「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

世間的にはこの夏はロンドンオリンピック!なんでしょうけれども
野球が正式種目じゃなくなっちゃったこともあって、実はあまり興味が
持てなかったりするひねくれモノな私。
というわけで、いつもどおり、ドラマをちまちまと見ながら暮らそう
(ドラマを見る時間の確保も最近厳しいんですけどね…トホホ)と
思っております。要節電な季節のはずなので、厳選はしたいものだけど。
というわけで、チェックチェック♪ 明日から既に始まるドラマもあるみたい
だから、ギリギリですね、てへへ。
地上波限定なので(うち、WOWOWとか入ってないので)足りないものも
ありますがよかったら参考までに、どうぞ!

(月曜日)
「浪花少年探偵団」(テレビ朝日系20時~※初回19時)7月2日スタート
東野圭吾のユーモアミステリーがドラマ化。若い小学校教師・しのぶ先生と
教え子のやんちゃな少年たちが様々な事件を解決していく。舞台が大阪と
いうことで、人情や笑いのエッセンスたっぷり。東野圭吾といえば新刊を
買い漁る程度のファンではあるのですが、私はこれ見ません。だって
ヒロインが多部未華子だから…子役の中に、割と美少年枠の濱田龍臣くんが
入ってますが、こういうところこそ鈴木福(庶民系)とかこども店長
(器用で少し貧乏臭いムード)がしっくりきそうだなーと思う。まあ、
若くて元気な美人、という設定のヒロインのキャスティングからして
おかしいので、そんなこと言ってもしょーがないんだけど(笑)。
市長がゲストで出るとかない限り観ませんヽ(´∀`)9

「リッチマン、プアウーマン」(フジテレビ系21時~)7月9日スタート
29歳にして億万長者の若きIT系実業家となった男(小栗旬)と、優秀な東大生なのに
就職が決まらずまだまだリクルートスーツが脱げない女子大生(石原さとみ)が
反発しながら惹かれあうラブストーリー。お金持ちの男と貧乏な女性というと
昔、唐沢と和久井映見の「妹よ」っていうのがあったなー。と懐かしくなりつつ
どうもカップルの組み合わせとして惹かれないものが。ちなみにおそらく
三角関係的展開のためにスタンバイさせられているであろう女性2番手の
相武紗季のほうが気になります。「ブザー・ビート」で見せた腹黒っぷりを
見せて欲しい。

「走馬灯株式会社」(TBS系24時20分~)7月16日スタート
香椎由宇主演のサイコスリラー(一話完結)。自分の人生を走馬灯のように
まとめたDVDを渡してくれる謎の女(香椎由宇)。DVDを渡されて見た者は
他人の眼から見た自分の姿や、自分は知らなかった残酷な事実に直面する…
原作の小説があるみたいなので、読んでみようかな(ドラマ的には好きな
タイプじゃないんだけど、設定が面白そう)。


(火曜日)
「息もできない夏」(フジテレビ系21時~)7月10日スタート
実母(木村佳乃)のせいで無戸籍に生まれつき、それを知らずに18年間明るく
生きてきたヒロイン(武井咲)。アルバイトしていた洋菓子店から正社員に
推薦され、区役所に書類を取りに行き、住民登録がないことを知りショックを
受ける。区役所職員の樹山(江口洋介)は、かつては新聞記者だったが自分の
記事が事件の原因になった過去に傷つき、今は償罪の日々を送っていたのだった。
区役所で言い争った彼女と彼は、年や立場の差を超えてひかれ合っていく…
実はドラマ「Wの悲劇」と映画「愛と誠」を立て続けに見て、武井咲がだんだん
好きになってきてる今日このごろなのですが、医者(巨塔&救命)のとき以外の
江口洋介って、実はあんまり好きじゃなくって。同じ40代俳優だったら、堤真一
あたりが来て欲しかった気が個人的にはちょっとします。北大路欣也、要潤など
キャストは比較的安心して見られそうなので、一応見る方向で考えてます。

「GTO」(フジテレビ系22時~)7月3日スタート
元ヤンキー教師・鬼塚が破天荒に生徒たちにぶつかる熱血モノ。反町隆史の伝説の
主題歌「poison」とともに話題作になりましたね。ヒロインの清楚な
女教師を演じた松嶋菜々子とはその後結婚して今に至ってるのですね。
それから14年。鬼塚がエグザイルのAKIRAで、ヒロインが瀧本美織。と、
リメイクの意味って…と思う、地味バージョン。共演者を見ると城田優発見。
彼が主演のほうがまだ形になるんじゃないだろうか…。もともとヤンキーものは
見ないんですが、これは、原作漫画のファンにも厳しい作品になりそう。

