「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 01月 ( 50 )   > この月の画像一覧

a0079948_2034014.jpg
博士の愛した数式
2005年
監督・脚本:小泉堯史
原作:小川洋子
撮影:上田正治、北澤弘之
音楽:加古隆
出演:寺尾聰(博士)
    深津絵里(家政婦)
    齋藤隆成(ルート)
    吉岡秀隆(のちのルート)
    浅丘ルリ子(博士の義姉)


原作の小説は読んでいた。
家政婦のシングルマザーが、事故の後遺症で
80分ごとに記憶を失ってしまう老数学者の家に行き、
彼から数字の楽しさ、美しさを教わる。そして、
彼女の一人息子「ルート」は、博士と年齢を超えて
友情を結ぶ。そんな彼らを、隣の家で暮らす義姉(博士の
兄の妻)は冷ややかに見ている・・・
数学オンチの私でも、博士の数字への愛情に胸がぎゅっとなる、
そして、人と人の心が、数字を介して通じ合っていくプロセスの
シンプルでまっすぐで優しい感じが、たまらなくよい小説だな、と
思ったし、最後は少し泣きながら読んだ。
でも、映画は見に行かなかった。
原作の小川さんの文章が端正でなおかつとても美しいので、
映像化したら、ある程度よいものはできるんだろうけど、小説を
読んだときの感動まではいかないだろう、となんとなく思って
いたのである。あと、これといって派手な動きのある話じゃないから
映画バージョンは意外と退屈なんじゃないかしら、とも思った。

でも、テレビで放映されていたのを見たら、もう、これが、いいんである。
原作もいいけど、映画もいい。どっちがよりいいか聞かれたら、困る。
小川さんの美しい文章に惹かれて読み勧めた小説だったけど、
この映画の中にも、汚い言葉は一つも出てこない。
やはり、美しい言葉に満ちている。主役が数字なら、きれいな
日本語は名わき役だ。てめえ、とか、ばか、とか、死ね、と
毎日、どのテレビでもラジオでも日常的に流されてると思うし、
私たちだって心の中で舌打ちをしつつ、そういう汚い言葉を
頭の中だけでつぶやくことは結構あるだろう。そんな言葉なんて
なかったように進んでいく世界。光が美しい画面もあいまって
ある種のファンタジーのようだ。

皆が、美しい発音で、さほど叫んだりわめいたりせずとも、きちんと
相手のほうを向いて、まっすぐな素直な言葉で簡潔に話す。
音楽も、絶対に役者のせりふをつぶすようにはかぶさってこない。
たったこれだけのことだけど、最近の映画やドラマも楽しく見てるけど、
そのへんは、結構荒い作りになってるものも多いので、ある意味
古風な感じさえした。
(「北の国から」でぼそぼそと話してる純=吉岡さんも、学校の先生、
という役柄なのだが、すっきりと聞きやすい話し方で教壇で生徒たちに
授業をしていた!)

物語は、数学教師になったルート(彼の頭を博士がなでたら、平たかったので、
つけてくれたあだ名。「どんな数字でも嫌がらずに自分の中にかくまってやる、
実に寛大な記号、ルートだよ。」と優しく博士は語った)が、かつて、
博士と母親と10歳の自分が過ごした過去の時間を振り返る形で
語られる。博士の愛した数々の美しい数字や、思い出とともに。

この、回想形式っていうの、最初はべただなーと思ったんだけど、
博士とのふれあいで数学を後に愛するようになるルートの目線、というのが
ちょうどよかった。

そして、たった5人しか出てこない主要人物が、皆、役にぴったり。
で、皆、声がきれいなので、いいセリフがよりよく聞こえました。
まさかあの小説がこんなに美しい映画になるとは!
という驚きを差し引いても、よかったです。
黒髪にジーンズにエプロン、という地味作りの深津さんがやたら
可愛かったのも印象的。
[PR]
by tohko_h | 2009-01-31 20:33 | watching

言葉の空気汚染

帰りの地下鉄。

駆け込み乗車に失敗して、ドアに手が半端に挟まるかっこうになった
女性がいた。確かにその姿は見苦しく「往生際が悪いし、はた迷惑」な
ものではあった。で、車掌さんが気づいてドアを開けたら、そこで手を
引き抜いてあきらめるかと思ったら、動いたドアを強引にこじ開けて
乗り込んできたのです、その女性。
(し、しつこいよ~)と思ってみてたら、私の斜め後ろくらいにいた
おじいさんが
「あんた、しつこいんだよ、バーカ。乗ってくんな」と罵ったのです。

