<   2009年 02月 ( 56 )   > この月の画像一覧

a0079948_1523951.jpg

突然の死を受け入れられなかった人にだけ与えられる特例。
それは「自分のいなくなった世界を見に行ける(ただし、姿は
生前の自分とは別人に変身した状態で)」というものだった。
しかもタイムリミットありで。

デパート勤務の椿山課長(西田敏行)は勤務中に過労で突然この世を去り、
妻と幼い息子が心配で現世に一時戻ることを認められるが、その姿は
若く美しい女性和山椿(伊東美咲)となっている。

ヤクザの組長の武田(綿引勝彦)は、人違いで殺されたために、息子同然に
可愛がって育ててきた若い者たちが勘違いして復讐に走るのを引止めようと
決意して戻るが、竹内弘実(成宮寛貴)といういまどきの若い男の子の姿に。

そして幼くして死んでしまった雄一(伊藤大翔)も、蓮子(志田未来)という
女の子の姿でこの世に出戻る。彼は、養父母に育てられていたのだが、
実の両親を探したいと願っていたのだ・・・

3人の前に現れる現実は、甘くない。椿山は、妻の秘密を知って傷つくし、
武田のところの若い青年たちはやはり「オヤジの敵討ち」を計画してる
ようだし、雄一の親探しも簡単にはいかなそうな気配で。


という、浅田次郎には珍しいファンタジックな設定の小説が映画化。
平凡な中年男性が若い美女に、というビジュアル的な面白さ(伊東美咲が
西田敏行=椿山のようにおじさんぽいしぐさや口調で演技をするのです!
これがなかなか良かった)を狙ったあざとい作りにも思えますが、
なかなか原作のよさをうまくすくいあげた佳作となっていました。
原作と違う形の、もっとシンプルなハッピーエンドになっているので、そこが
物足りないと思った人はあとから小説読むのもありかな、と思います。
テレビでオンエアされていたので、たまたま見たのですが、また原作を
読み直したくなりました。

この映画の中の伊東美咲が美しくて可愛い! 白いワンピースをすらりと
着こなした様子は、オードリー・ヘップバーンみたいな清潔感があって
本当に綺麗なんだけど、西田敏行が中に入ってるんだなーという風に見える
カット〈しぐさとか口調)がちょこまかあってよかったです。

そして、渋いやくざの親分なのにキラキラの青年になっちゃった風にちゃんと
見える成宮君といい、子供ながらに必死で真実を追いかけようとする志田未来
ちゃんといい、皆すごくハマっていて、もとはおっさんだったんだな、ホントは
少年なんだよねーっていう表情にちゃんと見えてました。

そんな彼らを生前取り巻いていた人たちのドラマも見ごたえがあったし(とくに
椿山の同期入社だったデパート勤務の女性を演じていた余喜美子さんに
ぐっと来ました)、ラストまで見たあとは「死ぬことやそばにいた人に
死なれることははさびしいけど、絶望的なことじゃないな」とちょっと明るい
気持ちになれました。

死者の魂がどうのこうのっていえば、今、テレビ(TBS)で、アカデミーを記念して
滝田監督の「秘密」(ヒロインが広末さん@10代のショートカット時代)を放映
してるのですが、これは、うーん、東野圭吾さんの原作もなんか好きじゃなかったけど
映画もびみょーですね。しかし一緒に見ている旦那氏は「昔の広末のほうが
かわいいよなー」と言ってます〈私はショートカットやめたころからのほうが好き)。
[PR]
by tohko_h | 2009-02-28 15:41 | watching

先週末にひいた鼻風邪が長引いてる。
月曜日に病院に行ったけど治らない!
もらった薬も飲み切ったのにー! というわけで、週末に備えて
再び同じ病院へ。
会社の近くの病院なので、平日じゃないと行けないの(笑)。

結局、この前もらった薬(抗生物質とのどの薬と鼻水止め)に加えて
鼻づまりのときに飲む薬を出してもらった。

お医者様には「そっかー今週いっぱい治らなかったか。なんか、
ごめんねー」と謝られてしまい、なんだかかえって私が申し訳なく
なってしまったほどだった(苦笑)。
まさか風邪が長引いただけで医者に謝られるとは思わなかった!

