<   2010年 11月 ( 55 )   > この月の画像一覧

時々食べたくなるもの…発作に近い感じで、わーって食べたくなるものの
ひとつに、パンケーキがあります。フライパンで家で焼くホットケーキも
美味しいけど、外で食べるふわふわで厚さもあって、生クリームドーン!
みたいな豪華なやつが。

今まではそんな風になると、新宿伊勢丹の4Fにあるキハチカフェに
行ってたんですが、小田急デパートの2Fのカフェナチュレ
いうお店がネットなどで評判いいので、行ってみました!


甘いものをがつんと!の気分だったので、ベリーベリーパンケーキ!
実はこちらのお店、おかずパンケーキもあるんだけど、お菓子として
堪能したかったのです。外側はさくさく、クッキーみたいな香ばしさ、
そして中はバニラの香りとふわふわ感。前歯でさくさくした表面を
かじり、一気に中のふわふわをほおばる…うーん、シアワセです。
よし、パンケーキ食べたくなったときの駆け込み寺的カフェ、1軒確保
いたしました! あんまりお世話になりすぎると危険だけど、
時々はね…うん、たまにね。
a0079948_0581361.jpg

[PR]
by tohko_h | 2010-11-30 01:09 | eating&drinking

3分クッキング@MORNING

先日、美容室で読ませてもらってた雑誌「エル・ア・ターブル」に
気になるレシピがあったのでアレンジ。

本のレシピだと
①半熟の目玉焼きを焼いて皿に載せる
②オリーブオイルで刻んだニンニクをいため、さらに白魚を
 加えて炒める。
③②で炒めたシラスを目玉焼きの上に乗せる。
④半分まで煮詰めたバルサミコ酢をかけて、目玉焼きとしらすを
まぜながら食べる。バケットなどを添えて。

という感じでした。でも、とりあえず、大好きなシラスで真似!

目玉焼きを半熟で焼く自信がないので、白身と黄身を分けて
白身だけさくさくに焼いて皿へ。黄身は生のままとろりと。
オリーブオイル多目に鍋でぐつぐつさせて、そこにニンニクをIN!
色がついたらシラスもいれて(ちょっと跳ねます…)さらにぐつぐつ。
で、そのまま目玉焼きの上へ…塩気だけでも十分美味しくてパンに
合います! タマゴの黄身をソース代わりに。
a0079948_041913.jpg

[PR]
by tohko_h | 2010-11-30 00:46 | cooking

京都の舞妓はん・・・
a0079948_0261622.jpg


テレビのプラズマはん・・・
a0079948_027491.jpg


そして、マイコプラズマ肺炎の疑いアリのワタクシ。
a0079948_029966.jpg


23日(勤労感謝の日)に38度台の高熱を出してよろよろ。
翌日からはくしゃみとのどの痛みにさいなまれてもう1週間…
医者でもらった薬もなくなったので、また行って来たところ、
マイコプラズマの疑いが生じ、血液検査されました。
結果は来週、出ます。一応、肺炎の一種らしいのですが、
激しくせきこんでるうちにのどが痛くなって食欲が落ちる人もいる
らしいんだけど、その兆しはナッシング。

でも、今日ね、帰りにキハチで凄く美味しそうなケーキ買ったんだけど
ガマンしました。明日の朝いただきます、イヒヒ。
[PR]
by tohko_h | 2010-11-30 00:36 | drops of my days

報告ふたつ。

その1)トイレットペーパー使用頻度。
11月23日朝から使っていたペーパーが、11月28日朝に終了。
まる5日かー。23日が祝日だったので、在宅日が多かったということで
早かったんだろうか。