たしかに、その女性はしつこい。
あつかましい。
鬱陶しい。
さっさと車両から離れろ。

全部正論です。

でもでも、その、罵ったおじいさんのほうが、私はイヤでした。

車両中の人がおそらく思っていたであろう「何こいつ」な思いを一人が
声に出してしまったせいで、空気がどよーんとした気がしました。

さらにびっくりしたのは、私も、そのしつこく乗り込んできた女性も、
ののしったおじいさんも、同じ駅で降りて同じエスカレーターに乗り込んだ
のです。同じルートで乗り換えるらしい。私は疲れていたので左側
(そのまま乗っている場所@都内)に寄りました。私の前にはさっきの
強引に乗車した女性が。すると、エスカレーターの右側(上る人が
通路として歩いていく場所@都内)から、ずんずんそのおじいさんが
乗り込んできて、エスカレーターの段を上っていき、私の横を通り抜け
私の前に立っていた女性の隣に立って顔を覗き込むようにして「バーカ」と
だめ押しして上っていっちゃったんです。

馬鹿という人がいちばん馬鹿、という言葉を思い出しました。

その女性がマナー違反でずうずうしいのはわかってるんだけど、だからって
あんた呼ばわりしたり馬鹿呼ばわりするそのおじいさん(しかもだめ押しで
電車降りてからもしつこく追ってきてまで)の負の根性というか、そこまで
するかー?のほうが、不快でした。
[PR]
by tohko_h | 2009-01-31 00:53 | drops of my days

先日乗ったタクシーの運転手さん。
50代だと思う、たぶん。温厚そうな声音と雰囲気。
「普段あまり通らない方面なんですが、駅までなら大丈夫です!」
とおっしゃるので「あ、普段はどの辺エリア走ってるんですか?」と
なんとなく聞いてみたら「新宿が多いですねー」とのこと。

「西新宿のホテルとかにつけてることが多いんですよー
ハイアットとかね、外国のお客様が多いので、私も
この年で英語とか必要に迫られて少し練習したんです。
こちらで大丈夫ですか?とか、お釣りです、とか、簡単な
言葉しかしゃべれないけど」と、にこにこ。

「すごいですねー! 日本に居ながらにして英会話が上達するなんて、
滅多にないことだと思いますよ」と相槌を打つと

「娘がね、教えてくれたんですよ、英語。1年だけ留学したんで・・・
よく使う言い回しとか、習ってるんです。今は結婚して、
一緒に暮らしてないんですけどね・・・今週末、御飯食べるんです。
娘の旦那も一緒に」と、うれしそう。

話の流れは極めて自然だったけど、自分が英語を話せるようになって
嬉しくて誇らしいっていう話なのかなーと最初はほほえましく聞いてて、
娘さんの話になったから「英語が習えて嬉しいし、娘を留学させて
よかったー」っていうことなのかな、ともっとほほえましくなった。
で、けっきょく「今週は娘と会って一緒にごはん食べるぞ!」というのが
すごくうれしいんだな、このドライバーさん、と思ったら、なんだか
かわいらしくてキュンとしました。景色のいいお店を娘さん夫妻が
予約してくれたそうなので、天気、回復するといいですね、と降り際に
私も自然に言っていた。こういうおとうさん、いいなあ。
何を話してても、いつも娘さんのことを考えてるから自然に話に
出したくなっちゃう、みたいな感じがとてもよかった。

私は割と、お孫さんとか子供さん、もちろん奥さんの自慢をはにかみながら
する運転手さんって好き。自分の家族関係が比較的薄めなせいか
「孫にクリスマスプレゼントを買ったのにクリスマスは乗務があって
渡せないんですよ」なんて話を聞くと、乗ってる私に言われても、とは
不思議に思わないんですよねー。来年はクリスマス当たらないと
いいですねー。お誕生日は遠いんですか?とか言っちゃう(笑)。