いやいや、しょうがないんです。私の風邪のひきかたってすごく地味。
熱がばばばっと出るタイプの旦那氏だと、1日くらい寝込むと次の日
しゃっきりと元気になってたりすることも多いんだけど、私の場合
「なんとなく鼻とのどがざらざらとしててせきがしつこい」とか
「体温計で計ると平熱だけど体と頭が火照ってるのが自分では
分かるし関節も痛い」とか、全般的に地味で長いんですよ~どの症状も。

皆さんもお大事に!

※おまけ
都内で雪が降りましたねー。さすがに今朝は手袋とか耳当てが欲しくなりました。
どっちも持って無いけど(東京に来てから手袋をはめる習慣が消滅した私。
札幌では手袋してましたよ)←北海道弁だと、手袋を「はく」というのだけど。
そして、傘さすのがめんどくさい!札幌では、パウダーっぽい雪質だったからかも
しれないけど(てほんとかな、日本海側なんだけど。スキー好きな人とかは
そう言ってるよね)、雪のときは傘ささないで歩いてたからなあ。
[PR]
by tohko_h | 2009-02-27 15:24 | drops of my days

その時ドコモが動いた。

先日、携帯を紛失してしまいまして。

ロックがかかってるようなので、私と連絡先を交換済みの皆さま、
おそらくご迷惑はかからないと思います、すみません。あ、ついでと
言ってはなんですがお暇なときにメールいただけると・・・登録、
助かります>若干私信気味

さて、そんなわけで、新しい機種に変更しちゃいました、携帯。
ワンセグもついてるみたいだし、なんかいろいろ充実してそう
(まあ、使いこなしきれないんですけどね、こういうののオプションって)。
しかも、いつのまに、12回とか24回とかローンで買える(しかも利子とか
つかないみたい)ようになったんだろう、携帯電話って。でも高いものね
最近のって。

で、私、新しい携帯を買ったら絶対に試そう!と思ってたことがあったのです。

ファンになってから何年もの間、私は、パソコンや携帯電話で
「橋下」(敬称略。弁護士とか知事とかそのときどきでいろいろ)と
入力するときに「はしした」と打って変換したり、あるいは単語登録で
「はしもと」で「橋下」が出てくるようにしたり、と、人知れず(笑)
苦労していたんですね(って、なんでそんなにいくらファンだからって名前を
書く必要性があるんだって話だけど(笑))。

でもでも、天下の大阪府知事となってから発売した機種なんです、
マイケータイってば。

ていうことは「はしもと」で変換して「橋下」って一発で変換候補が
出てくるのではないかしら??

なんといっても、現在の橋下氏といえば、日本にたったひとりの
大阪を統べる(ギャグが滑る、じゃなくて。すべるつながり(笑))
知事ですからね。

時代は「橋本」や「橋元」より「橋下」だもんねー(万が一これ読んでる人に
「橋下」以外の「ハシモトさん」がいたらすみません。私の脳内の叫びだと
思ってスルーをお願いします)!!

「ハシモト」で打てばもしかしたらいちばんに出てきちゃったりしてー。

というわけで、メール作成画面とか立ち上げて、早速入力しましたよ。

ところが、は、し、も・・・まで入力した時点で・・・
[PR]
by tohko_h | 2009-02-26 16:50 | HashimotoGovernment

肉と肉と肉の日々

ロハス系の人みたいに「疲れると、体が自然に野菜を欲するのよね・・・
私の血は葉緑素でできてるの・・・」みたいなことをつぶやいてみたい気がする
今日このごろですが、♪にーく にーく にく アブラの子(「崖の上のポニョ」じゃなくて
「腹の上のポニョ」・・・う、うえーん!!)なのですよ私なんてしょせん。
いや、野菜も好きなんだけど「今日はどうしても食べたい、はふはふ」と
なるのは、やっぱりお肉です。

