<   2008年 12月 ( 41 )   > この月の画像一覧

a0079948_14515367.jpg
「白馬山荘殺人事件」
東野圭吾
1年前に旅先のペンションで死んだ兄。
自殺? それとも誰かに殺されたの?
女子大生の菜穂子は、友達の真琴に
頼んで、一緒に宿を訪れることに。
兄の死んだ日に泊まっていた常連や
従業員がみな揃う日を選んで出かけた
ふたりは、調査を開始する。それぞれの
部屋にマザーグースの詩の名前が
つけられており、そこに何か秘密が
あるようだが・・・
そのとき、新たな殺人事件が!?


デビュー直後の東野作品。女子大生コンビに雪の山荘にマザーグース、
みたいな、赤川次郎っぽい設定に、理系の東野氏らしい凝った(凝りすぎ?)
複雑な密室トリック。
しかし、「容疑者X」の泰子とか、「白夜行」の雪穂など、人間らしく魅力的な
ヒロイン(それでも男性の理想像っぽすぎると賛否分かれてるようですが)を
描いている今の東野圭吾とは別の人が描いたような魅力のないヒロインに
がっかり&びっくり。
美人でか弱くて、もう一人の友達の真琴(背が高くてボーイッシュで頭が
良くてしっかりもの)に頼り切って「ねーなんとかしてー」みたいな依存心の
強さにイライラしました。

ちなみに「ガラスの仮面」読んでても、ボーイッシュな美人の
劇団仲間・青木麗ちゃんと一緒に暮らして日常の雑事とか全部
押し付けてそうなマヤがあまり好きじゃなくて時々イライラしてます(笑)。

って、今年最後のブログの更新がこれでいいのか・・・?

今年の読書的収穫をまとめて総括。漫画も。

☆角田光代アレルギーがだいぶ薄まってきた(彼女の
描くキャラやお話が俗っぽくなってきて好みに近づいてきた)

☆東野さんのガリレオ、ドラマも面白かったけど活字でも楽しめた

☆五十嵐貴久さんの小説が結構面白くて気に入った
(「年下の男の子」はドラマ化希望&漫画化もいいなー)

☆たまたま読んだ「ハゲタカ」原作本が面白かった(経済小説なんて
めったに読まないのに!)

「聖☆おにいさん」との出会い

☆あ、いまさら読んだ「君に届け」もよかった

これくらいかな。さびしかったのは、氷室冴子さんの訃報です。
ずっともう、小説は書いてなかったんだけど、いつか好きなシリーズの
続きとか、そうじゃなくても、唯川恵や山本文緒みたいに恋愛小説の
書き手としてドカン!と新作読めるといいな、と淡い希望はあったので。

年明けは、結構ネットで評判のいい茶道小説を読む予定です!
来年も素敵な本との出会いがありますように。
そして、自分自身も、1冊でも多く素敵な本を書店にお届けできますように
というか、出してゆく本を素敵な本にできるように、がんばります。
[PR]
by tohko_h | 2008-12-31 15:08 | reading

木村会納会

今年の飲み納めは、やっぱりこの方と!
来年に悔いを残さないために、そして、「竜馬伝」の主演が福山さんだった
ことを笑顔で喜べるように、木村会の納会はおいしいところでやりたい、と
私が半ば強引にお誘いしたのは、2年前に友人と行った「もつ鍋 みつる」です。
a0079948_933581.jpg


すごくおいしいんだけど、予約を受け付けていないため、
行列覚悟でいかなくてはならないために、なかなか頻繁に
行けないのが惜しい感じ。場所は新宿のはずれと大久保の間。
歌舞伎町のホストクラブエリアからちょっと行ったところにあります。

行く途中にはこんなビルが・・・この入り口、最近までやっていた
ドラマ「ギラギラ」の舞台になってたホストクラブの入り口に似てますよね?
ここでロケしてたのかなー(ドラマの上では六本木の設定だったけどね、
蔵之介さん演じる公平さんが働いていたお店があるのは)。
a0079948_9335939.jpg


開店は18時だったんだけど、その1時間前に集合してお店の前の
待つ人用のいすに座ってふたりでお話をしながら待ちました。
kasumixさんのボブカットが本当に素敵で(彼女は目鼻立ちがはっきり
しているので、シンプルなスタイルが映える←ぼんやり顔の私がボブっちゃうと、
こけしかaikoになりそうでハイリスク)、最近、宮崎あおいと昔の松島菜々子で
ボブ願望が強いんだけど、ますます、ヘアチェンジ願望が・・・

