「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2012年の金環食ーと、ドリカムが歌った金環日食の日。
朝6時に起きて、日食メガネで太陽を眺めたあと、眼科へ。

人生初のコンタクトレンズデビューをすることにしたのです。

かねてから「目をパッチリさせたい」と思っていろいろメイク等やってきたけど
「黒目を大きく見せるコンタクトレンズ」には手を出すまい、と思ってました。
だって、眼球の表面にものを載せて1日過ごすなんて…シンプルに、怖い。

でもでも、モテさんが使ってた使い捨てレンズの残りを(彼はレーシックを
1年前に受けたのでもうそういうのいらなくなったのです。メガネがないモテさん
なんて…時価3割減だよ…)「捨てようと思うけど試してみたら」と貰って、
コンタクトレンズを眼球に載せる訓練!とやらを暇な日曜日にしてたら
うまくいったのです。

意外と異物感、ない。
同じ体にくっつけっぱなしにするもの、でいえば、ピアスよりは最初は違和感
覚えたけど、1時間くらいつけてると、割と平気。

しかも、茶色くて丸い黒目になった気がして、ちょっと新しいメイクアイテム的に
面白い!!!

が、モテさんのコンタクトは、ものすごく視力が悪い人用なので、視界がぼやけて
しまうのです。やはり、マイコンタクトレンズを買うしかなさそう!

というわけで、レンズ屋さんと眼科が同じビルのお隣どおし、というところを見つけ、
早速やってまいりました。

視力検査の結果「乱視がひどいので使い捨てのカラーコンタクトだと視力矯正の
効果はあまりありませんよ」とお医者様に言われました。
現在私の裸眼の視力は0.4。映画の字幕を見るときは、0.7くらいになる
メガネをかけてるの。なので、悪いといえば悪いけど、日常生活は裸眼でなんとか
クリアしちゃってる感じ。で、正直に
「どちらかというと、ファッション的な意味でしてみたいというのが大きいので、
裸眼のときと大して変わらないならないでいいんです」と言い、適当な度数を
選んでもらい、隣のコンタクト屋さんで使い捨てディファイン(現在とても品薄)を
購入しました。

よく、人の話を聞いてない人が「耳をかっぽじって話を聞け!」と説教されたり
しますが、コンタクトレンズの装着、目をかっぽじって、な勢いで、上まぶたを上に、
下まぶたを下に引っ張って、目の表面にレンズを指先で載せて、レンズの水分と
目の表面の水分でくっついたらOK!って感じ。これがソフトコンタクトレンズっていうだけ
あって、本当にソフトなのね。粉薬を飲む時に使う(使わない人もいるけど私は使う(笑))
オブラートと大して変わらないんじゃないの?ってくらい、へにょーっていう感じ。
それをレンズの形(おわんとかカフェオレボウルみたいな感じ)にきちんと指先で
立ってる感じにして目にくっつける作業が難しい。ぺちゃんこになってしまい何度も
やりなおしてるうちにレンズが乾いてきて、あわててレンズケースの中の液体
(生理的食塩水)につけてしっとりさせてやりなおし!みたいな感じ。

片目5分近くかかりそうなときもあるので(うまくいくときは一発でいくんだけど)、
慣れるまでは、両目分…10分早起きは必須だわ!

ところで本日から、修羅場&ダイエットに突入しました。

食べたものを書きます。
朝→パンケーキ3枚(日曜日の夜から食べたかったけど我慢しました)
昼→モスのてりやきチキンバーガーとコーンスープ
夜→ファミマのエビグラタンとワイン1本

ダメだ、仕事の辛さがダイエット欲に圧勝だ…
[PR]
by tohko_h | 2012-05-21 23:59 | drops of my days

これから一生一種類のケーキしか食べられない、と言われたら、これか、
あるいはタカノのあまおうショートケーキか、相当悩むと思います。ワインと
合わせるならこっちかなー。
a0079948_851780.jpg