これは、日曜日に旦那氏生誕祭前夜祭として食べた自宅ステーキ。
誰が焼いたかですって? そりゃお誕生日の人本人が(笑)。
買ったのは私だもーん。 イチボっていう結構高い部位(半額でゲット)。
それにしても、クレソンっておいしいね。大人になってから好きになった
ものの筆頭かも(あとはミョウガ。丸ノ内線に乗ってて「茗荷谷」と駅名を
見ただけでちょっとシアワセ・・・)。でも肉があってこそ美味しい野菜。
a0079948_2555646.jpg


こちらは、今週に入って食べた丸ビルのかつ玄で食べたとんかつ。
風邪をひいたので元気になりたくてがっつりと会社帰りに。
てことで普段はヒレ派だけどロースに・・・
a0079948_256869.jpg


断面図はこちら。ここに塩をかけて食べるとうまーい! とんかつに塩、の
組み合わせを求めてわざわざ丸ビルに行っちゃうんだよねー、たまに。
ちなみにこの日はキャベツを2回おかわり。そう! 肉を食べていると
ついでにってのもアレだけどお野菜もたくさん欲しくなってきます。連鎖っぽく。
a0079948_2562273.jpg


こちらは、picotさんの記事で火がついたつばめグリル。
ハンブルグステーキ目当てにわくわくと昨日まいりました。
a0079948_2563354.jpg


でも、何を思ったか、いつもよりおいもが大きいのに感心して(じゃがいも
大好きです)とり忘れたのか、お肉の撮影を忘れてお芋だけ・・・(笑)。
a0079948_2564553.jpg


というわけで、今週はお肉はお休み!ですね。たぶん・・・
[PR]
by tohko_h | 2009-02-26 14:30 | eating&drinking

翻訳

最近、SPAM出会い系メールで、「一般人と知り合いたいタレントさんが
こっそり登録しました」風の文面のがよく来るのです。特定の誰かを
イメージさせてお客を釣る気ホントにあるのか?みたいなビミョーなのが
多いんですが、来ましたよ、あの人風のが(笑)。

J事務所の【HERO】で分かるかな…月曜10時はいつも料理してます(笑)
君にだけ、ぶっちゃけさせてくれないかな。
もうこの世界長いけど…業界の上辺だけの薄っぺらい付き合いにいい加減…
疲れちゃってさ。本当は、家庭もうまくいってないんだ…普段から表沙汰になる様な
付き合いは隠さなきゃだし、俺等が遊ぶ所って大体マスコミが潜んだり
してるから本当、全然安らげないんだ。秘密守ったまま羽を伸ばせる場所を
探すって考えて、君にメールさせてもらいました!このままだと
ストレス溜まって仕事に影響出ちゃいそうでさ…素の時ぐらい【J】じゃない、
いつもの自分でいたいんだ、何かを演じる必要のない場所が欲しいんだ。
秘密を守ってもらえるって事だけは前提なんだけど…俺が楽しい時間に
してみせるってのは約束するよ。話せないかな?返事待ってる。


「HERO」だの「ぶっちゃけ」だの、ミョーに自由にこだわってそうなとこだの、
確かに、このライターさんはがんばったと思う。でも物足りないよ。
この程度の自己主張で足りるわけない(笑)。だいいち「ぶっちゃけさせてくれないかな」
ってどんだけ控え目なんだ。

改訂版

ぶっちゃけ、ときどき、5人乗りのSMAPという名前のバスから
時々ひとりで降りて、羽根を伸ばしたくなることがあるんだ。
眩しそうに舗道から俺たちのバスを見つめてるたくさんの人たちの目が
時々、俺たちを不自由にする。
月曜日の夜にテレビの中でパスタを茹でてるだけじゃなくて
ほんとうの、ただの男の俺。鏡の中の寝癖に苦笑いして、
街ではミニスカートの女の子見てニヤけちゃうような、
そんなただの俺に会いたいと思ったら、メールを投げて
くれないか。きっと空気越しにキャッチしてみせるよ。