なんてうらやましがってるうちに、開店!
雑居ビルの廊下という寒いところで一緒に待ってもらっちゃってすみません、
といいつつ、冷たい生を頼み、スジ煮込みで乾杯。
コラーゲンナイトへの幕開けに相応しい一皿です。ご飯の上にざばーっと
行きたい衝動にかられる甘辛味。
a0079948_9335815.jpg


そしてお楽しみのモツ鍋です。こちらのお店はしょうゆ味only。
もつにキャベツにニラにえのき。丸ごとのにんにくはにおわないタイプなので
これももりもり行っちゃって大丈夫!
a0079948_933588.jpg


火を通してくたくたになったところでいただきます!
a0079948_9335956.jpg


木村さん研究家であると同時に、モツ鍋研究家としても活躍中の
kasumixさんのジャッジによると、しょうゆ系のおいしいお店である
新橋のがんこと同じ味の方向性でおいしいとのこと! よし、
がんこね、と心の中でメモメモの私。
ここのしょうゆ味って、濃くも薄くもなくて、飲めるくらいちょうどいい味。
おおぶりのモツは、脂っこさはおさえめ、そのぶん甘みが前面に
感じられておいしいです。

ちなみに、最初に2人前頼んだのですが、更に1人前追加、その後、
ちゃんぽん麺をいただいて(シンプルしょうゆ味にキャベツやモツのだしが
にじんだところを逃したくないもの!)、最後はやはり高円寺。
半額ドリンクをyanyaでいただきつつ仕事の話など。
あと「聖☆おにいさん」の好きな場面の話は、ほとんど丸暗記してた
ことがお互い発覚。

そうそう、木村会としては、大河の夢は破れたけどきっともっとゴージャスで
素敵なお仕事が来るに違いないわ、だって木村さんだもの、という結論に(笑)。

で、帰り道にひとり考えたのですが・・・
「聖☆おにいさん」の実写ドラマのイエス役のオファーがこないかしら!
ジョニデを意識しまくりな演技とか、うまそう(笑)。
ブッダは癒し系のクサナギさんで(笑)。

ちなみに、コラーゲン祭りのお楽しみ、次の日の肌調子ですが・・・
美容液つけて寝た翌朝より、内側からつるんとしてる感じ。
スジやモツのおかげももちろんあるけど、kasumixさんとの
おしゃべりのデトックス効果が大きかった模様。ありがとうございました♪
[PR]
by tohko_h | 2008-12-30 22:33 | eating&drinking

犬神家の3姉妹が愛人の女性を殴るシーンがコントみたいで笑えました。
あの映画はあれが一番の見所ってことでオッケー??
菜々子は顔もきれいだけど脚も声もきれいでいいなー。
彼女も奥菜恵も映画の中ではボブカットをしてて、また髪の毛をばっさり
やりたくなりました。
しかし石坂浩二がちゃんと年齢不詳の金田一を演じててびっくり。
ドラマによっては老人役も(まあ年齢相応なんだがそっちのほうが)
やってるのに。俳優さんってすごい。

年末年始って、ゴールデンはもちろん深夜でも結構面白い映画を
たくさんやってますよね。
28日~29日にかけての深夜、というかあけがたに「初恋のきた道」を
やってて、眠いけど最後まで見ちゃいました。チャン・ツィイーのデビュー作。
おさげで田舎くさい服を着ててもすごい美少女!
彼女が、村の学校に来た男性教師に惚れて、一途に初恋を貫く話なんだけど
好きな人のために作る料理がおいしそう。彼女の自信作らしい料理
「きのこ餃子」という名前が、せりふの中に出てくるだけでおなかが・・・
餃子は確か香港かどこかではお正月を祝うおめでたい料理だったとちらっと
聞いたこともあるので、新年会は餃子イベントを立ち上げようっと!
[PR]
by tohko_h | 2008-12-29 09:24 | watching

みのさんGJ!