その2)また道を聞かれてしまった。
お店自体は若い感じじゃないんだけど、若者の街・下北沢に髪の毛を切りに
行ってる私。先日、ばっさりやったあとに気持ちよく歩いていると、20歳くらいの
学生風の女の子から「すみません、○○劇場に行く道知ってますか?」と
声をかけられた。土曜日の夕がたの下北沢といえば、若者がうようよと歩いて
いて、私はどう考えてもその場で年いってるほうである。つまり、そのハタチくらいの
お嬢さんからしたら、話しかけやすいタイプではけしてないはずで・・・
しかも、若者向けの劇場に通うような層には、見えないはずなんだがなぁ。
更に風邪ひきだったので、マスクをしていた。今使ってるマスクは大きいらしく
顔の下3分の2はマスクって状態で、不審者ぎりぎり。私だったら絶対に
話しかけたくないんだがなあ。つるつるのおかっぱにマスク女なんてさ。

これが会社とか自宅近くの「地元」ならあきらめもつくが、どうして若者だらけの
時間帯に若者だらけの場所で若いお嬢さんが私に道を聞くんだ、と暗い気持ちに。
私は、親しまれ易い人なんてなりたくないんだもん。カリスマ性とは言わないが、
人並みに、知らない人に気兼ねされる程度の最低限のオーラというか、威圧感と
いうか、近寄りがたさが欲しい。ていうか、話しかけられるたびに、その場で一番
テキトーにあしらってよさそうな人間レーダー、にひっかかっちゃったみたいで
ほんとうに傷つくし悲しいの。おかげで理想通りのヘアスタイルと髪色になった
ウキウキ気分は5分で消滅したのでした、がっかり。まあ、海老蔵さんみたいに
夜道でケンカ売られる人も大変そうだけど(笑)。
[PR]
by tohko_h | 2010-11-29 15:02 | drops of my days

a0079948_1311612.jpg
「地のはてから」(上) (下)
乃南アサ
貧しい農村から夢を求めて、蝦夷地に渡った
開拓民一家の末娘の人生を通して、過酷な
自然と共に生きる道を選んだ、名もなき
人々の歴史を描いた物語。


先日、5日連続放映された橋田ドラマ「99年の愛」は、日本から
アメリカに渡った日系移民の人たちの苦悩と戦争が描かれた
すばらしいドラマだった。前半は、貧しいながらも知らない土地で
しっかり生きていく移民の人たちの姿、特にイモトアヤコ演じる
お産の直後から畑に出ようとするたくましい妻の姿に感動した。
昔の人ってなんて働き者だったんだろう、こういう勤勉さって
ほんとうに誇らしいな、と。しかしその反面、自分が怠け者なので
こんな風に頑張れるのってすごい、と思う反面「ホントにみんなが
こうやって前向きに歩いてこられたのだろうか」「さぼりたいな~とか
思った人もいるんじゃないだろうか」と、思ったりも、した。

そういう意味で、この「地のはてから」は、生々しい。北の開拓民、
明治から昭和の激動の時代!というアオリから、スケールの大きな
骨太な歴史ロマンと、その中でたくましく生きる人たちの頑張り、みたいな
ドラマティックな大作だと思って読んだけど、酒ばっかり飲んでサボる
ダメなお父さんとか、血のつながらないきょうだいをいじめる子どもとか、
悪役としてではなく、普通に困った人がたくさん出てくるし、物語も
これっていう大きな事件やドラマもなく、淡々と年数が過ぎていく感じ。

ヒロインも「私はくじけない!」というタイプとはちょっと違う。貧しい家に生まれ
人生は自分で切り開くものではなく、生まれたときからある程度決まっていて、
分相応なところで黙々と働くしかない、という気持ちにもうなっている。
個人の意志が後回しにされていた時代ってこうだったんだろうな、と読んで
頭でじわーっと理解できてくるんだけど、それが、物語としてはつまらない。
何かに抗ったり逆らったり葛藤したり、ということがないのだ。
農作物が取れなければ森で行者にんにくを採取し、古着売りの仕事が
立ち行かなくなるとこんどは農具を作って売る、家が火事で燃えれば
廃屋で淡々と暮らす…何が起こってもとにかく生きていこうというのは、
スゴイことかもしれないけど、盛りあがりに欠けるし、面白く…ないんですよね。