うーん、まだまだカタカナ度が足りない気がする。
[PR]
by tohko_h | 2009-02-25 17:59 | drops of my days

まあ、そもそも、「洋」服っていうくらいで、西洋イコール欧米の人の
ほうが似合うんだろうけど、海外の豪華ブランドのドレスなんて。


だって、ファッションショーではこんな風にお披露目されていたディオールが、
a0079948_15553984.jpg


日本の若手女子の中ではかなりカワイイ人が着てもこうなるという恐ろしさ。
a0079948_15555343.jpg


だから、ドラマの撮影があって、最初は行かないんじゃないかと
噂されていた広末さんも結局アカデミー賞の授賞式に行く、と聞いて、
余計な御世話だけど心配だったのですよ。実際にハーフで、
顔立ちもくっきりはっきりのエリカ様でこれだけしんどいってことは、レッドカーペット
仕様の彼女はどんな風なのかしら、とか、楽しみもありつつ。

でもでも、実際のオスカー会場での彼女は、現地の人たちからも、キレイとか
カワイイとかこれは素肌なのか?と評判は上々だったらしい。作品が
賞をとれたことと併せてよかったよかった。

広末さんが着たのはヴァレンティノのこのドレスだったらしい。
a0079948_15564814.jpg


肌と淡いベージュの相性もぴったりだし、カラーレスに近いメイクとも
合っていてお似合いでしたねー。髪の毛もドラマで見るときより
この画像だとダークに見えます。少し落ち着いた色にしたのかなあ。
アクセサリーはヴァンクリだそうです。このネックレスも可愛いよね。
a0079948_15562074.jpg


いやね、米倉さんとか藤原さんとか菜々子さんとか、170㎝こえたモデル出身の
女優さんがロングドレスを着こなしてるのって想像つくんだけど(あとは叶姉妹とか
神田うのちゃんとか毎日ドレス着てそうな人たちとか(笑))およそ160㎝、と
おそらく彼女の年齢だと平均的であろう身長の広末さんがこれだけ素敵に
海外デビューしたというのは、私が割とヒロスエ贔屓なのをさっぴいても
嬉しいことです。私もそろそろ茶髪少しダークに戻してみよっかな。とか
ちょっと一瞬思っちゃいましたよ。
[PR]
by tohko_h | 2009-02-25 15:57 | NEWS

「スコッチ・ゲーム」 西澤保彦 幻冬舎文庫
a0079948_11451227.jpg
自分が高校時代を送っていた女子寮で
卒業間際に連続殺人事件が起きる。
ルームメイトであり恋人だった少女を
殺されたヒロインは、大学に進学し、
そこで出会った仲間たちに事件の
話をして、真相と真犯人まで
たどりつきました。と、文字通り
あらすじそのまんまって感じの
説明になってしまいましたが。
タイトルの「スコッチ」は、事件に
「スコッチウイスキー」が絡むから。


まず、幻冬舎にライトな不満。これってシリーズもののうちの1本なのですね。
帯にも表4(カバーのうしろのこと。業界用語(笑))のあらすじにも触れられて
いないようですが・・・まあ、全部のシリーズの版権をゲットしたわけじゃなくて
これがとれたので、ほかの作品には触れない方針なのかもしれないけど、
なんか、ちょっと不親切な気は正直しました。
調べたら、西澤さん(私は初読の作家さんでしたが)ファンにはお馴染みの
大学生の4人組が中心でなぞ解きをするシリーズがあって、そのうちの
ひとりが本作のヒロインの高瀬千帆らしい。それを知らずに単体でも、全然
読めるんだけど、これだけいきなり1冊わざわざ読まなくても・・・というか、
キャラクターが頭に入っていない状態で読んでいる(シリーズのほかを読んでいない)
人間にとっては、最終章でいきなり千帆の大学の友達がいっぱい出てきて
サークルっぽい雰囲気で謎ときトークが始まった印象が否めない。
唐突なんですよね、事件関係者以外の推理する側の人間の現れ方が。
事件の捜査をする個性的な刑事がそのままひっぱっればいいのに、と
思いながら読んでいたくらいで。