「ドラゴン青年団」(TBS系24時55分~)7月17日スタート
東京の街にドラゴン出現。勇者の末裔ヨシオ(関ジャニ安田くん)をリーダーに
ユースケ・サンタマリアらが冒険の旅に出るRPGファンタジー。
10月からテレビ東京でパート2が始まる「勇者ヨシヒコ」みたいな
ゲームの世界を現代社会で大真面目に演じる演劇的なドラマ、なのかな。
とりあえずユースケ出演作品ってハズれが少ない印象がありますね。


(水曜日)
「警視庁捜査一課9係」(テレビ朝日系21時~)7月4日スタート
渡瀬恒彦演じる警部を中心に、ツダカン、井ノ原ら安定の刑事部屋を
舞台に、難事件に挑む刑事たちを描く人気シリーズ第7弾。テレビ朝日の
刑事ものらしい抜群の安定感。1話完結ってことで、オリンピックなどに
負けずに頑張って欲しいです。ちなみにこれが終われば、10月からは
新キャラが参加して「相棒」シーズン11ですね、うふふ(1年が経つの早すぎ)。

「トッカン 特別国税徴収官」(日本テレビ系22時~)7月4日スタート
税金滞納者からの取立てが仕事…新米国税徴収官(井上真央)が奮闘する
お仕事成長者。税の滞納をしている銀座のクラブのママの若村麻由美とか、
先輩教官に鈴木砂羽とか、北村有起哉が上司とか、いい感じでテレビ朝日感が
あるので地味な佳作の予感はあります。主題歌がミスチル。でも、井上さんって
私、2番手くらいがしっくりくる女優さんだと思ってて(逆にガッキーとかは
演技では真央ちゃんに及ばなくてもやっぱりヒロインだと思う)、こういう
役どころは、ちょっとウザい気もしちゃう。嫌いじゃないんだが。言葉につまって
「ぐっ」と言ってしまい、あだながグー子、という設定がちょっと寒いかも…

(木曜日)
「京都地検の女」(テレビ朝日系20時~)7月5日スタート
名取裕子主演の人気シリーズ。第8シリーズに突入しました。
大杉漣がレギュラー入りして、くせのある男(酒癖が悪い設定らしい)を
演じるのは豪華な感じがします。

「ビギナーズ!」(TBS系21時~)7月12日スタート
ジャニーズの藤ヶ谷くんと北山くんが警察学校(全寮制)で頑張る青春もの。
同期のヒロインが剛力彩芽嬢。こういうドラマのヒロインって、個人的には
無名だけどすごく可愛い子(つまり剛力さんとは逆の立ち位置)のほうが
しっくりくる気がします。

「遺留捜査」(テレビ朝日系21時~)7月12日スタート
昨年春に上川隆也主演で始まった新シリーズ、好評につき第2シリーズへ。
事件現場の遺留品から情報を読み取り、事件解決につとめる刑事を
中心にしたドラマ。前回は警視庁が舞台だったのですが、今回は
月島中央署に異動、ということで、街の風景とのコントラストに期待。

「東野圭吾ミステリーズ」(フジテレビ系22時~)7月5日スタート
東野圭吾の短編を一話完結のオムニバス形式でドラマ化。ちょっと前に
3夜連続で、東野さんの短編をドラマにしてスペシャル放送していたのが
あったけど、あれがうまくいったから、レギュラー枠に投入、という感じ
なんでしょうか。ミステリー雑誌の編集長で、物語世界への案内人役(つまり
「夜にも奇妙な物語」のタモリ的な人)が中井貴一、それぞれの回の主人公も
連続ドラマや映画の主演をよくするような役者さんばかり。
第1話 唐沢寿明 第2話 坂口憲二
第3話 松下奈緒 第4話 観月ありさ
第5話 反町隆史 第6話 長澤まさみ
第7話 戸田恵梨香 第8話 三浦春馬
第9話 広末涼子 第10話 篠原涼子 第11話 鈴木京香
好きな人の回だけ見るもよし、気が向いたときに見るのもよし、この形式だと
豪華キャストも集めやすいし、結構視聴率も取れそうな気がします。

