人気ブログランキング |

「短歌の作り方、教えてください」俵 万智 × 一青 窈

a0079948_262345.jpg
「短歌の作り方、教えてください」
俵 万智 × 一青 窈(角川書店)
有名歌人の俵万智さんが先生で、
シンガーの一青 窈さんが生徒。
往復メールという形で、一青さんの
歌を俵さんが添削し、さらに一青さんが
改作、というやりとりが1冊の本に。
作詞経験は豊富な一青さんですが、
5・7・5・7・7という和風のリズムの
定型には最初は戸惑っていたみたいで
ぎこちない詠み方をしていたのが、
次第に洗練されていくのが面白かった。


私自身、雑誌の投稿などをきっかけに「プロが素人の短歌を添削する企画」に
2度ほど当選したことが10年くらい前にあって、自分の作品が、プロ歌人の
アドバイスでどんどん立ち上がってくる経験があるので、一青さんという
「詩のセミプロみたいな人」が、自分の言葉を定型にはめ込んで、逆に
はめこむことによってそこから感情がはみ出してあふれてくるプロセスを
たどっていく様がとても興味深かったです。俵さんは先生としてはかなり
具体的な改作例を示したりアドバイスも分かりやすく、さすがもと学校の先生。
これ、続編とかやるとしたら、俵さんが別の人の先生するのも面白いと思うし
穂村さんとか東直子さんみたいな、もっと感覚的な歌を詠む先生のところに
一青さんを送り込むというやり方もいいんじゃないかな、と思いました。
一青さんの歌は普段まったく聞かないんだけど、逆に、ちょっと歌詞だけでも
読んでみたくなりました。

定価1500円→実感価格1000円(67%)
学生さんとか若い人にたくさん読んでほしいのでリーズナブルであってほしい。
なので、シングルCD1枚くらいのお値段が理想かな、と。
by tohko_h | 2010-05-30 23:04 | reading