TBSの朝ズバッ!で、司会のみのさんが2008年のニュースを一気に
振り返るコーナーを見ていたら、橋下知事について以下のように
みのさんがコメント。

確かに彼の言葉は時々過激です。でもだから伝わりやすいし・・・
ちゃんと怒ってるってわかるから。
怒りを忘れた政治家はだめです。ほかの国会議員の中とかにそういうのが
いっぱいいる中で、彼はちゃんと怒ってる。

みたいなことを言ってました。
私も知事の、バラエティ時とは違うコワモテ強気発言とか、
やはり政治の世界での日本語とかキャラ設定っていろいろそりゃあるよなーって
思ってたけど、やっぱり、悪く書かれたりたたかれたりしてるのを見てると
ファンとしてはつらいなーってときもたまにあったんだけど、
「怒ってないとだめだ」っていうみのさんの言葉で、なんかすっきり。
怒りなどのネガティブな感情を時には露に見せて、嫌われる覚悟もしつつ
1年がんばってたのを、みのさんはちゃんとわかってたんだな。

橋下知事もすごいけど、みのもんた氏もすごいや(私はもともとみの氏の
通俗性とか好きだったんだけど今回惚れ直したよ、みのさん)!
[PR]
by tohko_h | 2008-12-29 09:12 | HashimotoGovernment

今日のおやつ

a0079948_1793244.jpg

a0079948_1793227.jpg

近所のコンビニで塩キャラメルシュー。あたりです、これ!

ちなみに、先ほど、フジテレビで「今年のアスリート総決算」という番組があった。
水泳北島、オリンピック上野、陸上朝原(敬称略)と並んでスタジオに座ってた
浅尾美和が居心地悪そうでかわいそうだった。同じ「今年活躍したアスリート」って
いうくくりで呼ぶほうもちょっと酷い。

しかし、スポーツ番組にまでゲストで食い込んでくる関根勤。
やっぱり苦手だ。あの周りに気を使わせて、自分はすごく面白いことを
言ってるんだぞって自信たっぷりのままで居続けられる無神経さが。
ついでにベッキーの廉価版みたいな元気の押し売り系の娘さんも
売り込んじゃったちゃっかりぶりが。上司にしたくない有名人NO1だわー

みたいなことを言っていたら「名をちゃんと上げた人にお前がなんで
そんなこというんだ」と旦那氏から説教を食らう。
芸能人でもリアルでも、周りに気を遣われる価値が自分にある、と
迷わず思って堂々としている風情の人って苦手。
というと、じゃあ、キムタクなんて一番ダメっしょ、と突っ込まれそうですが(笑)。
彼は、気を遣われていることにまだ気づいてすらいない・・・それ以前の
位置にいるからまだ今はいいかなーって感じ。
[PR]
by tohko_h | 2008-12-28 17:09 | eating&drinking

memo

キヤノン IXY DIGITAL 20 ISなら、キャメルかチョコレート色。

ニコンCOOLPIXだと、S520のベージュゴールドがいいかなぁ。
新しいタッチパネルのは結構使いにくそうだし。
[PR]
by tohko_h | 2008-12-28 07:45 | shopping

立ち読みした「モーニング2」に、3月発売って書かれてました。
待ちきれない。待つけど。
[PR]
by tohko_h | 2008-12-27 23:32 | favorites

ぶっちゃけ、ブログ存続の危機です!
我が家のパソコンのウィンドウズがいかれ、インストールしなおしたところ、
以前のデータ、がっつり消えました。
昔やってたブログの文章とか、ちょっと手慰みに書いてた小説まがいとか、
ブログのための写真がごっそり・・・そしてネットの「お気に入り」で
管理していたfavorite blogへのアクセス・・・号泣です。

更に、これは自業自得ですが、私のファインピクスについていた
ソフトのCD(それをパソコンにダウンロードすることによって、
撮影した写真を取り込める)が見つからず。ということで、まあ、
カードに残ってる分はいいんだけど、友達と行ったランチとか
結構消えちゃったよう(涙目)。

というわけで、ついでに年末調整で戻ってきたお金でデジカメでも新調
しちゃう?とサイトを調べまくってみたりしております。やはり
木村さんリスペクト(笑)してニコン? でもキャノンのIXYの安めのくらいで
十分だよなあ私の場合。とかやってます。