「VISION 殺しが見える女」(日本テレビ系23時58分~)7月5日スタート
売れないモデル(山田優)が、殺人現場の映像が見えるという特殊能力を
もって、刑事(金子ノブアキ)とともに捜査にあたるサスペンス。原案と
シナリオが「NIGHTHEAD」の飯田譲治です。こういう超能力と推理を
組み合わせたミステリーって一定のニーズはあるよね(トリックとかスペック
とか、あのへんもざっくりいえばそうだし)。

(金曜日)
「ボーイズ・オン・ザ・ラン」(テレビ朝日系24時15分~)7月6日スタート
「ビッグコミックスピリッツ」に連載されていた花沢健吾の漫画のドラマ化。
女性にモテない素人童貞(関ジャニの丸山くん)は、会社の後輩(アッキーナ)に
思いを寄せていたがなかなか進展しない。コスプレモデルの美女(平愛梨)や
ソープ嬢(佐藤江梨子)など、美女ともぼちぼち知り合いはするのだが…。
「モテキ」がドラマも映画もヒットしたので、こういう「モテない男の人が
じたばたする話っていいよね」的にドラマ化とあいなったのかしら。
ジャニーズも、実は二宮くんが童貞成長物ドラマやってたり、結構エロは
ありみたいですね。関ジャニは割と好きだし、なぜか金曜日は在宅率が
高いので、とりあえずって感じで見ちゃうかも。

「マジすか学園3」(テレビ東京系24時12分~)7月13日スタート
AKB48主演の、女子高のヤンキーバトルドラマ第3弾。
今回は、島崎遥香(総選挙23位)という、ようやっとお茶の間でメインの
人たちの名前を覚えた普通の人たちから見たら「誰この子?」みたいな
感じの若手ヒロインが立ち、舞台も学園から監獄へ…ということで、
相当いろいろムチャがありそうです。前田さんがいなくなり、いろいろと
AKBも大変なのねーと思いつつ新人ちゃんチェックをしたいファン向けか。

「黒の女教師」(TBS系22時~)7月20日スタート
昼間は真面目な生物教師、夜は生徒の悪事(いじめやクスリなど)を裁くために
ダークな手法も辞さない…そんな都立高勤務のヒロインは榮倉奈々。彼女は
主演率がミョーに高い女優さんですよね。スタイルもいいし可愛くなくも
ないけど「この人が出てくるんだ」というワクワク感があまり喚起されない
感じがします。一緒に生徒を裁く仲間が小林聡美に市川実日子。と、
なんとも地味な悪の軍団ですね。教師版必殺?っていう設定は面白そうでは
あるんだけど。

(土曜日)
「ゴーストママ捜査線~僕とママの不思議な100日」(日本テレビ系21時~)7月7日スタート
突然死んでしまった女性警察官(仲間由紀恵)。気が弱い息子と難しい
年頃の娘(志田未来)と、真面目な夫(沢村一樹)を残して…それから3ヶ月。
母親の遺品のメガネをかけてみた息子の目には、幽霊になった母親の姿が…
母子は力をあわせて様々な事件を解決していく。ファンタジー&推理&母子愛、と
盛りだくさん。ちょっと前にやってたクドカンの「11人もいる!」の設定と
ちょっと似てますね(あれは、血の繋がらない後妻の子だけに、前妻の幽霊が
見えるっていうお話でドタバタコメディーだったけど)。割とこの枠は
当たり外れが激しいので、とりあえず見てみてから。

「スプラウト」(日本テレビ系24時50分~)7月7日スタート
南波あつこ原作の恋愛少女漫画のドラマ化。主演はHey!Say!JUMPの知念侑李。
ヒロインの実家が下宿屋を始め、そこに学校のアイドルが下宿人として暮らす
ことになり、学校でも家でも変わらぬ彼に恋をするヒロイン。だが彼には既に
恋人がいて…という、ザ・青春なおはなし。やはり「マーマレードボーイ」
もっと古くは「前略、ミルクハウス」や「小山荘の嫌われ者」…少女漫画において
下宿ものは鉄板の人気の設定なんですね(高校生だと普通に同棲、とかできないので
憧れるんだろうね、一緒に暮らすことに)。

