人気ブログランキング |

林真理子「六条御息所 源氏がたり~光の章」

a0079948_19503469.jpg


「六条御息所 源氏がたり~光の章」 林真理子
数多くの作家が挑んできた、源氏物語の現代語訳、あるいは自分バージョンの
源氏物語。林真理子が選んだのは、源氏を最も愛した、いや愛しすぎた
六条御息所の生霊の目線で、光源氏の誕生の瞬間からその人生を語る、
という、なかなかチャレンジャーなやり方だった。

しかしこの御息所目線、なかなか斬新で、よかった。
ついつい「あさきゆめみし」の影響で、源氏の両親(桐壺帝と更衣)の恋愛を、
身分の差がありつつもロマンティックな恋愛として読んでしまいそうに
なるのですが、もともと宮家関係の御息所は「帝はいろいろな身分の高い
女性によい塩梅で愛を分け与えねばならないのに、それができなかった」と、
その、のめりこみ方をいけないことだったと冷静に語り、また、更衣のほうには
野心があったのではないかと推測します。そんな風に冷静に、内裏の中すら
見えていた聡明な貴婦人である御息所が、そのふたりの間にできた
御子…光源氏に恋してしまうのが、とても皮肉な運命に思えます。

また、御息所目線ということは、源氏に抱かれた女性が語っているということで…
他の女性たちを抱いているシーンの冷酷な目線、嫉妬のにじむ言葉の選び方、
などなど、今まで「生霊になってしまう怖い人」と思っていた御息所が、
とても生々しく、ひとりの女性としてリアルな存在に思えてきます。
そして彼女の語る源氏の、美しく優しく賢いだけではないひとりの男としての
エゴや厚かましさ、身分の高さからくる傲慢さや鈍感さなどの描写…

みやびやかな平安文学として源氏物語を愛好している人からしたら、
リアルすぎてイヤな感じ、という意見も出そうな林真理子源氏ですが、
私は、それぞれのキャラクターが生身の人間として立ち上がってくる迫力と
高貴な人でも恋や性愛の前では裸で、時には好色に、時には大胆に
ふるまうんだな、という、なんとなくぼかして描かれていた部分をずばずば
暴くようなタッチ、面白く読みました。
紫上が源氏の手で女性にされるところぐらいまでがこの章には収め
られています。明石編とか、大人になった紫上とか、源氏の息子の夕霧の
初恋物語とか…続きをどのように林さんが描くか、今から楽しみです。
by tohko_h | 2010-04-03 19:51 | reading