さて、先日、池袋西武のクリスマスセールで買った靴の話。

普段はスカートかワンピ、ジーンズは1本も所持していない、という
洋服だけは(!)割と女性的なワタクシ。
それにあわせるものだから、靴もパンプスが多くなります。
足の裏やかかとの犠牲や負担は相当のもの。足裏については
体重減らせばいいんだけどね(苦笑)。
スニーカーみたいに歩くの優先の楽な靴がほしい!と思いつつ
服と合わないので無理無理!って感じでした。
ところが、デパートのスポーツコーナーをふっと通りかかったら、
こんな靴を発見。しかも4000円ちょいまで値下げされてました。
a0079948_659139.jpg


これ、PUMAのシューズなんです。
ギンザドオリ ウィメンズという名前のパンプス風のシリーズらしい。
はいてみるとやわらかいし、エナメルレザーのモノトーンというのは
私の好みにぴったり。早速、スパッツとスカートとニット、という
カジュアルな服装の足元にあわせてみたりしました。
楽だわ。今日は会社で長丁場!みたいな時は、特にいいかもしれない。

というわけで、自分でも意外なPUMAの靴がmyシューズボックスに
加わったのでした!
・・・と書くとかわいいけど、実際、私の靴は、シューズボックスに
落ち着くことなく、出番が多いものほど、玄関のたたきにいつも
散らばってにぎやかに自己主張しております(笑)。玄関先で
神経衰弱大会できる勢い←来年の目標は整理整頓だな、と毎年
お約束の新年への誓い。
[PR]
by tohko_h | 2008-12-26 09:58 | shopping

丸の内サディスティック

メリークリスマス!!!!!
皆さんはいかがお過ごしですか? 一般会社員のワタクシにとっては
イブはただの水曜日で、今日はただの木曜日(笑)。
「明石家サンタ」と「あらびき団」どっちを見るか悩んでいた旦那氏を
尻目にさっさと寝ちゃいました。子供がいれば、根性で眠くても
サンタになりきるために起きてるんだろうけど・・・(笑)。

あ、でも、共働きバリバリで、お子さんは保育園、という友人一家は
「25日の朝におもちゃを発見しても保育園に行くのが遅くなっちゃうし
遊べないからかわいそう」という理由で…
「○○君、パパとママ、イブは忙しいから、サンタさんはやめに頼んでおいた」
という設定変更をして、22日夜にプレゼントを仕込んだそうです。
こういう柔軟性、イイと思う。

そうそう、サンタといえば、M-1で、サンタクロースはいないんだよ、という
オチの漫才をやった人たちに対して、ネットで「家族で見ていてリビングが
フリーズした」みたいな声があったんだけど・・・
漫才を面白がるくらいの精神年齢になってたら、サンタがいないことに
さほどショックを受けない気がするんだけど…でも確かに、19時からじゃなくて
21時ごろの大人時間でスタートしてもいいかもね、M-1。
以前、サザエさんでも「サンタさんは実在しない」というネタをやったら、フジテレビに
たくさん抗議電話が来たようですよ。そんなの「あの家(いその家)の子は
わがままだから来てもらえないんだよ」とでも言っとけ、と、子供もいないし
自分も子供卒業しちゃってる私なんかは思うんだけど、当事者にとっては
もっとサンタって切実なものなんでしょうね。
…と、子ども読み手がいなさそうなブログなので書いてみました。
良い子のみなさん、このブログは悪い大人が書いているので、
嘘です!←万一のためにフォロー

さて、そんな汚れちまった大人、のワタシ。
欲にまみれている私。どうしてもこらえない欲は、物欲と肉欲…なんて
書くと、速効エロいトラバが付きそうですが、違うの、本当の「肉」欲。

というわけで、先日、突然襲われたのです、いてもたってもいられないほどの
「肉食べたい! しかもとんかつ!」という欲望に。
というわけで、丸ビルで妹と待ち合わせ☆
ところが、妹、10分遅刻するとメールがありまして。
仕 方 な く、地下1Fのシェトワでウィンドショッピング…
のつもりが、理想のワンピース(年に何着出会うんだ!)と遭遇。
黒にオレンジとかグリーン系の小花模様で昔のアニエスっぽい感じ。
ちゃりーんとお買い上げしたところで、妹登場。手元の紙袋を見て
絶句してました・・・。

というわけで、本命のとんかつ屋さんかつ玄へgo!

