<   2010年 05月 ( 39 )   > この月の画像一覧

ものすごくべたな恋愛小説を読んでたんだけど…

ヒロインが好きな男性に肩を抱かれるという描写で

「太郎(仮名)は、花子(仮名)の、竹細工のように華奢な肩を抱き寄せた」。
という一文があった。

竹細工のような、肩??
a0079948_11352426.jpg


確かにすごく華奢だけど・・・純愛カップルの初めてのスキンシップ、
みたいなドキドキのシーンでこの比喩はどうなの??

さらに、これは私が悪いんだけど(たぶん)。

なんとなく、竹、肩、ヒロイン、とくると、こーゆーのを思い出しちゃうのは
「ガラスの仮面」読み過ぎなんだろうか。
a0079948_11363389.jpg

[PR]
by tohko_h | 2010-05-31 11:36 | reading

ラーメン2種類。

ラーメン二郎というお店のファンを「ジロリアン」と呼ぶそうだ。
なんか、デロリアン(@「back to the futere」)あるいは
クレムリン(@ロシア)、でなけりゃ、クラシアン(♬暮らし安心)みたい!

まあ、私は、二郎には行ったことがないんだけどね(神保町にあるんだけど
いつも20人くらい行列しててびっくりする)。

そんな風に、ラーメンに対しては、とても淡泊な私(札幌に10年近く
住んでいたので、そのころラーメンはかなり食べつくした感が…ちょっと
飽き気味だったのかな)。

それでも時々「今日はラーメンったら、ラーメン」って気分になるところが
ある。やはり日本人の国民食なんだろうなー。DNAが求めるときが
あるんだろうね(たぶん)。

という、時々ふとラーメンな気分のときに行くお店を2軒ご紹介。

その1)中華そば青葉
中野に本店がある有名なお店。創業した店長さんが仙台出身で
そのイメージで「青葉」という店名になったそう。
東京ラーメンと九州ラーメンのスープのいいとこどりで、魚系と
動物系のだしを両方味わえる濃厚に見えてあとあじのよいスープが人気。
数か月前に中野で初めて食べたときは、「こんな美味しいラーメン、
あったんだー」とまで感動。写真は西荻店で食べた別風味のもの。
中野で食べた普通味のほうが好き。
a0079948_2561997.jpg


その2)神座(かむくら)
大阪・道頓堀が本店。現在は全国に20店舗(大阪・奈良・東京)。
私は池袋の東武側の出口出てすぐのお店に行きます。写真で分かる
とおり、野菜がたっぷりなところが疲れた体にグッとしみる感じ。
白菜が甘くて、醤油ベースのスープもマイルドな感じ。そして
少しかんすい強めの麵が札幌育ちの私にはグッときます。
a0079948_2563111.jpg


というわけで、これから夏を迎えるにあたり、ヘルシーなものを食べて
そろそろ絞ろうよボディを、という気持ちと、ガッツリラーメンで
スタミナを備えようよ、という気持ちの間を日々ゆらゆらしてる今日このごろ
なのでありました。
[PR]
by tohko_h | 2010-05-31 10:50 | eating&drinking

禁断の朝食


a0079948_2304710.jpg
パンの上にアボカド・塩・オリーブオイル。
おいしいんだけど、カロリーがすごい(たぶん)。
パンは体によさげな黒っぽいものにしてみた。
最近、かなりハマってて作る頻度高し。
明日の朝も冷蔵庫にアボカドがあるので
食べようとひそかに決めてます。なんて
書いてたらもうこんな時間。
お休みなさいませ。
会社に行く前に医者に寄るから早起き必須
なのにー・・・
[PR]
by tohko_h | 2010-05-31 02:29 | cooking

a0079948_262345.jpg
「短歌の作り方、教えてください」
俵 万智 × 一青 窈(角川書店)
有名歌人の俵万智さんが先生で、
シンガーの一青 窈さんが生徒。
往復メールという形で、一青さんの
歌を俵さんが添削し、さらに一青さんが
改作、というやりとりが1冊の本に。
作詞経験は豊富な一青さんですが、
5・7・5・7・7という和風のリズムの
定型には最初は戸惑っていたみたいで
ぎこちない詠み方をしていたのが、
次第に洗練されていくのが面白かった。


私自身、雑誌の投稿などをきっかけに「プロが素人の短歌を添削する企画」に
2度ほど当選したことが10年くらい前にあって、自分の作品が、プロ歌人の
アドバイスでどんどん立ち上がってくる経験があるので、一青さんという
「詩のセミプロみたいな人」が、自分の言葉を定型にはめ込んで、逆に
はめこむことによってそこから感情がはみ出してあふれてくるプロセスを
たどっていく様がとても興味深かったです。俵さんは先生としてはかなり
具体的な改作例を示したりアドバイスも分かりやすく、さすがもと学校の先生。
これ、続編とかやるとしたら、俵さんが別の人の先生するのも面白いと思うし
穂村さんとか東直子さんみたいな、もっと感覚的な歌を詠む先生のところに
一青さんを送り込むというやり方もいいんじゃないかな、と思いました。
一青さんの歌は普段まったく聞かないんだけど、逆に、ちょっと歌詞だけでも
読んでみたくなりました。