[PR]
by tohko_h | 2012-05-20 08:51 | favorites

じゃんがららーめん。

時々食べたくなる九州じゃんがららぁめん。
通常は、コンサバに醤油ラーメン派なんですが、時々食べたくなるの、
とんこつ。
a0079948_8494158.jpg


ポタージュと見まごうこのとろみに会いにきました。
池袋西武の上のレストラン街にいつの間にか入ってたのです。
a0079948_850022.jpg

[PR]
by tohko_h | 2012-05-19 08:50 | eating&drinking

a0079948_20341264.jpg
「十二単衣を着た悪魔」内館牧子
あまりにも主人公やヒロインがきらびやかすぎると、
その影にまわされる脇役や敵役に肩入れして小説や映画を
味わってしまうことが時々ある。そうすると、ハッピーエンドや
悪役の失脚に胸がモヤモヤしちゃったり。
かの名作「源氏物語」についても、わりとそうだった。紫上や
藤壺みたいに、源氏に最も愛された部類の女君の気持ち
なんて考えたこと、ほとんどなくて。と同時に、地方出身で
軽く見られがちな明石とか、もののけになっちゃう六条御息所
なんかは、その葛藤やプライドの傷んでいく有様にはしみじみ、させられてしまう。
そのポジション、しんどいよねー、私でも正気じゃやってらんないよ、みたいにね。

しかし、あまりにも「あさきゆめみし」などでの描かれ方が「ただの嫉妬深い
いじわるおばさん」って感じだったこともあり、弘徽殿女御についてあれこれ
考えたことは、なかった。弘徽殿女御というのは、光源氏の父・桐壺帝の正妻。
皇子も産んで、そのブレーンとして後宮では並ぶもののないザ・女王様。
ところが、桐壺帝が、「いとやむごとなき際にはあらぬが」(あまり高い身分では
なかったけれど)愛してしまった桐壺更衣という割と格下の恋人に夢中になり
本妻そっちのけで毎晩彼女の部屋ばかり行くようになってしまい、しかも
更衣に第2皇子(源氏)まで生まれてしまい、かなり焦るわけです。

当時は、今みたいに「長男の皇子が次期天皇」という皇室典範的定めはまだなくて、
天皇が気に入った方を東宮(次期天皇となる皇子。ほかの皇子とは違う特別な存在)に
しようと思えばできた。それゆえ「自分の息子を次の天皇に!」という弘徽殿女御&その
一族の野望が危うくなるわけです。お気に入りの恋人の産んだ皇子の方を跡目に
指名されたらどうしたものかと。しかも、その皇子はものすごい美少年で「光君」なんて
呼ばれちゃうほど華があり(当時の貴族社会ではルックスも結構大事だったのかも)
更に頭のできもよいのですから。で、主人公の光源氏の失脚を誰より願っているのが
弘徽殿女御なのです。

なので、光源氏のピンチとなるとイキイキして「ほら見たことか」的リアクションを取る。
そんな出番が多いんですね。素直な読者なら「なんて嫌な女なんだろう! 邪魔者!」
みたいに思って読むわけです、たぶん。

ところが、内館さんは、この「寵愛を格下の女にもっていかれ、自分の息子を東宮に
するために邪魔な源氏排斥に燃える」というバイタリティのある弘徽殿女御の
宮廷での政治家ぶり、頭の良さに惚れ込んで、ついに彼女をヒロインにした小説を
書いちゃったのです。これがすごく面白くて! 私も今「源氏物語の女性キャラで
誰に魅力を感じる?」と聞かれたら、うっかり、弘徽殿女御って言っちゃいそうな勢い。
かなり、クレバーでワイルドな女性なんだぜぇ~。

そんな弘徽殿女御のもとに未来からタイムトリップしてきたのは、就職試験に落ちまくり
二流大学を出てそのあとの人生どうしたものかと行き詰まりがちなフリーアルバイターの
平成を生きる男の子・雷くん。弟は現役で国立大の医学部合格・インターハイ出場経験アリ・
モデルのようなスタイルとルックス、と、平成版光源氏みたいなのに、俺は平凡だなー、
でも弟の大学の合格祝いは言ってあげたいな、と思ってる優しい奴なのですが。ところが
弟の大学合格の日になぜか巨大な火の玉に家の前で襲われて気を失い、気づくと、
「源氏物語」の物語の中にトリップしているのでした。タイムトリップじゃないんですよね、
これって。お話の中に入り込んじゃったんですよね、要は。バイトで「源氏物語の世界展」
の展示の仕事をしてたので、手元にパンフレットを持っていたため、なんとかアドリブで
いろんな人と話をしているうちに、これは、敵役の弘徽殿女御の自宅だとわかる雷。