今日は、お2人様何もかもひっくるめて5000円のセットで!

ソフトドリンクかグラスビールが選べるということでまずはこれ!
a0079948_856457.jpg


こちらはもりあわせ膳。海老フライとメンチカツとチキンカツ。
a0079948_857284.jpg


ちゃんと海老フライにはタルタルとかもついているし、さっくりしていて
おいしい! 
a0079948_8571584.jpg


そして、越後もち豚厚切りロースかつ膳
a0079948_857326.jpg


ちょっと寄ってみましょう・・・
a0079948_8574914.jpg


もっと寄ると・・・ほんのり芯が桜色ぎりぎり、みたいな感じの火の
通り方が絶妙。2種類の塩で食べると本当においしいの。
ソースとからしもいいけど、ここの塩で食べるスタイル大好き。
a0079948_858462.jpg


他にも茶碗蒸し、御飯、おみそ汁がついてきます。
a0079948_8582024.jpg


ロースかつ膳だけで2000円以上するので、ビールこみでかなりお得。
ふたりで行くときはお勧めです。

更に、軽くお茶でもしていく?ということになりました。
この時期の丸の内~有楽町は、ライトアップとかしてて人手が普段より
やや多め。どこか落ち着いてお茶なんてできるかな…といいつつ
お隣の新丸ビルのカフェに向かうと、窓際の席がありました。
PG Cafe Paris(新丸ビル店)…PGというのは、
フランス三ツ星シェフ、ピエール・ガニェールのイニシャルです。
そのピエールが(なれなれしい)プロデュースしたカフェは、夜は
ワインバーとしても便利なお店。クリスマス直前ということで、
店内はオレンジに飾られており、ヴーヴクリコ祭りをやってました。
思わずグラスシャンパンとデザートのセットに心惹かれましたが、
もっと魅力的なデザートを発見!

とりあえず、あたたかいコーヒーとのセットにしました。
a0079948_858352.jpg


こちら、ラズベリーソフトです。パフェと比べて装飾がシンプルだけど
なんかおいしい。寒い季節のアイスデザートってなんか好き。
a0079948_8585050.jpg


こちらは妹がオーダーしたチョコ味。
a0079948_859434.jpg


テーブルにはこんな可愛い砂糖もおいてありました。
a0079948_8591984.jpg


次回は飲み屋としても使えそうです…ふふふ。
[PR]
by tohko_h | 2008-12-25 13:05 | eating&drinking

a0079948_14315878.jpg
「太陽の坐る場所」 辻村深月
セーラー服の少女たちの
暗い表情のカバーイラストと
帯のあおりの「10年目の
クラス会/よみがえる
「教室の悪意」」というあおりに
つられてつい手にとった1冊。
なんでなんでしょう。
皆が優しくて一生懸命に
生きている、みたいな健やかな
小説も好きなんだけど、こういう
読む前から、ネガティブですよー
というにおいがしている本を
無視できないのは(苦笑)。


物語は、現在と10年ちょっと前を行きつ戻りつしてゆったりと
進行していきます。28歳になったある高校のクラスメートたちが
同窓会に、女優になった「キョウコ」を呼びたくて何度も誘い
出てきてもらうために作戦会議をしたりする、というパートと、
かつて彼らが高校生だった頃の教室内の人間関係を描いたパート。
その2つの流れがからみあって、次第に、同窓会にこだわる皆の
本音や、高校時代に彼らを傷つけたある出来事が明らかになります。

一応、なぞとかどんでん返し的要素も書きこまれているし、
帯にも「傑作ミステリー」と書いてあるので、ジャンル的には
ミステリーなのかもしれませんが、読み手としては、謎ときより
執拗に描きこまれる心理描写的部分に惹かれることが多いのでは
ないでしょうか。グループの女王様にへつらうために地味な友達を棄てる子、
自分が華のない女でいることを気にしていないふりを続けて、マイペースな
しっかりもののふりをしている子、などなど、教室で必死に自分の位置を
そう悪くない場所に据えたくて必死で立ち回る10代の少女の切実さは、
大人になっても続きます。たぶんその輪から離れない限りは。
そのしつこいほどの息苦しいい人間関係を描いた小説としては
面白いかもしれません。最後は結構あっさりした終わり方だったけど。
[PR]
by tohko_h | 2008-12-24 14:43 | reading