「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 02月 ( 60 )   > この月の画像一覧

「花宵道中」宮木あや子

a0079948_1275145.jpg
「花宵道中」
宮木あや子
「第5回R-18文学賞」大賞・読者賞W受賞。
吉原を舞台に花開く、けっして成就する事の
ない遊女たちの恋を描いた連作集。
「R-18文学賞」という賞は、女性による
女性のための官能小説を募集するもので
新潮社主催で開催されている。
青春小説のジャンルで現在勢いのある
豊島ミホさんもここの読者賞でデビュー。
遊郭を舞台に、現代の女性の視点で
描くラブストーリーというと、マンガのほうで
既に傑作(安野モヨコの「さくらん」。
映画はキャストと監督が自己主張強くて見に行く気になれないが)が
あるので、どうしても比べるみたいな読みかたになっちゃう。
もっとうがっちゃうと、さくらんを読んで、遊郭=セックスと売られた女の悲しみ、
おお、官能小説向け、みたいなことでもしかして書き始めたのかな、とさえ
思ってしまった。
それくらい、伝わってくるものが薄味だったのである。
官能小説の賞だから、エロがすごければいいのかもですが、そのエロに
しても、週刊現代の「女薫の旅」(これはすごくよくできたエロ小説です。
貧乏な昭和の少年が、いろいろな女性に手ほどきを受けていく、という
ベタ設定なのですが、貧乏で汚い靴下を履いているので、女性の体を
探りながらも「これ、脱がないと」と必死になるとか、描写が執拗で
キャラも立ってる)とかエロ小説として売れてるものと比べると(ついでに
渡辺淳一の描くラブシーンと比べてさえも)、とりあえずからんでます、という
印象しか受けないんですよねー。

なので、エロ小説としても、時代物小説としても、恋愛小説としても、
どうも中途半端。そして文章のリズム感が悪くて読みにくかったです。

帯に、角田光代、三浦しをん絶賛、とあったのでとりあえず
読んでみたけど、ビミョー。遊郭を舞台にしたプロモーションビデオ(しかも
安いVシネマ風)みたいな印象で残念。廓ものでドキドキしたかったな・・・
[PR]
by tohko_h | 2007-02-28 21:20 | reading

「美食三昧」のsucre_selさんの記事を拝見してからずっとずっと気になっていた、
新宿高野のフルーツコース。月ごとにいろいろなフルーツをメインにしたコースが
食べられるとあって、かなりの人気みたい。sucreさんの記事を読んでいると、
コースの内容の充実度、そしてコストパフォーマンスがすばらしいのは間違いないし・・・
しかも、2月は「あまおう苺と国産柑橘のコース」だとネットで知り、絶対今月内に!
と決意しました。だって、私の好きなフルーツがどっちもメインだなんて・・・
神の見えざる手(BYアダムスミス…って意味違うし!)に導かれるように
私は、久々に会う妹と待ちあわせて、新宿へと向かいました・・・

※今回、空腹のため、撮り直し無しのガチンコ撮影を行いまして、
写真が暗いです。影もママです。でも実際の店内は明るくてピカピカ。
内装もお皿も白が貴重でとても明るかったし、フルーツももっとまぶしい色を
放ってたのですが・・・暮れなずむまちの光と影の中・・・その影まで思い切り
拾った写真ばかり。そのへんは脳内補完しつつ読んで(見て)いただければ…
すす、すみません!


まずは、アミューズ3種類。細長いお皿に並んで登場です。
a0079948_1371786.jpg


左から、生ハム×焼きリンゴ(これが意外なおいしさ。いちじくといい勝負で
生ハムと合うなんて思ってもみなかったです)
a0079948_1372919.jpg


あまおう・モッツァレラチーズ、飾りのパリパリも焼きチーズ。これもかなり
好きな味でした。品のいいチーズケーキをひとくち食べて嬉しい、みたいな感じ。
a0079948_1375697.jpg


サーモンとデコポン。デコポンって、皮がしわくちゃで最初に見たときは古いミカン
みたいに見えたんですが(無知ですみません)食べると甘くてびっくりした記憶が。
今は、グレープフルーツの次に好きなかんきつ類かも(でもポンカンと
スウィーティーも好き。なかなかかんきつ類のなかのランキングも決められない)
a0079948_138811.jpg


