坂木司祭り開催中 その2「先生と僕」

…というわけで、前の記事に続けて、まだまだ読みます坂木司のライトミステリー。
日常の謎を青春真っ只中の若い人が解き、時には苦い思いを味わい、時には
大人を出し抜いてやったね、とたくましく成長する。そんなパターンが多い坂木作品。
今回は、若い男の子ふたりの「相棒」って感じの探偵ストーリーです。

a0079948_2153071.jpg
「先生と僕」
 坂木司
地方から出てきた素朴男子・双葉君18歳。友達に誘われ、
大学でミステリー小説の研究会に入ってしまったものの、
実は殺人事件が出てくる小説はニガテの怖がり&病的に
ネガティブなチキンハートの持ち主。
そんな彼をスカウト(?)したのは、都会的な美少年の隼人君・
中学1年生。表向きは大学生の双葉が中学生の隼人の
家庭教師、という関係のふたりだけど、ミステリー通で洞察力に
優れた隼人が、双葉に日常の謎解きのコツや、お勧めの「人の死なない
ミステリー小説」をレクチャーする先生役だったり…。

そんな「先生」と僕の事件簿、といった感じの軽やかなタッチのミステリーです。
臆病な双葉くんも一緒に推理できちゃうような「怖くない事件」ばかりなので
誰にでも安心して読んでもらえそうな1冊。コナン君や金田一少年みたいに
遺体がたくさん出てきて警察も手が出せない難事件をすらすら解くこども、
みたいなスケールの大きさはないですが、日常ミステリーばかりなので
「これくらいなら大学生と中学生の素人探偵でも解決しちゃうかも」と思える
等身大な感じの事件ばかりです。カラオケボックスの小火騒ぎの中
消えたふたりの女の子の謎、書店の雑誌に立っていた付箋の謎、
区民プールの監視員の秘密、おっとりした双葉が声をかけられた「画家」の正体…
赤川次郎やコバルト文庫の探偵ものシリーズみたいに、中高生が一気に読める
健全で、なおかつ、人の悪意やずるさにも触れてる佳作です。

また、隼人君が実際にある推理小説の中から毎回双葉くんに「これなら
先生も怖くないでしょ」と本を薦めてくれる場面があるので(「花の子ルンルン」で
最後に花の種と花言葉が出てくるみたいなお約束として)、ブックガイドとして
活用してみるのもいいかもしれません。「私もこの本読んでみよう」みたいな。

クールで頭のよい隼人少年が、おっとりした双葉くんにだんだん信頼を
寄せていくプロセスも割と丁寧に書かれていて、ミステリーとしてだけでは
なく、ちゃんと少年もののドラマとしても成立しています。キャラクターが
はっきりしてるので、ドラマにしやすそう。
ジャニーズの中でたとえば田口くんとか小山くんとかが双葉君役で、ジュニアで
人気のある誰かが隼人君、なんてキャスティング、すぐにでもできそう(笑)。
あるいはノイタミナ枠で夏休みあたりアニメとか。

定価1470円→実感価格980円(≒67%)
むしろヤングアダルト、とか、十代向け、というかたちで売ったほうが、一番
楽しんでくれそうな読者に届く気がします。読書感想文だって書きやすそうだし。
[PR]
by tohko_h | 2010-05-02 02:15 | reading