あと、どんなジャンルの小説でも、人間ドラマとしての読み物的オモシロさを
好む私に、この著者が繰り広げる、かっちりとした世界観や謎の深さに
重きをおいたような作風が単純に相性よくない気がしました。
主人公の千帆の、皆が嫉妬するほどの美人でレズビアンで政治家の家の
お嬢様で屈折してて、というキャラクターは魅力的なはずだけど、そういう人物が
事件に巻き込まれて語り手も前半つとめるっていうのは、読む側には
しんどいんですよねー。昔の少女マンガ的な「あまり頭は良くないけど
一生懸命頑張る女の子」とか、赤川次郎的な「活発で事件に自分から首を
突っ込んで普通の子感覚で解決に一役買っちゃう子」みたいなキャラ設定って
続けて読むとまたかよ、って思うんだけど、ミステリーにはハマりやすいのね、と
難しい本作のヒロインを知ったあとではしみじみ思ったり。

以下、ウィキペディア「西澤保彦」の項目より引用。
SF的設定を導入した世界で論理的に謎を解く<SF新本格ミステリー>と
呼ばれる作品を発表し、「ヘン本格の雄」、「アチャラカパズラー」などと
呼ばれる。一瞬頭が痛くそうになるような設定が提示されても、ルールを
がっちり決めた後は論理展開が一貫して明快なため、決して読み難くはなく、
またSFとしてよりはミステリとしての側面が強い。


まるっと文系の私にとってはちょっと遠いジャンルです。私より濃いミステリーが
好きな妹にでも読ませて感想を聞いてみるとしようかな。
[PR]
by tohko_h | 2009-02-25 11:48 | reading

「情夫」藤堂志津子

a0079948_2213024.jpg
「情夫」
藤堂志津子
青春時代の過ちは美しい。
あるいは少し滑稽で愛らしい。
傷跡が深くても、すぐに
かさぶたは剥がれ、また
綺麗な皮膚で生きていける。
だけど、「おとな」になってからの
過ちや躓きは、そうはいかない。
そんな、危うい世代の、アラフォーの
その先の女たちを描いた短編集。


「情夫」
20歳から45歳まで、お互いに割り切った関係を続けてきた高校時代の
同窓生だった一対の男女。体の相性がいいから、という理由で、
お互いに恋人や配偶者とめぐり合い恋愛や結婚をしていても、
それはそれで逢瀬を重ねる、という気楽な付き合いを選んだふたりの歴史。

「おとうと」
飲み屋の隣の席に座っていた女に「弟を紹介したい。すごくモテるので
物書きのあなたに会わせたいの」と言われたライターの女性。しかし
現れたのは凡庸な青年で、どこが魅力的かよくわからず・・・ところが
彼には、ある瞬間フェロモンがいきなり立ち上り・・・

「ランチ・タイム」
小説家になった女性と専業主婦として子育てを中心に暮らしてきた同級生の
女ふたり。「平日の昼間って、会社勤めしてないからお互い良いんじゃないかしら」と
ランチ会を2ヶ月に1度共にするようになる。穏やかな2人の会話。しかしある日
ゲストとしてやってきた第3の女が空気を壊す?

「男遊び」
いきつけのヘアサロンのシャンプー係の青年を食事に誘ったおとなのヒロイン。
彼の似合っていないストールなどにいらだちながら、退屈なデートに
後悔の気持ちでいっぱい。早く切り上げようと思う。ところが、意外な
展開になって・・・

「エスコート」
お金には困らない投資などで資産を手にした一人暮らしの女性。身の回りの
世話を頼むために高額な自給でひとりの男を雇い、買い物や食事の相手を
頼むが、彼のほうからもとんでもない頼みごとが・・・?

大人になっても、人を見る目が十分養われているはずでも、つまらない男に
ひっかかったり、女同士のうんざりするやり取りから逃れられなかったりする
主人公たち。彼女たちは、ひとりで自由に生きたいと思う気持ちと同時に
ほんとうのひとりはいやだ、という気持ちがあり、つまらぬ人間関係と
わかっていても、なんとなく続けていってしまうのかも、と思った(あ、
表題作「情夫」の男女関係はそれともまたちょっと違うけど)。
[PR]
by tohko_h | 2009-02-25 02:37 | reading