こちらは、コースについてくるジュース。ミックス、苺、メロンから選べるらしい。
赤ワインを選んでもいいそうです。とりあえずミックスジュース。下のほうには
グレナデンシロップ。氷も果汁でできてるので溶けても薄まらない。っていうか
シャーベットのかたまりかけみたいな状態なので、それを溶かしつつ飲む感じ。
a0079948_1381979.jpg


そして、日向夏の冷製スープ。外見以上にとろみがあって、ムースとスープの間。
日向夏っていうのを食べたことはないのですが、酸味と甘味のバランスがすごくいい。
a0079948_1382992.jpg


メインはサーモンのバターソテー。上にデコポンソースがかかってるとのこと。
サーモンと果物っていう組み合わせは初めてでしたが、鮭の脂を果物の酸味が
マイルドにしてくれて、バランスがよくてびっくり。すっぱいソースと合うとは意外!
a0079948_1384737.jpg


器も食べられるサラダのドレッシングは、柚子。酸味はちっともキツくなかったです。
a0079948_1385927.jpg


そして、フルーツ盛り合わせ。普段「歌舞伎町ホスト大戦争」みたいなテレビ番組を
つい見ちゃう(そういうマンガも読んじゃう)傾向があるので、ついつい、これが
歌舞伎町で出てきたらいくらになるのかしら・・・と、ついついネオン街価格を脳内で
計算しそうになる。ちなみにこの盛り合わせの中に私の得意じゃない果物が2種類。
妹に進呈しました・・・さてどれでしょう。ヒント・お金持ちのお見舞いに欠かせない
ものと、夏の海辺に欠かせないもの(笑)。
a0079948_1391165.jpg


そして、なんということでしょう・・・ここまでのコースでかなり満腹感を味わって
いたのに、新たにデザートがワンプレート運ばれてきたのです(なんとか
ビフォーアフターのBGMと語りで読んでください>あの番組覚えてる方)。
a0079948_1392855.jpg


a0079948_1393981.jpg

a0079948_1395374.jpg

a0079948_140743.jpg

a0079948_1401944.jpg

a0079948_140313.jpg

a0079948_1404374.jpg

プレートのそれぞれのデザートの解説はしていただいたのですが、
覚えきれずにリタイヤ。クリーム状のものはそれぞれ全部美味しかったです。
はずれ無し!というのはすごい。ケーキバイキング(若いときはたまに行ってた)に
行ってもこれだけ取ったら1個くらいはビミョーなのが混じってきそうですよね。

更に、シメにあまおう苺とそのソルベ。軽部でもつるべでもなくて(すみません、
そろそろ夜が深くなってきて、頭まわってません)。
a0079948_141511.jpg


これらに、コーヒーともう1杯(予約しておくと)ジュースがついて、2625円(税込)、
という、とっても優れたコストパフォーマンスにも感動。メイン料理と一緒に
温かなパンもついてくるし、すごくおなかいっぱいになります。
また、お気に入りのフルーツの出番になったら訪ねてみたいです。
ただ、その反動で帰り道なぜか「ケンタッキーのチキンかマックのナゲットが
食べたい」と、ジャンクな塩分に憧れモード(おなかはいっぱいなのに)。
というわけで、甘いテイストに浸れますが、そのあとお酒とかジャンクフードとか
逆方向に疾走したくなるかも・・・というくらい、スイートで優しくておいしいコース
でした。

さて、こんな時間まで夜更かししておいて図々しい話ですが…これだけ
ビタミンCをとりまくったので、きっと風邪対策にも、そして、美肌にも
なにかいいことがあると・・・いいなぁ。
[PR]
by tohko_h | 2007-02-28 01:36 | eating&drinking

田中くん初勝利続報

昨日の練習試合(実質、オープン戦のロッテ戦の振り替え試合)で
華やかに2イニング4奪三振のデビューを果たした楽天・田中くん。
その前後の彼についての記事が色々出てきたのでちょっとまとめてみたり。

25日には、同い年の鹿児島工・榎下らと食事し、リラックス
していた。(日刊スポーツ)