クマやばったの大群や山火事にも、へとへとになるまで対応できていた人たちも
戦争の前では何もできずに無気力になっていくところが、なんともいえなかった。
読んだあとに「人生って大したことないんじゃん」と、生きてるのがめんどくさく
なってしまったといったら言い過ぎだろうか。こういう開拓をテーマにした話って
人間の英知や生きる力に感動できるものだと思ってたのに・・・良い意味ではなく
裏切られた感じは否めない。


定価各1680円(税込)→実感価格各680円(≒40%)
文庫でこれくらいでも…うーん、読まなくてもよかった気もしただろうなぁ。
出てくる男の人たちがみんなことごとくダメ男なのも個人的にダメだった。
[PR]
by tohko_h | 2010-11-29 14:35 | reading

お食事ビフォーアフター

デジカメの食べ物画像を、美味しそうな画像はもっと美味しそうに、
そうじゃない画像もちゃんと美味しそうにしてくれる画像補正サイト
超!美味しく変換というのを見かけたので、早速試してみました。

ちなみに使った写真は、先日渋谷で食べたJSバーガーズカフェの季節限定メニュー
「ベーコンマッシュルームチーズバーガー」です(私のニガテな
ブロッコリーが入っていたこと意外はボリューミーで美味しいバーガー
でした。肉の味が力強くて、主役!って感じなのが肉食人には嬉しい!)。

(before)撮影してサイズと最低限の補正だけしたもの。
a0079948_8521330.jpg


(after)超!美味しく変換をしてみたもの。
a0079948_8532323.jpg


さてさて、もとの写真は私のへっぽこフォトですが(残念ながら謙遜ではなく
時々、写真の不出来さにお叱りを受けてます、ははは。ブログをやってると、
時々そういう「だったら読まないでくださいな」としか言いようが無いことって
ありますよね←書く方が悪いといわれると厳しいところだが)、美味しそう!に
なったでしょうか。

今度はこっそり、自分撮りした写真で試してみたいものです。
美肌っぽくなったりするのかしら(笑)。
[PR]
by tohko_h | 2010-11-29 09:07 | eating&drinking

a0079948_21182078.jpg
「試着室で思い出したら、本気の恋だと思う」尾形真理子
ルミネの広告コピーから描き下ろされた、
恋と洋服の物語。あるセレクトショップに
何かを変えたくて服を買いに来る女の子たちの
オムニバスストーリー。読むと買い物したくなる!


ルミネの広告は、めちゃめちゃカワイイ。
蜷川実花の写真に、乙女な恋愛コピーの組み合わせで、10代20代の女の子には
たまらないだろうなーと、もと女の子の私も思う。
そんな世界観を小説にするという企画は、気が利いていて、面白い。しかし、
広告の軽やかな女の子たちと色使いと比べて、ストーリーは割とどんより。
馴れ合いの彼氏、不倫、年の差片思いなど、割とシビアな恋愛模様。だからこそ
似合う服を着て頑張るのだよ、というメッセージ、しかと受け止めて、思わず
ルミネではないですが、人生で一番高価なワンピースをぽちっちゃいましたよ。
と、この本のせいにしてみる。

ちなみに試着室で好きな人のことを思い出せるなんて、カワイイ女の子だなーと
思う。私の場合、自分に似合うかどうかで、いっぱいいっぱいだし、好きな人に
ウケそうな…を意識して服を選んだこと、実はあんまりない。ただでさえモテな
かったのに、そういうかわいげもなかったんだなーと、いまさらながら反省。

