

a0079948_9142469.jpg

a0079948_9144369.jpg


しかしここで、軽めの白い泡、を選んだのに結構酔い、あわてて
大丸内のイノダコーヒーへ。私はアップルパイ、妹はチョコレートで
コーヒー紅茶を飲んで酒を抜く(笑)。これから大量に入れるために…
a0079948_913678.jpg

a0079948_9122941.jpg


こうして会場に舞い戻り、再び試飲の渦の中へ。
今回はスペインに心ひかれました。バルみたいなお店に行くことが最近
多いから、なんか聞いたことのある地方の名前とか聞くとぐっと来るし!

そして私の心の支えのクールなドイツのメガネ氏が今年は来ていなくて
別の意味で酔いがさめました(笑)。

普段はほとんどイタリアワインとスペインワインとニューワールドちょっと、
という感じなんですが、今回はフランスものも買いました。しっかりめ白とか。

で、途中でミネラルウォーターなどを入れつつだらだらしてたら、メールが!

ブログでいつもなかよしのうりぴーさんご夫妻が会場入り!
軽く挨拶を交わし、互いによいワインと出会えるように、と励ましあう。

行列が長くなる前に心に決めた8本のワインをお会計。ナッツやドライフルーツも
少しだけ買いました。ちなみに配送料金は都内だと315円均一。これはお得!


しかしその2日後、仕事が18時くらいに終わっちゃったのでひとりでふらりと
再び大丸入り。この前行けなかった気になるブースを中心に回り、スペインの
シードルやオリーブオイルなどワインじゃないものも買ったり、ナッツを買い足し
たり(ピスタチオがすごくおいしかったので)してまた6本ほど…当初の予定だと
1、2本かって抱えて帰ろうと思ったのに結局発送頼んじゃいました…。

さっそく11月3日の文化の日(モテ様出張)に妹を呼んで飲んでみる予定。
何本飲めるかしら(笑)。ちなみに飲みながらすることは決まってます。
我が家のPCとプリンターを駆使して年賀状印刷。もう、そんな季節です。

※ちなみやはり酔っ払ってしまい帰り道で転倒した私。傷の直りが遅くて
外科通いしてます。生まれて初めてです、外科にかかるの。それにしても、
転んだ傷なんて子供のころだったら1日2日で治ってたのになぁ…、
年、とったな(笑)。
いやいや、還暦過ぎてもワイン祭りの季節になったら調子に乗って大丸に
乗り込み、若い女性たちにまぎれて試飲しまくるくらい、まだまだ元気で
いたいなーと思います。でも細胞分裂のペースはやはり子供時代と違うのね(涙)。
[PR]
by tohko_h | 2011-10-21 09:15 | drops of my days

映画で一躍有名になった、福島県スパリゾートハワイアンズの「フラガール」。
震災後、全国行脚を行い、各地の避難所や施設を回ってきた。
そんな彼女たちに密着したドキュメンタリー番組をある夜テレビで放映していて、
なんとなく見入っていたんだけど。

ある会場で、フラガール達が、ダンスのステージの後に、福島県の農産物を
会場内の直売所で売るお手伝いもしました、というシーンにて。

フラガールのメイクと衣装のままで、笑顔でおつりを渡したり品物を渡す
可愛らしくひたむきな彼女たちの映像を映したあと。

会場に来ていたお客さんらしき中年女性のインタビューを放映。

「(福島の農産物を買うことは)正直不安だし、怖いし、できません」

…ちょっと、この画面のつなぎ方、いやだな、と思った。

けなげに売り子をしているフラガールを映したあとでこのコメントシーンが映ると
一瞬、彼女たちのひたむきさを否定するヒールみたいに見えちゃうのだ。

しかし、インタビューに答えた女性の不安もまた現実だと思うし、彼女個人の
そういう選択を誰も責められないと思う。実際、自分で何を食べるかを決める
権利はあるわけだし。

それが、この順番で映ると「福島やフラガールに冷たい人」…悪役っぽく
なっちゃうんだよね。番組の「一生懸命旅をして踊ったフラガール達」を、より
一生懸命にさわやかに見せるための小道具的な。