こんにちは、もしも今日カラオケに誘われたら「おふくろさん」と
「ボヘミアン」しか歌えないような声になっております。
電話で話している仕事相手の方に心配かけちゃったりして、
ほんとうに申し訳ないったらありゃしない。はやく風邪治らないかなー。
健康っていいね。
便秘薬のCMみたいに、朝ぱーっと起き上がって窓を開けて
深呼吸して野菜をバリバリ食べたり、そんなさわやかな目覚めを
したいものです。今朝は関節の痛みとのどの痛さと旦那氏の
「誕生日に女の子から来たメールは結局5通どまりだったよ~」という
酔っぱらい報告で最悪の目覚めでした。しかもそのメールはすべて
要約すると「お店に遊びに来てね」だそうだ(笑)。

今は、ほぼ毎日立ち寄る場所となっているコンビニエンスストア。
当たり前のように歩いていればどこかにあるもんだ、というのが
現在の感覚だけど・・・今みたいに、コンビニがあちこちにあって、
ちょこちょこ買い物に行くようになったのは、いつごろだったかな。

と、ちょっと思い出して見ると、中学の途中でした。それまでは
学校の近くに必ずある、学校指定のノートとか制服のネクタイも売ってて
パンとかお弁当とか雑誌とかも売ってる、町の酒屋さん+雑貨屋さん、
みたいな「○○中学御用達」みたいな「商店」で買い物していました。
生徒も先生もみんな顔なじみ、という独特の立ち位置の店。だから
店員のおじさんやおばさんがなれなれしくて、ちょっと苦手だった(しかも
学校と自宅も近かったので、親もその商店でちょこちょこ日用品を
買っていたのでますますフレンドリーに扱われた)。テストが終わった日に
雑誌買いに行くと「あらあら、試験終わったからマンガやっと読めるのね」とか
レジ打ちながら言われたり的な親しげな声かけがいやでいやでたまらなかった。
第三者的にはほのぼのした雰囲気だろうし、近所の中学生に積極的に
声をかける店員のおばさんって、非行防止の観点からすると、すごく
地域に貢献してる気はするんだけどね、今思うと。

でも、うざいと思いつつ、通学路にはほかに店もなかったししょうがなく
そのうざい店で買い物してたんだけど、ある日、できたんです。
ローソンが! おにぎりをお店で買うというのもすごく非日常な気がして
部活でお昼がいるときとか、お弁当を作ってもらわずにあえて300円とか
もらって、パンと缶のお茶とか買って喜んでいた気がします。
そのころのコンビニって、こんな風においしいデザート売られていたっけ?
a0079948_9431696.jpg


こちらのエクレア、「行列のできる法律相談所」で紳助さんが紹介してから
バカ売れが続いているファミマのエクレアです。最初は売り切ればかり
だったけど、今は10コも20コも大量に並べているお店が多いみたい。
私も、たまたま見かけて「これがテレビで話題になってたあれかー」と購入。
確かに濃いコーヒーをいれて食べると、ちゃんとケーキ屋さんで買うような
エクレアとそん色ないおいしさです。すばらしい!
a0079948_9432511.jpg


こちらは、箱が可愛くて買っちゃった麦工房のラスク。
a0079948_9433377.jpg


ブルーベリー味がおいしいと思いました(ほかにチョコレートとかメイプルの
とかもあった)。
a0079948_943465.jpg


ラスクといえば、高校時代、売店でパンを買おうとして駆け付けたものの
すべて売り切れていて最後に仕方なく買ったのが思い出です。1袋60円。
まあ、それすらも買い逃した場合は、学校の外に行くしかなかったのです。
高校の隣に「ラッキー」という大きいスーパーがあって、そちらのパン売り場の
総菜パンが充実していたのでこっそり抜けて行ったりしてましたけど・・・
もしかして、その「ちょっと違反して買ってきました」みたいなのがあって、
よりおいしく感じたのかもしれません。
[PR]
by tohko_h | 2009-02-24 12:47 | eating&drinking

風邪に感謝??