私の場合、

試着室でため息ついたら、本気で痩せるしかないと思う。

みたいな感じだもんなー(笑)。
[PR]
by tohko_h | 2010-11-28 21:40 | reading

「汝の名」 明野照葉

a0079948_19325795.jpg
「汝の名」 明野照葉
気分がむかむかするときに、もっとむかむかしそうな
本を選んでしまうという変なクセがある。そんな時
選びがちなのが、明野照葉。ちょっと極端な人
(美とか異性とか何かにやたら執着する)が壊れていく、
みたいな、気持ち悪さをこれでもか!と執拗に描いて
いる作品が多い。
そのドロドロしたホラーファンタジーを読むうちに、現実のストレスが、
すこし軽くなるのはどうしてなのかな。と謎のまま、時々読んでます。

この「汝の名」は、明野作品の中で有名なほうらしいので、とりあえず読んで
みることにしました。誰もが憧れるような颯爽とした若き女社長が、引きこもりの
妹と同居しつつ、下僕のように扱っているという、悲惨で暗い設定。しかし
姉は本気の恋愛にハマり、妹は、お金儲けの方法を考え出す…ずるかったり、
セコかったり、誰にでも多少はあるけど嫌な部分を拡大&濃縮還元したこの
嫌な話が、なぜか妙にクセになるんですよねー。感情の動きとか繊細な葛藤とか
そんな人間的な不安定さは描かれていないので、単純に「やだー何これ」と
嫌なもの見たさ根性で読んでいると、楽しい小説を読んでいるときとはまた別の
ヘンな元気が出てくる気さえする。

好きな本は?と聞かれたときや、誰かにお勧め本を尋ねられたときに出すことは
けしてないと思うけど、ひそかに「黒い、黒すぎる」と、時々こんな本も楽しんで
ます。

定価760円→実感価格(500円)
コンビニでワンコインで売られていると嬉しいなー。
[PR]
by tohko_h | 2010-11-28 19:37 | reading

期間限定&コンビニでしか売らないというハーゲンダッツの
新しいミニカップショコラストロベリー
a0079948_19254136.jpg


中身は、こんな感じです。ミルクチョコレートアイスの中に
絶妙かつ控えめなバランスでイチゴの果肉がちょこっと!
a0079948_1926192.jpg


普段は、あんまり食べないチョコレートのアイスですが、フルーツの酸味で
あっさり飽きることなく1個食べるの、余裕でした!

美味しいけど危険な1品です。わーん!!!

ちなみに、もっと大人っぽいのは無いの?という人向けには、ショコラレーズンも
同時発売中だそうです。

これだから、コンビニ通いは、やめられないのですよねー。

ローソンの生チョコとかも気になってます。
[PR]
by tohko_h | 2010-11-27 22:25 | eating&drinking

六本木交差点にて。

先ほど。

18時ごろに六本木の交差点あたりを妹と歩いていたら、ベージュの
スーツを着た女性にいきなりマイクを向けられ
「すみません、NHKです! 昨日の海老蔵さんの事件、どう思われ
 ましたか?」とインタビューされそうになった。

「急いでるので…」とスルーして歩き出してから、妹と顔を見合わせて
「海老蔵の事件って何?」と(知らなかった)。

で、携帯からネットにつないで情報収集。
六本木で泥酔して殴られて顔に大怪我をした、というニュースを知り
へーそうなんだ。と理解。

しかしあれだけ人がたくさんいる中でインタビュアーに捕まるって
やっぱり、歩くのがのろいのだろうか。と、私は内心ため息。
道を聞かれるのも知らない人に天気のこととかで話しかけられるのも
そして勿論インタビュアーに声かけられるのも、やっぱり、ニガテ。
話しかけるなオーラの会得方法が分かるなら、3万円くらい払っても
いい、と本気で思ってる。やはりサングラスかなー。あさって髪を
切りに行くので、金髪にしようかしら。

ちなみに熱は下がったけど絶賛風邪っぴき中なので、のどがヒドい。
中村あゆみ(翼の折れたエンジェル)よりハスキーな声が出て、
というか、声そのものが出にくい。もしインタビューに答えてたら
夜の街を女友達(妹)と歩くオカマのように見えたであろう。
[PR]
by tohko_h | 2010-11-26 00:01 | drops of my days