胸を張ってマウンドからベンチに戻ってくる田中に、野村監督が
右手を差し出す。めがねの奥の瞳が笑っていた。「マー君、絶好調!! 
バッターにスイングさせていなかったな。合格や。オレはめったに
ほめないんだから握手しようか」。71歳の知将が、開幕ローテ入りへ
“確約切符”を手渡した。。「田中効果やな。長嶋の再来や」。
大歓声に囲まれてバスに乗り込む田中の姿を見た野村監督は、つぶやいた。
田中「ロッテのスタメンを聞いたときには“本気かよ?!”って思った。
楽しかったです。テレビで見ていた人たちが目の前にいて。テーマ? 
“打たれないこと”でした」(サンスポ)



田中は初回、ユニホームのベルト通しに1カ所、うっかりベルトを
通さないまま投げていた。「また、そんなこと書くんでしょう」と
はにかんだ18歳。マウンド上で見せる“凄み”とのギャップが
この上なく魅力的だった。 (スポニチ)


鹿児島工業メンバーとゴハン食べてたんだ~。斎藤くんと鮫島くんは
米国遠征でバッテリー組んだりして親しかったようだし、榎下くんは
斎藤くんと同室だったこともあったはずだけど、いつ、田中くんと
仲良しになってたんだろう~。今吉くんも来てたみたいですね。

そして、野村監督の絶賛ぶりと、本人の高校生らしいコメントと
高校生離れした投球のギャップがなんとも・・・(最速150キロ/h出た
そうです)。そして、ベルト通しの件のかわいさがなんとも。
かつての松坂くん的な有言実行型ヒーローもかっこいいけど、
田中くんの「大物なのにどこか普通の男の子っぽい感じ(ときどき
犬っぽくもあるのは気のせいか)」も、新しいスター選手のあり方として
きっと多くの人に愛されていくことでしょう。
しかし、野村監督もマー君って呼んでるんだ・・・(笑)。
[PR]
by tohko_h | 2007-02-27 12:02 | baseball

a0079948_21171531.jpg
「編集者という病い」
見城徹
(太田出版)
僕はこうやって生きてきた――
出版界に大旋風を巻き起こす
見城徹(幻冬舎社長)の仕事・人生の総決算の書。

「顰蹙は金を出してでも買え!」「薄氷を
薄くして踏み抜け」など過激なスローガンを掲げて見城徹が創立した幻冬舎は、
驚異的成長を続け、沈滞する文芸出版界に強烈な衝撃を与え続けている。
その総帥の著者が、半生の生き方と仕事の仕方を振り返り、七転八倒と感動と苦悩の日々を惜しみなく書き綴った類希な人生の書。勇気と感動、悲惨と栄光、この本には人
間の情動のすべてが詰め込まれている。(版元WEBより)


日本一有名な編集者のひとりであることは間違いない、見城氏の
編集としての生き様を、インタビュー、本の解説、連載、エッセイ、
などなど、今まであちこちで書かれたり語られたりした文章を集めて
浮き彫りにした1冊。華麗な交友ぶりにため息をつきながら、
こうして原稿をとり、ベストセラーを出しました、という武勇伝として
読むと(いちいち売った部数をきちんと書いているところはさすが)
なかなか面白い。尾崎豊、ユーミン、坂本龍一などの音楽畑の人たち
との交友、銀色夏生の不思議ちゃんぶり、村上龍、石原慎太郎、
五木寛之、などなどの作家たちとのやりとりなど、下手なドラマを
見ているよりハマる。
そんなエネルギッシュにいろいろなクリエイターと一緒に本を
作り上げてきた見城氏の原動力が、コンプレックス、というのも
興味深かった。
よく、アーティストが「もてたくてギター弾けるようになった」って
言ってたりするけど、見城さんも、もてたくて(実際、仕事で成果を
あげて、好きな女性に「素敵」と言われるとつかのまの充足を覚える
とおっしゃってました)やってるのかな、と良い意味で思いました。

やはり、尾崎豊との長い長い物語は、壮絶。尾崎ファンじゃなくても
引きこまれてしまった。
あと、女性の書き手についての描写があまり多くないのが少し残念。
ユーミンとか銀色さんとかさらりと出てきますが…あと、ちょっと
ケンカした林真理子さんのことが少し出てきたくらいで。男性作家との
エピソードはかなり細かく語ってるのに対して女性作家については
名前をなぞるくらいで…女性作家との仕事だともっと苦戦してるのか
本には書けないようなもっと壮絶なやりとりがあるのか(ヘンな意味じゃ
もちろんなくて)とか、ちょっと気になったり。