「主に泣いてます」(フジテレビ系23時10分~)7月7日スタート
東村アキコがモーニングで現在も連載している同名の漫画がドラマに。
美人過ぎて、彼女を見た男がみんな惚れてしまい、妻を捨て仕事を捨て
人生をぶっ壊して…と、歩くだけで大変なことを起こしてしまう本人は
地味な性格の泉(菜々緒)。画家の仁(風間トオル)のモデルでもあり、
愛人の座に甘んじている。勝気な妻・ゆっこ(安達祐実)と仁はなんやかんや
いって別れる気配はなさそうだ。美大生の赤松(KATTUN中丸)や
絵画教室の中学生・つねなど、周りの人たちはそんな不幸な美人・泉を
守ったりおちょくったりしているが…原作漫画に妄想シーンや
コントが多いので(何かを例えるためにいきなりベタなコントを始めたりする
のが多いんです、東村漫画)、しかも泉さんって実写だと誰がやっても
美人度の面で無理があるし、と、映像化不可能(アニメならまだしも)と
個人的には思ってたんで、ドラマってどんなふうになるんだろう、と
すごく気になります(原作が好きだから)。

(日曜日)
「ビューティフルレイン」(フジテレビ系21時~)7月1日スタート
圭介(豊川悦司)は、娘の美雨(芦田愛菜)と二人家族。妻は美雨の出産時に
亡くなっていた。圭介の勤める町工場の人々(社長の蟹江敬三、その妻丘みつ子、
出戻り娘中谷美紀、先輩工員がでんでん、後輩が三浦翔平)に見守られ、
心豊かに暮らしていた父娘。しかしあるときから、お弁当の用意を忘れたり、
買い物を忘れたり、圭介が忘れっぽくなる。最初は小さな失敗として娘と
笑っていたが、しだいに心配になり病院へ。そこで告げられた病名は、
若年性アルツハイマー病だった。このまま娘のことすらいつか忘れてしまうのか…
親子愛がテーマの感動作。だそうです。主治医にヤスケンこと安田顕が出るのも
個人的には気になるところ。おしゃれなお金持ち父娘じゃなくて、まなちゃんは
トヨエツを「おとうさん」や「パパ」じゃなくて「父ちゃん」と呼ぶようだし
トヨエツも作業服姿で登場。おしゃれ感がなさそうなところに逆に惹かれます。
歌やダンスやバラエティに出過ぎて鮮度が一気に落ちてしまった芦田愛菜ちゃん
ですが、やはり彼女のよさは演技の安定感だと思うので、病の父と向き合う、と
いう小学1年でやるにはヘビーな役どころをきちんと仕上げていいドラマになる
んじゃないかな、と思ってます。結構見たいです、これ。

「サマーレスキュー~天空の診療所」(TBS系21時~)7月8日スタート
標高2000m超の山岳診療所で夏の間働くことになった若きエリート医師の
速水(向井理)。気乗りはしないが、担当教授にしてフィアンセの父親でもある
沢口(松重豊)の命令なので仕方なく山に向かうと、山荘の娘(尾野真千子)に
軽装を注意され、もっと不機嫌になる。都会の大学病院と違い、医療品に乏しく
薬も足りない。厳しい環境での医療に戸惑う速水の前に、怪我をした登山客が…!
そう、ここは、登山客が多い夏のあいだだけ開かれる夏だけの診療所だった。
高地でのハードなロケ、インテリ役で白衣の向井理、と、TBSの気合が伝わってきます。
診療所の看護婦(小池栄子)の子供役に、ミタのきいちゃんこと本田望結を配置
するあたり「フジテレビの芦田さんには負けまい」という意地すら(笑)。
山の診療所の責任者は時任三郎。しかし、これ、脚本が秦建日子なんだよね…
この人がからむと、設定やキャストはよくても、なんかドラマになったときに
つまらなくなってるという。あと、私の読みだと、教授の娘と婚約中なのに
勝気な山の女と反発しあいうつつ多少はひかれあう、みたいな展開もありえるの
かもしれないけど、それだと、尾野真千子ではあまりにも地味では…山荘の
若奥さんの三浦理恵子くらいしかビジュアル担当がいないような。というわけで
医者の向井くんは見たいけど、けどなぁ、トヨエツとまなちゃんのほうが
おもしろそうだなあ、と思っちゃってる次第です。

というわけで、ざっくりドラマチェックしてみました。
もしかしたら、どれも完走できないんじゃないかな、という気もしてきました。
一応最初は「リッチマン、プアウーマン」(小栗くんの高慢なカリスマ実業家は
みたい)、「息もできない夏」(武井咲も気になるし、悪役の要潤もよさげ)
「東野圭吾ミステリーズ」(豪華キャストが気になるし、実は短編はあまり読んでない
ので、おもしろそうなのがあったら本を読むきっかけにもしたい)、「主に
泣いてます」(原作が好きなので。菜々緒はなんか違う!感がすごくあるけど)、
日曜日の2本は見てみる予定です。