今朝の私ってば、関節痛とぼーっとしたけだるさで目が覚めた。

これって、風邪だよねーどう考えても。
体温計で計ってみたら7度ちょい。
関係ないけど、モテさん(旦那氏)誕生日なのにこの体調不良って一体・・・
冗談で「モテさんのファンの誰かの呪いかもねえ」と言うと
まんざらでもない顔をしてました(笑)。相変わらずおめでたい・・・
ちなみに北大路欣也とか皇太子とか(もしかして嫁運が悪い日めぐり
なのかしらこの誕生日…)亀梨君とか濃い人が多いんですよ
本日生まれ。ついでに、美味しんぼも今日から復活だっけ?
いろいろおめでたくて結構。それはさておき、

しっかり発熱してるじゃん・・・と思いつつ、自宅近くに行きつけの病院がないので
(※かかりつけ、が正確な日本語なのは承知していますが、気分的には
「行きつけ」って感じです、ミョーななれあい感が)
とりあえず会社に向かい、そして、会社の近所のいつものお医者さんへ。

診察室に入ったとたん「お久しぶりー」と笑顔で言われ、お店じゃないのに・・・と
たじろぐ私にさらににこやかに「はいはい、花粉の季節ね。お薬出しましょう」と
言い出すので、慌てて
「あのすみません、熱もあって関節とのどが痛いのです」と必死で説明
(ああ、こんなときブッダみたいな能力があれば、しゃべらなくても伝わるのに(笑))。
それでもメゲない行きつけドクターは「まあ、風邪の話も聞きますよ」って
私が診察受けたいのは風邪なのに・・・というわけで花粉の薬処方決定してから
のどとかやっと見てもらって「熱も出てるんですか?」と一応インフルエンザの
検査もすることに。

インフルエンザじゃないよと安心したかったけど、検査と聞いてブルーになる私。

普通サイズの長さを倍、太さを3分の1くらいにした細長い綿棒を鼻の穴の奥(うっと
なって痛いところまで)突っ込まれて、付着したものを調べる、みたいな検査で
以前1度やったことがあるんだけど、上を向くポーズも間抜けだし痛いし・・・

それから待つこと10分間・・・(検査の結果待ち)。

その間何をしていたかというと、待合室の本を読んでいました。
なぜか、この辺にある大手出版社の雑誌はあんまりおいてなくて、文春と新潮寄り。
なんとなく、文藝春秋がずらっと並んでいる中から「秋篠宮様が天皇になる日」という
特集がされていた2009年2月号(先月号)を選んで
(女性週刊誌チックで面白いかしらとか思いつつ)目次をめくったら・・・

緊急対談 危機の時代に

暴れん坊知事、官と戦う
大阪も国も病巣は同じ大阪府知事橋下 徹/堺屋太一


という素敵記事発見。
検査結果が出るまでに読まないと、と、学生時代の試験問題を必死で読むとき
みたいに速読モードで一気読みしました(笑)。
内容は、とにかく堺屋さんは、外野がごちゃごちゃうるさくても橋下氏のやることを
支持してるので頑張れよ~って思ってるよ、みたいな、味方モード全開の対談。

一番印象的だったのは、知事になって迎えの車に乗って登庁するようになった
橋下氏が、その車の中に新聞が5紙とか用意されているのに気づき、更に
知事室につくと、また机の上に新聞が並べておいてあって(つまり車にもオフィスにも
新聞がずらりと並んでいたと)、かぶってる、無駄だな、と思い、府庁内で
とっている新聞とか雑誌のいるいらないを再検討したら、年間でそれだけで
8000万円の無駄がなくなったというエピソード(まあ、出版物の売り上げでお給料を
もらってる自分が喜んでいいかどうかはアレだけど)。ひとりの知事が4年任期を
まっとうする間に無駄な雑誌や新聞代を府が3億以上使っていたっていうのは
すごすぎる・・・。と読んでいてびっくりしました。中小企業の社長感覚でこういう
ことをやっていかないと、みたいなことも対談中で話していて、ほんとうに納得。
しかも民間と違って府民が望む望まざるにかかわらず払ってる税金だもんね、
無駄遣いするにしても、有効に使うにしても。

と、びっくり&感心してたら、薬、7種類くらい処方されました(インフルは無事)。
体の中は暑いんだけど、皮膚が出てるところ(顔とか腕とか首とか)はひたすら
すーすー寒いです。今日は寝込みます・・・ごめんねモテさん。
[PR]
by tohko_h | 2009-02-23 17:45 | drops of my days