人気ブログランキング |

「和菓子のアン」 坂木司

a0079948_1346365.jpg
「和菓子のアン」 坂木司
デパ地下…それは、食のワンダーランド。
お総菜にお弁当にパンにおにぎりに、
そしてお菓子各種…元気がいい時に
歩けばワクワクするし、体調悪い時だと
あの活気に負けそうになる、そんな場所。
高校を卒業してなんとなくデパ地下の
和菓子屋さんで働き始めた18歳の杏子の
社会人デビューな日々と、和菓子を求めて
やってくるお客さんの秘密をめぐる、
キュートでさわやかな青春ミステリー。


実は、ちょっと時間をつぶさなくてはいけなくなって、おいしそうなカバーと
「デパートものならつまらなくは無いだろう」的にテキトーに選んだ1冊
だったのですが、これが、読み始めたらノンストップの面白さ。
ぽっちゃりしたほほや二の腕を気にする健康体型のヒロインが、
和菓子の専門用語を覚え、持前の度胸で接客をしていく姿に
素直に「若いっていいなあ」と思います。
ほんとはコンプレックスも繊細さも賢さも持ち合わせたすごく上等の
女の子なんだけど、自分では「こんな自分でもお店やお客が喜んで
くれるなら」みたいに卑屈じゃなくて本気で思って店に立ってる杏子は
きっと、和菓子以上のものをお客さんに手渡してるんだろうな~なんて
思わずお菓子のように甘ったるい感想が飛び出してしまうほど(笑)。
ふわっとしてて可愛くて食べ物屋さんにいてほしい頬の丸い女の子、
ということで、ドラマ化するなら柳原加奈子だな(笑)。

そんな彼女を育てるデキる店長さん(無駄な残りを出さずに仕入れをする
ことができるすばらしいプロフェッショナル。でも控室ではおかしな人に?)とか、
職人でもある社員のすらりとしたイケメン(でもロマンチスト)な同僚とか、
バイト仲間のギャルっぽい女子大生、そして個性豊かなお客さんたち…
善男善女が、愛らしい和菓子カウンターの向こう側とこちら側で繰り広げる
人間ドラマ。
デパートの内幕ものとして読むもよし、食いしん坊なのでお菓子の描写を
楽しみたい、でもよし、女の子のお仕事ものとして楽しむもよし、もちろん
フツーにライトミステリーとして堪能してもおなかいっぱいになることでしょう。

読む前に、お気に入りの和菓子(お団子とか大福とか素朴系推奨)と
お茶を用意して、どうぞ。

定価1890円(税込)→実感価格1980円(105%)
※お菓子代別。
by tohko_h | 2010-04-28 13:48 | reading