そこまでフラガール達の奮闘と復興への思いに打たれていたのですが、何か
すーっとそこんところで冷めてしまいました。
[PR]
by tohko_h | 2011-10-12 16:30 | drops of my days

ダイエットなるものを始めて、朝晩体重を量るようになると、手段はなんでもいいので
とにかく100グラムでも減らしたくなる乙女心。

なので、便秘対策にあらゆる手を尽くすし、献血行きたくなる(行っても血管が
細くて血が取りにくいのでできないんだよね…凄く残念なことに)し、とにかく、
体から出せるものはなんでも出したい、と願うようになるのです。運動でかく汗も
※ホントは汗をかくより代謝あげることが大事なので、汗をかけばいいってものじゃ
ないとは分かってても。

で、ある日、お風呂に入って体を洗ってるとき、ふと気付きました。
人間の体に付随する余計なものが、まだ他にあったことを。

アカスリすれば、体重減るかも!

何年か前に大ブームになった韓国アカスリ。プロの手でこすってもらえば
アカがとれてアカの重さが減るだろう、と思ったのです。

※このあと、赤裸々、お下劣、まぬけな描写が激しくなるので、そういうのが
嫌いな人は読まないでくださいね。R15指定(笑)。

思いついた次の日が、たまたま夫出張だったため、仕事終わりの夜遅く、
21時すぎだったけど、思い切って会社から地下鉄を乗り継いで
大江戸線東新宿駅で下車して早速、アカスリとかサウナとかいろいろ入っている
女性向け健康ランド的なところへ。
お風呂で体をふやかしたあと、アカスリ+ミルクマッサージのコースを選択。
サウナや大浴場のすみについたてがおいてあって、細長いベッド(本当に
幅狭いです。1メートルないかも)が並んでます。
そこに「時間になったら裸のまま来なさい」と言われました…
お風呂に入ったままの全裸で他人の前に?と思いつつも、あかすりコーナーへ。

定刻通り、アカスリおばちゃん登場。その姿を見たとき、私、なんか、エロい店に
来ちゃった? と心細くなりました。
なぜかというとおばちゃん(年上の女性をおばちゃん、と呼ぶのは普段は抵抗が
あるんだけど、ダウンタウンの「ごっつええ感じ」とかに「おばちゃん」として出てくる
キャラ的な正しいおばちゃんでした)…凄く、セクシーなんです、カッコが。
黒のブラジャーと小さなショーツの上下。しかもレースで透けています。
ショーツ、というと、ティーンズがつけてるみたいな爽やかなイメージがあるので
ここは昭和っぽく「ブラとパンティ」と言うべきでしょう。小さなパンティの上には
2段腹がふるふるとやわらかく揺れてます。肌が白いおばちゃんなので、白と
黒のコントラストがエロティック!
更に頭には白いタオルをはちまきのように巻いています。

「な、なぜ下着姿…??」

汗をかくしハードな労働だとしても、Tシャツ短パンとかだろう、ここは!と、あせる
私をよそに、クールにおばちゃんは、「寝なさい、仰向け」と、シンプルな限りなく
命令に近いクールな口調で告げます。細長いベッドに怯えつつ横たわると、
両手にアカスリ用の手袋みたいなものをつけて、容赦なくこすりはじめるおばちゃん。

う、うまい!

強すぎず、弱すぎず、絶妙なあかすり加減。しだいにベッドの上に敷かれた
ビニールシート(の上に私は寝ています、全裸で!)には、消しゴムのカス的な
ものがいっぱい。

昔話の「あかたろう」(あかで人形を作るとリアルな赤ん坊になる話だっけ?)を
思い出しました。赤ん坊は作れないだろうけど、赤ん坊のこぶし分くらいは
余裕かも・・・

おばちゃんはクールです。
「次、うつぶせ」
「横向いて」と、淡々と指令を出していきます。そのとおりに動くと、オッケーとも何も
言わずにクールにまたこすってくれます。