自分としてはどうして「病」じゃなくて「病い」にしたのかが、気になる・・・
[PR]
by tohko_h | 2007-02-26 21:18 | reading

a0079948_1531681.jpg

ロッテと楽天の練習試合が26日、鹿児島・鴨池球場で行われ、
楽天先発の田中将大投手(18=駒大苫小牧)は、
同世代のロッテ大嶺祐太投手(18=八重山商工)との
先発ルーキー対決に“勝利”した。
1本塁打を浴びるなど2回5安打4失点の大嶺に対し、
田中は2回2安打無失点。4三振を奪う好投を見せた。
2月26日14時46分 日刊スポーツ


昨日のオープン戦でデビューだったはずが雨で順延。
練習試合という形で実現した、18才同士の投げ合い。
キャンプ後半では疲れてもいたようだし、ずいぶん楽天の
紅白戦では被弾していたようなので「1年目から大活躍、とか
期待ばっかりしてもかわいそうだよね」と少し落ち着いて応援する
ようにしてたんだけど・・・対外試合でこれだけやれれば、
やっぱり期待しちゃいますよねー。
ペナントレースになっても、変化球をおりまぜた華麗なる奪三振ショーを
繰り広げちゃうのかしら、と楽しみになってしまいます
(今日の投げた球種とかは夜のスポーツニュースでチェックかな)。

ヤクルトのルーキー・増渕投手も、昨日、対日ハム戦で
三振とりまくりの派手なデビューをしたみたいだし(2失点
あったものの、三振を5つ、昨年の優勝チームからゲット)、
ペナントから即戦力、みたいな新人さんが複数いるみたいで楽しみ。
ただ、田中くんや大嶺くんたち、スター選手たちに対しての
反骨精神が強いみたいで、コメントはあまりかわいくないかも。
おなじ日にちに予定されていた楽天・田中VSロッテ・大嶺が
中止と聞いて「ラッキーですね」と言っちゃったり、以前どこかで
「私立高校の恵まれた人には負けたくない」とも言ってたし…
一言余計なタイプに思えるのよね。
そのへん、古田監督がしっかり仕込んでほしいものです。

一言多い、といえば、ロッテのバレンタイン監督がドラフトでいきなり
大嶺くんを指名して怒りまくっていた八重山の伊志嶺監督のコメント。
「(大嶺は)まだ南海の熱帯魚。でも、北海の白くま(田中)に投げ勝てば、
本マグロになれるかもしれないね」
北海の白クマ・・・自分の中で田中くんはかわいい柴犬顔なのですが
このたとえに受けつつ、当時の過激なロッテへのコメントも、すべて
大嶺くんがかわいかったからなんだなーと思ったら、ちょっと
許せる気がしました。

いや、八重山の監督さんにしたって、増渕くんにしたって、プロの世界に
ついてはまだまだ素人、ちょっとの失言とか言いすぎ、やりすぎが
あって当然なんだよね。そのへん、プロ野球界の重鎮の野村さんが上司で
甲子園優勝高校で(しかも謹慎とかつらい経験もあって)エースだった
田中くんっていうのは、やっぱり、もとが並の高校生じゃないわけで
マスコミに対しての対応に穴がないっていうほうが特殊なんだよね。

そして、田中くんが紅白戦で結構よく打たれてたってことは・・・
逆に言うと、楽天打線の調子がいいってことかも? 
ちょっといい予感!
[PR]
by tohko_h | 2007-02-26 15:23 | baseball

華麗なるカレー

千疋屋のフルーツカレーです。
a0079948_2029572.jpg

ルーは割としっかり辛くて、そこに甘酸っぱいフルーツがごろごろ。
バナナあたりはかなりルーとの一体感を味わえておいしかったです。
パイナップルが一番、ちょっと違和感を感じたような・・・

カレー→華麗つながりで。
ドラマ「華麗なる一族」の公式サイトに将軍様特集が!
「みんな大好き!将軍の秘密」という記事に爆笑。

北大路欣也さん「いやあ、びっくりしました。台本を見た時『将軍との撮影だけで、
一体何日掛かるのかな』と不安を抱いていたけれど、これは凄いね。
夢中になっちゃうね!」

