人気ブログランキング |

「想い雲」高田郁

a0079948_13192734.jpg
「想い雲」 高田郁
時代小説をほとんど
読まない私が珍しく
ハマった「澪つくし
料理帖」シリーズ。
待望の第3弾、
発売されてすぐ
さっそく読みました。
今回も期待通り
おいしそうな
料理とせつなく
あたたかい
人情がぎっしり!


洪水で両親を失った少女・澪が、かつての主家のおかみさんと
支え合い上京。擬似母娘のようになりつつ、江戸では
「つる家」という庶民的なお店の女料理人として成長していく
青春料理人情時代小説!既に集英社で漫画にもなってます。

高級なお店が土用の日にうなぎを出すのに対抗して、身近な
食材で、土用メニューを作っちゃう、みたいな澪大活躍のエピソードも
よかったです。

作家が女性なせいか、出てくる男の人たちがどんどんカッコよくなって
くるのも見どころ。
澪のひそかな想い人は正体不明のミステリアスなタイプ。
若いお医者様はエリートならではのおおらかさと素直さがかわいい。
そして、吉原からデリバリー(ある遊女へ特別料理を届けて
もらっている)のためにやってくる遊郭の料理番・又治のいなせな感じ!
更に、澪たちと同じ長屋に住んでる無口な大工さんが今回
愛する妻子のために雄弁になるシーンがあるんですが、こういう
脇キャラへのスポットライトの当て方も自然で楽しく読めました。

読み終わったらおなかすいちゃった!

シリーズ1作目「八朔の月」
シリーズ2作目「花散らしの雨」
by tohko_h | 2010-03-17 13:18 | reading