でも、彼女の家にお世話になって、いろいろ話をしているうちに「悪い人ではなくて、
この時代に生きるには積極的で頭が寄すぎるんだ、この人」と雷くんは気づくのです。
現代社会のキャリアウーマンとしてだったら、かなりいい線行くんじゃないか。
結婚した桐壺帝よりも、その間に成した息子(第一皇子)より、もっとずっと聡明な女性。
それゆえに、自分の立ち位置のややこしさ、実家の思惑なんかも分かりすぎるほど
分かっていて、ほかの姫君キャラより全然面白い女なんだけど、幸せではなさそう。
※キャリアウーマンタイプが天皇家ってやっぱり難しいのかなぁ

弘徽殿女御に仕える身となり、なんと、雷は、陰陽師待遇でこの時代の一員となります。
数日のタイムスリップではなく、20歳そこそこだった彼が、中年の男性になるまで、
何十年もこの世界で生きて、貴族たちの喜怒哀楽を目にする、というこの設定が
絶妙でした。主人公の雷も、ただの現代人の視点を持つ者としてではなく「源氏物語」の
当事者の一員として色々な登場人物と会い、話をして、関わっていくのです。

雷の目を通してみると、源氏物語のキャラクターたちは、今までのイメージと全然
ちがってて、でもそれぞれ魅力的なのです。雷は、できの良い弟を持った長男、として
第一皇子に肩入れして、源氏に対しては最初は複雑な感情を抱くのですが、彼とも
不思議な絆が生まれていくのが面白いところです。

好きな小説や映画の登場人物と恋愛したり友達になったりしてみたいな、という妄想を
したことがある人は少なくないと思いますが、この小説は、その「源氏物語バージョン」を
満喫できます。惟光(源氏の従者)と酒を飲んだり、弘徽殿女御の本音にびっくりしたり、
そんな、等身大の源氏物語、文字通り、寝食忘れて一気読みしちゃいました。

ちなみに私、主人公の光源氏って、普通のイケメンキャラだしなぁ、とあまり好きでは
なかったんですが、内館さんが描く源氏は、なんとも愛嬌があって魅力的で、ちょっと
好きかも…と思っちゃいました。

とにかく「あさきゆめみし」程度の源氏知識があれば、ものすごく面白く読める元気の出る
エンタテイメント小説です。
[PR]
by tohko_h | 2012-05-18 23:32 | reading

初めての花ズッキーニ。

好きな人には思われず、好きじゃない人には付きまとわれる。
そんな恋愛運の弱さにも似ている私の日常。
大好きなお金には縁がなく(伊勢丹が消滅すれば少しはマシか(笑))、
ニガテな仕事は増えていく一方・・・みたいなね。
お金使うのは得意なんだけど稼ぐのは苦手なのよー!!!(心の叫び)
ビジネスセンスをお母さんのお腹の中においてきちゃったみたいでね(´Д⊂

まあ、そんな感じで、仕事に翻弄されております。
で、つい、こんな仏頂面の極みになってしまいがいな昨今。
a0079948_19384530.jpg


眉間のシワを伸ばさないとねーというわけで、神保町でイタリアンといえばここ一択!の
ロベルトへ。花ズッキーニという見慣れない野菜のフリッターを頼んでみました。
a0079948_19331472.jpg


マッチ棒の頭っぽいところがお花で、この中にモッツァレラチーズとアンチョビが
入ってて香ばしくて野菜っぽい甘い香りもして、食感と香りと味がどれもよくて幸せ。
白ワインと一緒にもぐもぐしてると、落ち着いてまいりました。