次の10月ドラマネタも、よかったらまた、読みに来てくださいね!
(はっきりいって露骨に「相棒」贔屓になるのは間違いないですが)
[PR]
by tohko_h | 2012-06-30 17:29 | watching

エロテロリストにもエコロジストにもなれない、女としても主婦としても問題おおありな
日々を送ってばかりの私の今日このごろですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

エロともエコとも無縁な私。
おしゃれな友人知人が、エコバッグをステキなトートバッグとして使いこなしている
のを見て「おお!」と思うことはあっても、自分はエコバッグは使いこなせないし
買わないであろう(スーパーのビニールはゴミ袋として使ってるし無駄には
してないし!)と思ってたのですが、買っちゃいました。

だってこれ、私がもし学生(荷物多い、辞書とかも持たねばならなかったのです。
当時はまだ電子辞書なんてハイカラなものは少なくとも普通の中高生は持てない
時代でした)だったら、メインバッグにしたかもってくらい丈夫なんですよ。
トラッドっぽい柄に、ビニールでコーティングしてある雨でも大丈夫な素材感。
マチもついてて携帯ポケットとか中も割と普通のバッグ風。でもいっぱい入る。

さすがです、伊勢丹……(1000円)。
a0079948_17345979.jpg


もともとお洋服でもすきな紺×グリーンのチェックで、A4どころかB4も入る
(でもでかい!って感じじゃないの)素晴らしいバッグ。そのうち原稿運搬とか
仕事モードのときにも活躍するんだろうなぁ。と衝動買い。

現在、モテ様に、ユーロの弱体化をカサに着て「ヨーロッパ出張でブランドバッグを
買ってきてください」と交渉中なのですが(クロエのバッグって可愛いねー、と
寝てるときに耳元でつぶやいてみたり←睡眠学習(笑))、なんか、バッグ欲が
満たされてしまったかも。

というわけで、伊勢丹のエコバッグ、かなり気に入ってます。
理想は小さくて華奢で可愛いバッグをメインで持って、これをサブ扱いにする
ことかなー。本や雑誌を持って歩いて移動時間に読みまくりたいので、どうしても
荷物が多くなっちゃうのですよね。

というわけで、エコでサブな感じで仲良くつきあっていきたい一品です。

しかし私の愛する伊勢丹、8月は開店が30分早まって10時半になるそうです。
開店直後の伊勢丹でご飯を買って10時半には会社にIN!という、フレックスタイムを
活用した食品の買出しができないじゃーん、と、そこは、ちょっと個人的には
さみしい夏になりそうです。

で、でもいいの。
買いたいものは9月まではガマンなの(すでに哀カードことMIカードの年間お買い上げ額
8%オフ枠の金額を突破してしまってるので、リセットされる8月は何も買わずにおいて
伊勢丹における買い物活動は9月まで控えたいのです)。
[PR]
by tohko_h | 2012-06-28 17:43 | shopping

お久しぶりです。

なんか、5月の半ばから、仕事ばっかりしてました。
要領が悪い方ではないと思いたいのだけど、一難去ってまた一難、
みたいなことが10回くらい立て続けに続き、これからも、ちょこまか
そんな感じが続きそうで、あまり深く考えると会社行きたくなくなりそうなので
そのひぐらしのアリエッティって感じです(なんか違う)。

ブログに書くようなことっていえば、伊勢丹のセール(店舗のは7月からですが
その前にカード会員向けセールが京王プラザホテルで開催されました)に行き、
バッグと財布、という大物を買っちゃったこと、代官山の蔦谷書店(おしゃれな
ツタヤとして話題)にやっと行けたこと、今月いっぱいでほとんどの店から
消えちゃうと噂のレバ刺しを食べに行けたこと、こんなことくらいかしら。

ドラマも観てます。最終回まだだけど「リーガル・ハイ」が面白すぎる。
シナリオの古沢さんは「相棒」のシナリオもよく書いている人なだけあって
構成力が高くて、情報量がぎっしり多くても見てて疲れないし楽しい。
続編希望です。

あと、最初にテレビで見たときは「なんて面白くないんだ!」と言ってたのに
スギちゃんの「ワイルドだろぉ~」が結構口癖になってます。
馬鹿だろぉ~??
[PR]
by tohko_h | 2012-06-21 21:51 | drops of my days