会社に入った時に、当時の上司から、お前も社会人になって、
これからタクシーに乗る機会が増えるだろう。運転手さんの話って
面白いぞー下手な有名人の取材なんかより、と言われたことがあるんだけど
(その人は、運転手さんと仲良くなるためにスーツのポケットに
キャンディとか入れるようにしてたんだって)
確かに、こういう聞かせてもらった方もなんだかにやけてしまうような
トークをしてくれる運転手さんって結構います。以前は、苗字が一緒の
運転手さん(私の旧姓は、ちょっとインパクトがあって、同姓の人って
あんまり知り合いにもいないしなかなかお目にかかる機会がない)と
この苗字の不便さ、縦書きにしにくさなどで盛り上がったことも(笑)。

職人肌で、会社がナビを入れても俺は自分で道路覚えてますよ!
ナビより早いですよ!と、裏道をくねくねいって、確かに想定していた
時間より10分近く早くうちまで行ってくれた運転手さんもいた。
思わず拍手しちゃった。

朝4時まで仕事して、ぬけがらみたいになって乗り込んだら
運転手さんに「この時間って始発のスチュワーデスさんとか
キレイな人乗せることが多いんですよ~。お客さんも可愛いですね!」と
言ってくれて、編集部でつらいことがあったんだけど、お世辞と
1から100まで分かっててもなんだか元気が出たこともあったなあ。

逆に疲れる話になることもあるけど・・・

ダブル不倫の挙句お互いの配偶者を棄てて一緒になった、
という昼ドラばりのどろどろの運転手さん・愛の歴史を一方的に
聞かされて、最後に、最近はやってる演歌(無名だった女性が歌って
ブレイクしたあれ。♪あーこの世に生まれーめぐり逢うー奇跡よ~)を
「おれたちのテーマソングみたいだなって言ってるんすよ」と歌われた。
このときは、ちょっと疲れた(笑)。
しかし、あの歌って、「シルエット・ロマンス」の♪あーあなたにー
恋心奪われてーって歌にサビがそっくりなのは気のせい??

以前、作家の向田邦子さんがエッセイで「車中の皆さま」という
自分が出会った運転手さんとのやりとりを書いていたのがあったけど、
確かに、物書きの人なんかには絶対ネタになると思います。
[PR]
by tohko_h | 2009-01-30 14:49 | drops of my days

池袋西武のトゥモローランドが昨年10月31日にリニューアルOPEN
(つまり売り場が広くなった)して以来、よくのぞくようになった。
ストール2本色違い購入とかしちゃいましたよ、実は(笑)。

先日は、まだセールで残っていたものも眺めつつ、プロパーで
何にでもあいそうなブラウスを悩みつつも入手。
ネイビーと悩んだんだけど(食べこぼし対策(笑))、黒い服が好きなので
黒ボトムや黒羽織りモノと相性がよさそうなこの色をセレクト。
見た目はシルクだけどキュプラなので扱いは楽・・・かな??
a0079948_1453526.jpg


これは、黒のカーディガンとか黒のスカートにあわせて着たい。
個人的には、黒のシフォンのスカートの上にこのブラウス着て、
カーディガンかジャケット・・・かわいい組み合わせはいくらでも
思いつくんだけど、最近体つきがかわいくなさすぎます。
クローゼットにこいつをかけて、ちょっとなんとかしないと。
[PR]
by tohko_h | 2009-01-30 02:04 | shopping

妹とガラスの仮面談義をするために(新刊が出たりしましたし!)
池袋で軽くお茶をすることになりました。
西武側でお茶って言うと、デパートの中にも何軒かあるんだけど、
新しいお店を開拓したくて、普段行かないUCCカフェコンフォートへ。

こちらのお店は、焼きたてワッフルが有名らしいです。

私が頼んだベリーワッフル(コーヒーセットでつけて950円)。
a0079948_2335593.jpg


妹が選んだ季節限定林檎とさつまいものワッフル(セットで1000円)。
a0079948_23361833.jpg


何がいいって、とてもリーズナブルなこと&がらあきにすいていたこと。
池袋西武に隣接しているカルチャースクールのロビーみたいなところに
入っている、というややマイナーな立地条件のせいか、19時という
夜お茶でそれなりに普通のカフェだったらにぎわっているだろうに、
ホントにすいていました。席選び放題みたいな(笑)。

「ガラスの仮面」新刊で私が気になったこと(ネタバレ含む)。
[PR]
by tohko_h | 2009-01-29 23:49 | eating&drinking

a0079948_0185028.jpg

「ビロウな話で恐縮です」三浦しをん

三浦しをんさんのブログが書籍化!
この装丁だったら、嫌いな作家さんの本でも買っちゃったかも、
というくらい、異様にかわいいイラスト。
カバーイラストにブタさんの絵が入っているのは、三浦先生の
弟さんが、彼女のことを「ブタさん」と呼んでいるところから??