私の顔も、たぶん、あっという間に柔和になったはず。
a0079948_1942611.jpg


私の定年までとは言いませんが、えらい人になるまで、ロベルトは神保町にあって
欲しいなぁと思った夜でした。

そしてもっと食べてみたい花ズッキーニ料理。しばらくは、ぐるなびで「花ズッキーニ」を
検索して、行きたいお店リストでも作っちゃいそうな勢いです!
[PR]
by tohko_h | 2012-05-17 23:58 | eating&drinking

「青い壺」有吉佐和子

a0079948_17491973.png
「青い壺」 有吉佐和子
青いツボ、と聞いて、北島マヤの一人芝居!と思って
しまったあなたは、ガラスの仮面ファンですね(私もだ)?
この小説は、あの漫画に出てくるお芝居とは関係ないです。
でも、たったひとつの青い壺をめぐる話だけで読み応えのある
人間ドラマが連続して描かれる濃厚さは読む価値アリです!
ある陶芸家が美しく焼けた青い壺が、人の手から人の手に、時には贈答品として、
時には売買され、日本中、そしてついには海外にまでわたっていきます。
ある時は、嫁姑問題でドロドロしたおうちに、ある夜は戦中派と戦後派が酔って
喧嘩してしまう居酒屋に、またある時はストイックな修道女の手に。老若男女、
様々な、壺を手にした人の物語が、紙芝居のように展開されていきます。
それもタッチが違う紙芝居。漫画や絵本で1枚ずつ、1コマずつタッチが変わったら
たまったものじゃないですが、この小説の場合、図々しい中年女性から若く潔癖な
娘、芸術家肌の陶芸家に、戦後を生きる医師などなど、さまざまな貌の人たちが
出てくるので、そのメリハリっぷりが清々しいのです。
1本1本が独立した短編として完成してスッと立って成立してるんだけど、青い壺を
リレーのバトンのように回していくことによって1つの流れになっているという。
個人的に印象に残ったのは、女学校時代の同級生たちが還暦を過ぎて泊りがけで
同窓会旅行をする話。仕切り屋、仕切り屋が気に入らなくて影で不満を漏らす人、
仕切り屋に反旗を翻して単独行動に出るもの、などなど、女性の多人数の集団行動って
大人になっても、いや、大人になればなるほど面倒なんじゃないの?みたいな感じ。
母校の栄養士になった女性が、子供たちに給食で苦手な野菜を食べさせるために
頑張るんだけど調子に乗っちゃって…みたいな話も、すごく共感しました。

というわけで、短篇集を読んでるつもりでも、壺を追いかける長編小説として読んでも
どっちにしろ、お腹いっぱい!な読み応えの1冊です。こういうのドラマにならないかなー。
1話ごとに役者さん変わるから、拘束時間も短くて済むし、端役タイプの人がすごく
美味しい場面があったり、面白いと思うんだよね。

今まで、物書きの佐和子さんというと私の書棚には阿川佐和子さんしかなかったけど、
有吉文学もかなり面白いです。今度は何を読もうかなー。
[PR]
by tohko_h | 2012-05-16 08:46 | reading

a0079948_15223030.png
先日、沢尻エリカ主演のドラマを観たんだけど
「すごく長くて人がいっぱい出てくる話を無理に2時間半に
ダイジェストにされても困るよー」という印象だったので、
原作読んでみることに。
富小路公子という女実業家に関わった様々な男や女が、
彼女について語るんだけど、ある人は悪魔のように悪い
女だ、といい、とても可愛くて純粋だったという人もいて
「同じ人の話してるんだよね?この人たち」と混乱が読めば
読むほど深まるという。推理小説じゃないけど、非常に構成が凝っていて、
なんともミステリアスな小説です。
1978年という大昔に書かれた小説であるにも関わらず、古いとか読みにくいという
ことは全くなく、公子を語る人たちのしゃべり言葉も「こういうこという人居そう!」という
ほど自然で、するする読めます。
1章ごとに語り手が変わり、それぞれの章はさほど長くないので「今日は夜遅いから
1章だけ読んで寝よう」とか思って手にするんだけど、気づくと「あと1章だけ読む~」
みたいな状態になって、まる2日で読んでしまいました。