こちらは全裸ですが、パンツを履いていたら隠れたであろう部分以外はすべて、
おばちゃんがこすってくれるのです。お尻とか太もも全部とか、結構キワドイ部位まで。

背中とかを力を入れてこするためにおばちゃんが私の上にのしかかってきたときには
「全裸のおよそ40歳の女に還暦をすぎているであろう黒ブラ&パンティのおばちゃんが
のしかかってるって…マニアックなビデオでも画的になしだろう」と思いました(笑)。

そして30分くらいこすりまくられたあとは、バケツでお湯を何度かかけられて、
ミルクのローションを全身に塗ってくれたあと、肩こりをもんでくれたり、足の裏の角質を
削ってもらったり、うってかわってきめのこまかいケアをはじめるおばちゃん(この
肩もみがまたうまくてうっとりでした)。

その施術中、隣のブース(ついたて1枚)では、別のお客さんが別のおばちゃん(こちらも
同じく黒の上下にタオルはちまき)にあかすりしてもらってたんだけど、おばちゃん同士、
韓国語で話をしながら笑いながらずっとアカスリしてたんです。

これがふつうのエステとかだったら「施術中におしゃべりを従業員同士が!」と、お客は
不愉快になったり、接客としてどうよ、と疑問を持つところなのですが、そんな普通の
疑問を持つ思考はすでに、自分が全裸という異常な状況と、知らないおばちゃんが下着姿で
それをこすりまくっている、というさらにシュールな事実で吹っ飛んでしまってます(笑)。

最後におばちゃんは、「気持ちよかった?」とぶっきらぼうにききました。
私は「ああ、気持ちよくなるようにおばちゃん頑張ってたんだね」と思ってなんだか不思議な
感動を覚え「すごくきもちよかったです、ありがとうございます」と施術台をおりました。
すると「またどうぞー」と、最後までクールな口調でおばちゃんは言ってくれました。
私、またきちゃうかも、と心の中でだけ返事をして、シャワーブースに移動して流すと
あかすり後の私のボディは、文字通り垢ぬけて、体重も500グラム減ってました。
ちょっとうぶ毛とかも減って、つるっとしてて気持ち良かったです。

ダイエット中じゃなければ…と、おいしそうなホルモン屋さんや焼肉屋さんの前を
通り過ぎて家路につきました。

…また、イライラしたときなんかに出かけて、おばちゃんが繰り広げるシュールで
それでいてGJ!な世界に浸りたいような気がします。
[PR]
by tohko_h | 2011-10-07 23:53 | drops of my days

こんばんは!

「そろそろセミロングになってるかも!」と思いきって頭髪のパーマを落としたら
予想以上に長くなってびっくりしております。

ついでに、会社員になってから15年ほどずっと明るいオレンジ~ゴールド系の
色を主に入れていた(自分の髪の多さ&黒髪が嫌いなので、そいだような
スタイルとカラーリング命でした←~命って言う言い方が昭和だな(笑))のを
黒っぽい焦げ茶…ほぼ黒にしました。

なので、もう、就職活動の時以来久々の黒髪ストレートです。
ちなみに私、高校3年の時も、パーマかけてたのをいきなりおとして
「真面目なヘアスタイルにしたので大学の推薦取れないかな~」とか思った
んだけど日頃の行い的にダメだったらしく(名誉のために言うと成績的には
まあ、比較的妥当だったはずなのよ、た、たぶん…無茶ではなかったかと)
学内選抜アウト(その高校の中で何人かで推薦枠を奪い合う戦いが
あるんだけど敗北)。
そして就職活動のときもストレートにしてたけど、内定なんて
貰えず、ひらきなおってちりちりパーマで受けた今の会社にお世話に
なってます(笑)。

で、それ以来、ヘアスタイルや衣服についておおらかな職種&職場で、のびのびと
してたんだけど…ふと、なんとなく「1度くらいは、また黒髪にしたい」と思ったのです。
そろそろ年齢的に白髪も気になるし、白髪染めでこれから長い年月を
カラーリングで過ごすんだから、その前に黒くしてみるのもいいかしら、という
思惑もあり。

しかし、髪型はちょくちょく変えてるけど、髪色変えるほうがよほど
インパクトあるというか、うわー変わったなあと自分で驚きました。

えっとまずね、黒髪で黒いブラウス着ると、ビミョー。着こなせなくなった。
手持ちの服の5割が黒なのに、ヤバい…。逆に白着たくなるね。
食べこぼしを恐れて避けていた白っぽい色に走るかも、しばらく。