木村拓哉さん「プロデューサーさん、これ買って下さい(笑)!」

スタッフさん「可愛いよね!」「いい子だよね!」

と、大人気らしいです。

しかし、今日は、ゲンさんの最期がベタすぎるけど泣いちゃった。
そこに浸ろうと思ったら、稲森いずみが出てきて萎えました。
なんか、原作と違うドロドロした間柄にしちゃうのかなーあの役。
だんだん、北大路さんがカッコよく見えてきました。あと、原作より
銀平が素敵に見えます・・・山本くんって、第1話から好きだなって
思ったことないんだけど、どのドラマでも見てるうちに素敵に見えて
くるんだよなー。
[PR]
by tohko_h | 2007-02-26 00:00 | watching

鳥良の手羽先が恋しい今日このごろ。しかし、来週は外食が割と
多いWEEKだし、今日はおうちでマンガばかり読んでだらけてたので
出かけないと固く決意(笑)。あるものでさくっとご飯作ろう、と冷凍庫で
手羽元を発見。まゆみさん作の「スバラ式生活」の鶏唐レシピにかねてから
憧れていたのでチャレンジすることに・・・・
手羽先よりお肉の部分が多いから、むしゃむしゃかじっちゃうもんね。

しかし、我が家の食糧庫、決定的に調味料不足。
みりんと蜂蜜がありません。
そこで、みりんの代わりに料理酒と砂糖で、と思ったら料理酒も無し。
飲みかけの白ワインで代用。蜂蜜のかわりに、ホットケーキ作ったときの
メイプルシロップ・・・
という、変則ないないづくし代用レシピで作らせていただきました・・・

a0079948_20125613.jpg

見た目は、まゆみさんの美しい仕上がりと全然違っちゃって、
テリテリ感も出ないし(ああ、みりん・・・夫は「みりんって要らないよね。
酒と砂糖があれば煮物できるでしょ、って人なのであまり買いたがらないのです、
もともと。でもこういうときはやっぱりせつない・・・)、地味ですが、食べると
おいしいです。

そして、冷蔵庫を見ると…うっ、ビールもない・・・

風邪気味で1週間風邪薬飲んでるので、なんと、先週も水曜日以外アルコールを
口にしていない私。爽健美茶で手羽つまんでるけど、も、物足りない・・・

最大の買い忘れは、ビール!?


しかし、勝手に素材をいろいろ変えちゃったけど、ふっくらと香ばしく仕上がりました。
まゆみさん、レシピいただきました。今度こそ、レシピどおりに!と思いつつ
今、1本だけ食べてガマンしてます。
しばらく置くと、また落ち着いておいしくなりそうな感じなので、なんとなく。
[PR]
by tohko_h | 2007-02-25 20:04 | cooking

今日は、朝からてきぱきモード。
旦那さん外出中なのですが、早く目が覚めちゃったので
洗濯と掃除をガーッと。
お風呂をキレイにしてから、
最近サボってたトイレを集中して掃除。

実はトイレ掃除って好き。
狭い空間にトイレがあるだけなので、ひたすら磨くだけ、
というシンプルさが好み。
よく、妊婦さんがトイレ掃除すると美しい赤子が生まれるという
言い伝えっつーか迷信を聞きますが、現在、妊娠してないので
ぜひ、掃除した本人に美をお願いします、トイレの神さま(笑)!

そして、ぴっかぴかに磨いたトイレ(洗剤革命を水で溶いたスプレーと
夫の古いTシャツを切った物を用意して)を前に・・・

トイレ、行きたい・・・

しかし、磨きたてだし、もうちょっと洗剤浸透させるまで流したくない・・・


というわけで、自分の家で日曜日のんびりしつつ、ひそかに1時間半ほど
トイレをストイックにガマンしておりました。

その間に、ご飯を炊こうと思ったら、米びつにあとギリギリ2合。
炊き込みご飯のもとがあったので、たけのこご飯(インスタント)を用意。

こうして、家事を始めると、いろいろギリギリになっちゃうのよねー。
給料日前ってことで、家計的にもギリギリだったり(笑)。
[PR]
by tohko_h | 2007-02-25 14:00 | happening