定価1500円→実感価格1000円(67%)
学生さんとか若い人にたくさん読んでほしいのでリーズナブルであってほしい。
なので、シングルCD1枚くらいのお値段が理想かな、と。
[PR]
by tohko_h | 2010-05-30 23:04 | reading

「月の恋人」 道尾秀介

a0079948_1029529.jpg
「月の恋人~Moon Lovers」道尾秀介
木村拓哉主演の月9ドラマの原作本。
といっても、今、直木賞にもっとも近い
(と私は思ってる)作家・道尾さんが
ドラマとのコラボ的に書き下ろした
小説なので、ドラマより面白いかも!
と期待して読みました。結果…
ドラマが60点なら小説は75点。
という感じでしょうか。ヒロインたちの
設定がかなりドラマとは違うのですが
こちらのほうにだけ出てくる「弥生」
という普通のOLっぽい女性に感情
移入しやすいので、読みやすかった。


ドラマだと、
モデルに抜擢される美しい台湾美女・シュウメイ(リン・チーリン)、
大金持ちの娘で売れっ子モデル(北川景子)、
バリバリやり手のインテリアデザイナー(篠原涼子)。
で、彼女たちのセンターに、何かわけありの社長(木村拓哉)、なので
長い長いプロモーションビデオを見てるみたいで、3話見たけど、
お話の中になかなか入れてもらえない感じがしたんですね。

社長のキャラ設定も、小説だと、まあ、ありがち(子どものときは純粋に家具を
愛していたけど、家具会社の社長として利益を追求するために冷酷になって
しまい、変わった自分を少し悲しく思っている、みたいな)だけど、きちんとした
人間として描かれていて、欠点も含めて魅力的な男性にはなってるのです。
でもドラマだと、冷酷に手段を選ばないヤリ手社長、一本やりで、陰影とかが
ない薄い感じがしちゃうんですよね(木村さんの演技が薄いという話じゃなくて)。

というわけで、先に小説を読んで、脳内補完しつつ残りのドラマを見る、という
並行して楽しむのがよいかと思われます。

定価1470円(税込)→脳内価格800円(54%)
こういうテレビタイアップ企画モノなら、文庫かソフトカバーで気軽に
読めるつくりでよかったと思う。
[PR]
by tohko_h | 2010-05-29 23:28 | reading

残業中なう。

仕事をバリバリする系の残業じゃなくて、「待ち系」の残業(作家の原稿を待つ、
印刷所から校正刷りが出てくるのを待つ、などなど)って危険。

先ほど、某大手衣料品通販サイトを見てたら、もうプレセール始まってる・・・
冷やかしにのぞいたら、昨日まで「お気に入り」に入れてたワンピースを発見。
しかも、4割オフになってる・・・ゴクリ。
思わず、ぽっちりさせていただきました。

ついでに、マンモグラフィーもネット予約。
これはいいこと。2年前にうけたきりだったから。

更に、ドミノピザ半額(現在、キャンぺーン中)もポチリ。
明日のランチはピザ。

しめて3万弱。
うわー。やっちまった・・・反省文がわわりに記事にしてみた(笑)。

ちなみに明日も午後から仕事、でございます・・・
[PR]
by tohko_h | 2010-05-28 20:13 | shopping

化粧直し

久しぶりにローラメルシエでファンデを買った。

汗ばむような気候のせいか年のせいか体調のせいか、ちょっと
最近、今使ってるファンデでアラがごまかしきれなくなったので(笑)。

で、BAさんに塗ってもらったんだけど・・・私の顔にファンデを塗りつつ
彼女(仲りいざちゃんに似た可愛い人)は、こう言いました。

「化粧直しにパウダリーファンデーション塗る時は…先に、プレスト
パウダー(いわゆるお粉、おしろいと呼ばれる類のもの)を塗ってから
ファンデを塗ると奇麗につくんですよ」

普段のメイクって
下地→ファンデ→お粉、なもんだから、これには目からウロコでした。
ファンデONお粉、確かに、ふわっと、私ごのみのやわらかそうな雰囲気に
仕上がるようです。

というわけで、これから、化粧くずれと闘う季節、ぜひぜひ、安定した
仕上がりを求める方、お試しあれ。私もしばらくやってみます。

…とかいって、残業のときは、くずれっぱなしの顔で働いてるけど(笑)。
[PR]
by tohko_h | 2010-05-27 23:49 | drops of my days