更に、肌のアラが、あら目立つ(ダジャレ)。というか、逆に言うと、あまさのある
茶系で髪を染めることによって、実際より少しは色白に見えてたんだな~とか、
透明感ないのにちょっとはあるように演出できてたんだなーと痛感。
これは、美肌を目指して何か手を打つか、ごまかしの効く髪色を研究するか…
40代に向けての大きな課題になりそうです。それ考えると、まあ、若いガッキーや
前田の敦子ちゃんの黒髪はもちろんですが、ほぼ同年代で黒髪美女として
成立してる深津絵里さんってホント神ですね! 黒髪の神!
※ちゃんと黒い服もばっちり着こなされてます。女優さんってすごいや!
a0079948_22475840.jpg


更に問題は眉毛。
ずっと、明るい茶色(ゴールド系のカラーリングしてたのでそれにあわせて
黄色味が強い色)で描いてたけど、今の髪色にはどうも合わない。
ここは、思い切ってシャネルあたりで1本買ってみようかな。でも、おそらく
3か月後くらいにヘアサロンに行った時にはもとの色に戻してる気もするし…
プチプラもので探してみるか。お勧めあったら教えてください、美術の成績
よくて3、という絵ごころ無しの私でも描ける眉毛ペンシル!

あと、できたら、ファンデも、そろそろ秋冬ものにする時期でもあるし、しっかり
カバーして「作ってます肌」風のできあがり感が欲しい…

というわけで、このしゅらばが終わったら、コスメ売り場行くんだ…←この戦いが
終わったらプロポーズするんだ的な死亡フラグめいた言い草(笑)。
[PR]
by tohko_h | 2011-09-20 22:52 | drops of my days

平穏が戻ってきました。

ずっと、落ち着かなかった…あと数日でそんな心騒ぐ日々も終わる。
ほっとしました!

…実は、近所のスーパーで安かったので、ピンクのトイレットペーパー
12個パックを買った。紙質は柔らかくてホテルやデパートのトイレレベルだし
よい紙である。

が、なんか、色のついたトイレットペーパーをお尻へ…というのに抵抗が。
別に色落ちを心配してるわけじゃないのだけど、ぐるぐると伸ばしてカットする
たびに「うーん、ピンク」とかすかな違和感を覚える日々。

そのままずっと使っていたけど、最後の1個まで抜けなかったの違和感。

そのラスト1個が、明日くらいに終わる。

次の白い12個パックが出番を待ってる。

先日、グリーンのペーパーだけ安くなってたけど、買うのやめといて白にしました。
そういえば、文字とか絵がプリントしてあるペーパーも時々見かけるけど、
私はたぶんあれもあんまり得意じゃないな。
[PR]
by tohko_h | 2011-09-13 15:30 | drops of my days

このねつはなに?

さっき、仕事でものすごく腹が立つことがあって(一言で言うと朝令暮改的な
おいおい、ここまでやってからひっくりかえしますか?的展開というか)ショックで
他の仕事までストップしてしまってます。気持ちが切り替わらない。
そしてめまいがとまらない。
熱がでてきた。

もしかして単なる風邪だったりしてー。
それのほうがいいや。
熱が出るほど誰かや何かに腹を立てるなんてハードな仕事はつらすぎる。
[PR]
by tohko_h | 2011-09-07 16:43 | drops of my days

自衛も大切。

某新聞社がやっているお悩み相談サイトにこんな投稿があった。

美容院で渡された雑誌が…(30代前半・女)