a0079948_23114511.jpg

昨夏の甲子園で優勝した早稲田実業の斎藤佑樹投手(18)が、
東京都新宿区の早大キャンパス内で行われた、
早実の早大推薦入学決定通知書交付式に出席。
教育学部社会科への入学が正式に決まり、「いよいよという気持ち」と
満面の笑顔を見せた。
大学生活への期待を聞かれると「野球はもちろん、あらゆるジャンルの
ことに挑戦したい」。将来の目標はプロ野球だが、
「活躍できて一生暮らせればいいけれど……。第2の人生も考えて」と、
教員免許取得を目指すという。
また、アナウンサーなどメディア関係の仕事にも興味があると打ち明け、
取り囲んだ報道陣に「よろしくお願いします」と「佑ちゃんスマイル」で
売り込むことも忘れなかった。   毎日新聞 2月24日18時43分


プロ野球選手以外の進路も考えてるんですね、斎藤くん。
これで、斎藤くん争奪戦にマスコミ各社も加わることになるのかな。
やっぱり、プロ野球選手・斎藤佑樹が私としてはぜひ見たいんだけど・・・
とりあえず、合格おめでとうございます。
[PR]
by tohko_h | 2007-02-24 23:12 | baseball

少女漫画とかのお約束パターン。
絵とか写真をたしなむ男が、ヒロインをモデルにした写真(肖像画)を
描いて(撮って)いたのを、ヒロインが見るシーン。
男は、外国に行ったり死んだりして、ヒロインとは行き違いだったりして。

見せてくれる第三者「○○君(作者)らしい、いい絵(写真)だろ?」
ヒロイン「ううん・・・私、こんなにきれいじゃないわ」
第三者「…いや、きれいだよ。描き(撮り)手の愛情がこもった
すてきな絵(写真)じゃないか…」
ヒロイン「私、馬鹿だわ。こんな風に愛されていたなんてわからなかった。
キャンパス(フィルム)の中で私、なんて幸せそうに微笑んでいるのかしら(遠い目)」

こんな感じで、画家やカメラマンが被写体を愛してると美しく
生き生きと作品が仕上がる、というのはお約束ですが・・・

私も、愛するものを撮影したら、やっぱり素敵に撮れました(笑)↓
a0079948_246308.jpg

このおいしそうなトンカツは、かつ玄(丸ビル)の越後もち豚厚切りロースかつ膳です。
トンカツ好きな私の、都内一押しのお店、ということで、appleさんと一緒に
ある日、ひょこっと行ってきました。

初めてお目にかかったときは私が水玉つぶつぶ模様のブラウス着てたんですが
この日はappleさんがキュートなつぶつぶワンピースで登場。
優柔不断な私は「うーん、ロースかなあ、ひれかなあ」と悩んだのですが、
元気に「やっぱロースしかない」ときっぱり断言するappleさんと一緒の
セレクトにしました。この越後もち豚の定食は、2300円とお安くないのですが
ソースや芥子のほかに、お塩が2種類ついてきて、それが美味しいの。
a0079948_2464115.jpg

左の純白がヒマラヤの塩。右の褐色系が、大葉玄米塩。

ヒマラヤの塩のほうは、とにかくきめが細かくてパウダースノーみたい。
岩塩の一種らしいです。
とんかつにふりかけると、見事にさくさくの衣の隙間に入り込んで、
お肉の甘みと衣の香ばしさをグッと引き出してくれます。

そして、大葉玄米塩は、天然塩に大葉と玄米をブレンドしたもので…
玄米のせいか、とっても香ばしいのです。そして風味がふんわりと
していて、やはりお肉の味を100%生かしてくれます。

というわけで、愛するトンカツを前に、appleさんとガールズトークをして
それから丸ビルから有楽町あたりまでぶらぶらして、お茶して解散。
3時間以上おしゃべりしてたのに、まだ話したり無い気がするくらいでした。
どうもありがとうでした!

ちなみに丸ビル、現在改装中で、春のリニューアル後には、
コールド・ストーン・クリーマリーや、ロフトなどが入るみたいです。
ますます楽しい寄り道コースになりそうです。
[PR]
by tohko_h | 2007-02-23 15:48 | eating&drinking