昨日、妹と池袋のデパートに行き、気になるスカートを見つけました。

しかし、コンサバ推奨の妹にとって、37歳の姉がツモリチサトで
コクーンスカートを欲しがるというのは理解不能だったらしく、
「ちょっとそれはどうかと思うよ」と言われてしまいました。しょぼん。
で、誕生日先月だったね、と、マッキントッシュフィロソフィーで、
チューリップ柄のとてもかわいいスカートを買ってくれました。
これもホントに可愛い。モノトーンベースでチューリップ柄。
年中履ける軽いポリエステル。乙女なフレアひざ丈。

でも、あのツモリも、気になる~。
原色じゃなくて、グリーンとかグレーとかベージュとか落ち着いた色が
ゴブラン織りみたいな感じで重なり合ってて、とてもシックな色遣いで
丈も膝ちょうどくらい(ウエストゴムなので調整可能←飲み会にも便利)。
上に黒ジャケットでも着ればとてもシックに履ける確信がありました。

で、帰宅してネットで通販漁ったけど、売られてない模様。

そ・こ・で。

今朝、開店と同時に伊勢丹へダッシュ。
まっすぐに4Fのツモリチサトへ。

あったー!
履いたー!(試着)
気に入ったー!!
たぶん、似合ったー・・・!!

というわけで、直ぐに買うことを決意。
すると店員さんが悪魔のささやき。
「明日まで、定価から、哀カード割引よりさらに5%引きになるんです」
ということは、アイカード割引7%とあわせて、12%オフ。
うわ~い! 昨日別のお店で買わなくて心底よかった。

はしゃいだついでに、ロングカーデ(黒。薄手。これからの季節必須)も購入。
トータルで数千円分お買い得でした。
やったね。
と思って店を出るころ、やっと気づいたのでした。

もうすぐ夏のセールじゃん・・・ってことにね・・・(乾いた笑い)。
でも、今日買ったツモリのスカートはすごく生産数が少なく、ネットショップとかには
たぶん出ないみたいなので(売らない百貨店もあるらしい)、セールまで残らないはず、
と、自分に言い聞かせてみたり。

スカートばかり買ってトップスが年中足りずに黒いニットやブラウスばかり
1年中着用してるなーと反省しつつまたスカートと黒ニット増やしちゃった、てへ。
[PR]
by tohko_h | 2010-05-26 13:07 | shopping

昨日の肌寒い雨模様とはうってかわって、からりと晴れてる本日の東京。
蒸し暑いくらいです。夏っぽいお天気。

だからでしょうか。
自宅から会社にいくまでの40分ほどの通勤ルートで、若いお嬢さんが
麦わらで編まれたカンカン帽をワンピースなどのフェミニンなお洋服に
あわせて被っているところを4、5回見かけました。

カンカン帽にワンピースにレースっぽいボレロかカーディガン、足元は
サンダル…およそ20年前、高校生だった私が好きでしていたコーディネイトと
ほぼ一緒です。
私服の高校だったので、リゾートっぽいマドラスチェックのワンピースに
カンカン帽子、なんて浮かれたカッコで通学してました。

最近、自分が十代のときに1度流行って廃れたはずなのに…という懐かしの
アイテムをよく見かける気がします。

AKB48の新曲のタイトルが「ポニーテールとシュシュ」だけど、あの髪を
まとめるシュシュも、私が高校生~大学入るくらいのときにはやったけど
1度廃れて、ここ数年、イランイランとかがシルクで贅沢なのを作って
伊勢丹でヒットしたり、と、復活したような気がするし。

裾がまるくなったコクーンスカートは、中学時代、膝上の靴下とあわせて
履いてました。

…てことは、もう1度来るのかなー。ケミカルウォッシュのジョッパーズの
パンツのブームとかも…(今の若い人、ケミカルウォッシュって知ってるのかな)
[PR]
by tohko_h | 2010-05-25 12:52 | drops of my days

「聖☆おにいさん」⑤巻、待望の発売日!
a0079948_8142390.jpg


ブッダは、なんだかビミョーな活躍っぷりだし・・・
a0079948_815274.jpg


イエスも・・・人力舎とかマセキもいいと思うよ(笑)、事務所。タイタンは
なんか違う気がするけどね、イエスの芸風的に。
a0079948_8161487.jpg


ちなみに巻末予告だと、次の6巻は12月発売…イエスの誕生日前後?

実は3巻4巻あたりから「面白いけど、この面白さになれちゃったかな」と
自分の中でテンションが下がり始めてたんだけど、今回はどの話もホントに
面白くて、既にリピート読み(実は金曜日夜に出てる書店があって早期ゲットに
成功いたしました)しております。カバーもかわいい。
[PR]
by tohko_h | 2010-05-24 08:18 | reading