要は、髪を切りに行った時に、私30代なのに「40代向けの雑誌」を置かれて、
私老けてるの?? ガーン&キーッ! てな内容でございます。

いや、確かに、自分がいくつに見えるかっていうのはたぶん自分が何十歳になっても
気になることだとは思うんだけども…この女性の

>そんなに老けてしまったのかしら、と1日嫌な気分で過ごしました。

って傷つきっぷりは、ちょっと激しすぎるんじゃないだろうか、と読んでてなんとも
いえない気持ちになりました(このサイトにはそんな投稿ばっかりなんだけど(笑))。

そこまで、美容室でおかれる雑誌、を気にするなら、最初から雑誌を渡されない
ように、自分で読みかけの本を持って行っちゃうとか、すればいいのに。
そうすれば、余計なこと気にしないですむし。
私自身、雑誌を貸してもらうときもあれば、仕事などで読まねばいけない本や、
いいところまで盛りあがってるミステリーが手元にある場合は、そっちを読んでます。
前に、発売したての「モーニング2」を駅の売店で買って持参したら、ちょうど
ブッダとイエスが髪を切る話でタイムリー!みたいなこともありました(笑)。

美容室といえば。
今通ってる美容室(もう10年以上!)を初めて友達に紹介してもらったとき
「最初はちゃんとメイクして一番気に入ってる服を着たほうがいいよー」と言われました。
それまで、近所の美容室ですっぴん普段着で休みの日にやってもらってたので
・きちんと日時予約して
・電車乗りついで(40分以上かかります)
・きちんとしたカッコして
…むむむ、めんどくさい、と、正直思いました。

しかし、根が素直なのと、美容室の所在地がおしゃれな若い人が多そうなイメージの
街だったので、きちんとした身なりで行ったし、今も、おしゃれして、ついでにランチと
ディナーを外で美味しく食べる、という、心身ともに栄養たっぷり、な1日として
楽しく過ごしてます。カラーとパーマを同時にしてほしいとかいうワガママを聞いて
もらってるので、最長6時間とかお世話になることも。

そんな経験もあったので、雑誌のことでぐだぐだ言う前にこの人も(実際「メガネに
髪ひとくくり」というラフないでたちで行ったらしいし)、美容室と仲良くするために
いろいろできることがあるんじゃないかな、と思いました。
[PR]
by tohko_h | 2011-09-02 14:04 | drops of my days

スマートフォンに携帯を持ちかえて数か月。

逆に「携帯専用サイト」的なものが見られなくなって不便だな~と思うことが
多い。

役立つのは、酒の席でドラマや映画の話とかしてて「あの俳優、なんだけ?
えーと、えーと」的な場面。さっと検索できるので「魚の小骨がのどに―」
みたいなイライラはなくなりました。

以前、夜遅くに知り合いの女の子からメールがいきなり来て「アニメ『母を
たずねて三千里』の主人公と一緒にいる白いサルの名前が思い出せず
苦しんでます。知ってますか? 今友達と話してて誰も思い出せないんです」
と聞かれました。たまたま思い出せたので即返信しました。
そういう「あー、あれなんだったっけ」的なアタフタも実は結構エキサイティングで
楽しいんだけどね。
[PR]
by tohko_h | 2011-08-29 15:37 | drops of my days

ストレッチおそるべし。

先日、わけあって、インストラクターのもと30分以上かけて
丁寧にストレッチをする機会に恵まれた。
平日の夕方からだったので、ヒールの靴のなかで足がむくんで
悲鳴を上げていた。

パソコンで仕事をしていたので肩こり(すごいらしい。マッサージ
さんが全部ほぐせないっていつも言う)もピーク。

ところがストレッチのあと着替えてヒールを履くと、きつくて
つらかった靴がすっぽり履けた。シンデレラのあの瞬間のごとく(笑)。
ほんとにびっくりした。
朝より夕方のほうが足がむくので夕方に靴は買おうね、というのは
靴好きな人は皆知ってることだけど、夕方と夜の間にストレッチすると
きつかった靴がすっきり履けるなんてこともあるんですねー。

やはり、疲労や悪い血がたまって体の末端でたまってる状態を
継続してちゃいかんなーと思った。脂肪燃焼のための有酸素運動も
もちろん大切だけど、むくみや疲労をとるためにストレッチ的なものも
運動プログラムとしてお部屋で寝る前にでもやると朝も気持ちよく
起きられそうだし。

というわけで、ストレッチ特集の載ってる雑誌(現在出てる日経ヘルス
(表紙はダイエットに悩んだことがなさそうな観月ありささん))を買って
みようかと思う。
[PR]
by tohko_h | 2011-08-10 08:25 | drops of my days