ブログに書かれたエッセイをそのまま本に・・・といっても、間には
おまけのコラムが入っており、本文にも三浦さん本人による
脚注がどっさりついてます。というわけで、疲れたときに読んで
「あーやっぱりいいなあ」と思うのでした。

ちなみに、昨年の末に、私、青山ブックセンターの三浦しをんさんの
トークショーにも行ってきちゃいました。書き言葉だけ面白くて
話がつまらない人だったらどうしよう・・・(だって文章がうますぎるから)と
思ったのですが、トークも面白かったです(角田光代さんとの対談でした)。
お嬢様っぽい口調でシビアな話もされるのが面白かったです。
この色白な女性があんなすごい小説を書くんだ、と思うと、作家って
すごいなあ、才能って・・・と、仕事で出会う作家さんとはまた別角度で
感動しました。
[PR]
by tohko_h | 2009-01-29 00:26 | reading

べ、便利だー!

会社の年賀状係としての任務を遂行してきた私ですが、
最後の大仕事、当選番号の確認というのがありまして・・・
番号の控えを見てちまちまやってたのですが、ラチがあかない!
と思ってたところ、ハルコさんの記事ですばらしい
当選番号チェッカーが紹介されていて大感動!

ハルコさん、あれも(私信)これも、ありがとうございました!!

大当たり(下2ケタを入力すれば当選かどうかが
一瞬で分かるスグレモノ)

[PR]
by tohko_h | 2009-01-28 14:01 | drops of my days

紅白酒合戦 

がんこでおなかいっぱいになったあとは、tikitikikiさんが2次会を
ばっちり用意してくれていました♪ ガブ呑み居酒屋新橋バル8
ガブですよ。 I was gayのガブ・・・とはたぶん無縁(笑)。
a0079948_357745.jpg


席は、ドアの脇のテーブル(写真だと出入り口?な感じに見えちゃう
かもしれないけど、もう、異常に落ち着きます。次があったら、また
この席がいいとお願いしたいほど。雨と雪の日じゃなければホント!)。
※写真 ぐるなび
a0079948_16393535.jpg


ドアには、私の琴線にぐっとくる可愛いイラストも・・・
a0079948_3583151.jpg


ガブ飲みという店名に従って、グラスワインをお願いしたら(手前ふたつ。
クイズ。赤と白、それぞれ誰が飲んだでしょう。賞品は特になし(笑))、
たっぷり注いでいただきました。もともとコップの下には小皿が1枚、
というスタイルだったのですが、その下におしゃれテーブルコーディネイトごっこ、
とかいってもう1枚お皿を敷いた結果です(笑)。
a0079948_3572218.jpg


ポテトサラダには明太子がたっぷり。
a0079948_3573892.jpg


こちらは、いぶりがっこ。硬めのお漬物。ワインにも合いました。
a0079948_3575012.jpg


エビとタコのピリ辛ガーリックオイル煮。オーダーの時に、少し酔いが
まわっていたワタクシ、「タコとイカのガーリックオイル煮」というインチキ
メニューを頼もうとしてしまいました、すみません。
添えられて出てきたバケットが、ポテトサラダや次に頼んだコーンとも
合うので急きょ追加とあいなりました。
a0079948_358142.jpg


コーンバターの鉄板焼き。
a0079948_3581391.jpg


というわけで、ワイドショーネタから政治(主に大阪府(笑))の話まで
硬軟取り混ぜて話こみました。
エリカ様と結婚した男性の肩書が「ハイパーメディアクリエイター」なのに
あやかって、次に会うまではお互いに「ハイパー○○クリエイタ―」と
肩書でも用意しておきましょうか(笑)。

いつも会えば4~5時間一緒にいるのに話残したことがあった気がする
帰り道。うーん不思議な集いです。
[PR]
by tohko_h | 2009-01-27 16:31 | eating&drinking