公子は結構嘘をつきます。でも、多分、自分で嘘をつくわけじゃなくて、その場では
その場の真実として語ってるんだと思います。自分のついた嘘を誰よりも信じる女。
多くの男たちが彼女が一番惚れてたのは俺だと信じたのも、逢ってるときは目の前の男に
本気で集中していたからじゃないかと。

ルックスの印象さえまちまちです。色が白いというのは会った人みんなが証言しますが、
ひと目でおお!って思うくらい綺麗だったという人も言えば、美人じゃなかったという人も
いますし、とにかく男好きするタイプだったという人もいました。そのまちまちな感じ、
輪郭の不安定さが公子の魅力だったんでしょう。

色が白くてとりあえずくびれとバストはそれなりにあったっぽい公子とは全然外見は
ちがいますが、ある意味、先日捕まった木嶋香苗容疑者も、そういう「自分のついた
嘘を誰よりも当人が一番信じてるのですごい力を発揮する人物」だったんじゃないかな、
なんて思っちゃいました。

そういう意味で、嘘が苦手科目な女優・沢尻エリカには結構合ってない役かなーって気も
するんだけど、清楚な顔とふてぶてしい顔が矛盾なく同居してるあの存在感は、
わりに似合ってる気が小説を読んだあとではしました。

昨今一番部数が出てる悪女小説って、たぶん、東野圭吾の「白夜行」だと思うんだけど、
あのヒロインの切なさ脆さと比べると、公子は、女性作家がノリノリで(すごい勢いが
ある筆致です)書いただけあって、どこかしたたかで、人間としての滑稽味もあります。
ロマンチックじゃない、でも気になるタイプの悪女・公子の人生を1冊分読んだあとは、
自分も証言者たちのひとりになりきって「私はこう思うなー」と、ちょっと語りたくなっちゃう、
そんな小説でした。
[PR]
by tohko_h | 2012-05-15 15:22 | reading

駅弁「海の輝き」

小樽の駅弁「海の輝き」。伊勢丹の地下で買えるのです。
鮭&いくらの親子な組み合わせ好きなので、仕事がつらいときはつい手を
出してしまいます。今は帰るのかなー。一箇所、駅弁コーナーみたいな
ところがあって、全国各地の美味しい駅弁が入れ替わりたちかわり
売られてるコーナーでちょっと前に買いました。前に行ったときは
牛肉ど真ん中も売ってました。
小樽行きたいなー。高校時代、モテる人や彼氏や彼女が居る人はたぶん
札幌からデートで行ってたんだとおもうけど、私は家族と水族館に行った
思い出しかないので、ロマンチックな小樽の思い出、あこがれる(笑)。


ちなみにいくらは、塩漬けよりしょうゆづけ派!
a0079948_2132461.jpg

a0079948_21321836.jpg

[PR]
by tohko_h | 2012-05-14 23:31 | eating&drinking

チェックのスカート

巻きスカート型のスカートには昔から目が無くてつい。
a0079948_20413525.jpg


…黒ジャケットや黒ニット以外のコーディネイトが思いつかないのが問題ですが(笑)。
池袋西武の3Fのお店の配置がちょっと変わってて、端っこに出来ていた
ナノユニバースの大人っぽいバージョンのショップにて購入。
[PR]
by tohko_h | 2012-05-13 20:40 | shopping

緑色のグロス。

a0079948_20321633.jpg

ポール&ジョーのグリーンのグロス。
くちびるに緑色なんて、どこぞの妖怪人間かレディーガガ様か、という
奇抜なイメージをもたれるかもしれないが、唇が緑色に染まるわけではない。
どちらかというと、唇の色を抑える感じ。

私の唇はいかにも軽薄なおしゃべりを繰り出しそうだなーという薄いくちびる
なのですが、色だけが濃い。なので、赤みが強くて、口紅塗っても「いや、
目指したのはこの色じゃないし!」という微妙なできばえになることも。

で、逆に、こういう色を塗ると、唇の色がおとなしくなっていい感じなのです。
引き算用グロス。
[PR]
by tohko_h | 2012-05-12 20:30 | shopping