昨日のスマスマ、妻夫木くんがゲストの「ビストロSMAP」ご覧に
なりましたか?? 彼のリクエストは「お寿司とお寿司に合うもの」
だったのに、それでもパスタを出す木村さんの根性って一体なに(笑)?
パスタに対しての彼の頑固っぷりには、頑固で有名なおうし座の
私もついていけません。

でもね、こんながんこは、大好きです(笑)。
a0079948_354391.jpg


というわけで集まりました、いつもの4人
実はこのメンバーでモツ鍋って囲んだことないねー新年会は
それもいっか、という話から、せっかくなら都内で一番おいしいと
噂されているこちらのお店に行きたいと思い予約したのです。
2週ほど前に予約電話を入れたのですがギリギリ、みたいな
ニュアンス。でも現地に行って納得。
新橋駅前ビルの地下にあるこのお店、奥にテーブル席が1個、
手前にテラス風(?)のテーブルが1個(半分廊下)、あとは
ずらーっとカウンター、というバーやクラブみたいな席の配置なんです。
4人なんて、すごい団体になっちゃうんですよね。というわけで
行きたいときは早めに予約or少数精鋭でふたりで攻めたほうが
よさそうです。

中目黒の人気店・鶏小屋の系列店だったりするらしいと事前に知り
ますます膨らむ期待。しかし、前のめりにわくわくしすぎて仕事で
ミスを連発して、私ってば遅れること集合時間から30分近く遅刻
しちゃいました(ごめんなさい)。

しかし、「ごめんね、遅れて」というより先に「生ビールと、レバ刺し」と
叫んでいた友達がいのない私・・・勘忍して・・・(古風な官能小説風お詫び)。
a0079948_354865.jpg


ネットなどで評判のサイドメニューから頼んだ手羽餃子。
餃子フェチも鶏マニアもうれしいジューシーで香ばしい一品。
揚げたてをほおばるがよろし。
a0079948_3541158.jpg


ビールのあとはついつい日本酒に入りました。このメンバーで飲む
ときのささやかな内輪受けのひとつに「杯やマスの下にお皿が敷いてある
スタイルでお酒を出すお店で、どれだ多めに注いでもらえるか」というのが
あるのですが、にごりざけもしっかりあふれています。カルピスにも
見えますが、結構しっかりしたお酒です。
a0079948_3555674.jpg


さて、肝心のモツ鍋です。普通に4人前頼んだらびっくりするほどの
山盛りっぷり。キャベツに隠れてモツが見えません(あとで、底のほうに
どっさり入っていてびっくり&嬉しかった)。
a0079948_354141.jpg


煮えるとこんなに縮んじゃうのです。キャベツのとろけかたに期待が・・・
(私は、もつ鍋って、スープでキャベツを食べる料理だと思ってて
モツはおいしい薬味だと思ってるんですね、極端に言うと。なので
キャベツがちぢむのを見て「たくさん食べるもんね」とときめくのです)。
a0079948_3551171.jpg


というわけでキャベツメインできちんと取りました。その後、モツとキャベツ、
きのこを追加してあと2人前は食べたから・・・6人前÷4人=鍋だけで
ひとり1.5人前は食べた計算。キャベツ限定だと私2人前食べた気がする(笑)。
a0079948_3552692.jpg


そういうわけで、おなかいっぱいになりました。それでも、モツや野菜の
エキスを吸って豊かに育った醤油ベースのスープ(このベースがまた
おいしい!)をそのままにするなんておしい!というわけで1玉だけ
麺もいただきました。
a0079948_3554051.jpg


結構1軒目でいろいろ食べても「まだちょっと店を変えたらなんか食べたく
なるかもー」といつも余力を残しがちなメンバーだったりするのですが、
今回は、心底おなかいっぱい。でも夜はこれから(18時に予約したので
20時前には店を出ていた)だし、と夜の新橋の街に出るのでした・・・

つづく
[PR]
by tohko_h | 2009-01-27 16:22 | eating&drinking

a0079948_1954623.jpg

オードリーの春日氏がここまでビジュアル風に化けられるとなれば
女子を怠けてるわけにもいかないな(笑)。
[PR]
by tohko_h | 2009-01-26 19:54 | drops of my days