SEX AND THE CITY2

そもそも、流行っていたのは知ってたんですが…
失礼な話「馬面のヒロインと、おかっぱと熟女っぽい人ともうひとりの
仲良し4人組がぶっちゃけトークと恋愛をいっぱいするドラマか・・・
興味無いな」と、前知識だけでパスしてたセックス・アンド・ザ・シティ。

ところが、たまたま、劇場版(パート2)が公開になる前に、テレビで
パート1のほうの劇場版を放映してた日、ほかに見たいものがなくて
なんとなくだらだらとテレビをつけていたのです。

ヒロインのキャリー(サラ・ジェシカ・パーカー)の結婚騒動がメインで
他のお友達も、男と別れたり、子供を産んだり、自分らしさを選んだり、
などなどいろいろあって、という話だったのですが・・・
最初の30分でもう、前のめりになってました。それまでのストーリーも
キャラもよくしらないのに・・・不思議。

映画の頭で一流ライターのキャリーが結婚するというのでファッション誌が
タイアップすることになって、一流メゾンのウエディングドレス試着ショー、
とか、もう、いきなり目の正月シーンですよ。
更に、結婚して彼と暮らすキャリーは、今までの一人暮らしの部屋の
クロゼットの要らない服を整理するわけですが・・・
友達3人を部屋に呼び、シャンパンをあけつつワイワイとして、
処遇に迷う服を着てファッションショーごっこして「持ってく?」「捨てる?」と
ジャッジしてもらうシーン…うう、楽しそう! 

かと思うと、男と別れて年越しをする女友達のもとにタクシーで夜中に
かけつけてハグしたり、仲間のお産となれば皆で集まったり…なんとも
人情にあつい。恋愛と仕事をせいいっぱい大都会のNYでしてるもの同士の
連帯感に素直に憧れました。

で、ドラマ見たことないのに、いきなり映画の2を映画館まで見てきました。
地元の地味なシネコンで、初めて満席状態を味わいつつ(笑)。

a0079948_13304285.jpg

映画は、4人組が、ご招待でVIP待遇で中東のリゾート地で1週間
旅行を楽しむ、という、ファンサービス系のお話だったんだけど、
ファーストクラスの飛行機とか、執事が一人ずつつくリゾートホテルとか
砂漠でラクダに乗るためだけにお着換えするとか、もう、見てるほうまで
贅沢な気持ちに。でも、その贅沢を味わいつつも、大人の女性として
それぞれ、いろいろ問題は抱えている。

キャリーは、夫との関係に悩み、更に意外な男性と旅先で再会しちゃうし、
弁護士のミランダは、上司から仕事をもらえずにシカトされつづけ、家庭と
仕事を両立させる意味は?と悩んでるし。優等生のシャーロットは、
欲しかった子供を授かって育児に励むけど、思い通りにならないことも多く、
ストレスフルな感じ。奔放に女性であることを楽しんでるサマンサは、
50代女性としては避けられない更年期を山盛りのサプリで必死に抑えて
デートに出かけて頑張ってる。

もちろん皆、いろいろ恵まれた女性たちなんだけど、不思議と贅沢な悩みね、
という反感じゃなくて、なんか他人事じゃなくなってくるんです。

ダメ人間同士が寄り添いあって傷口をなめ合ってる風じゃなくて、ちゃんと
独立した人同士が対等に向かい合ってる関係だから、この4人に憧れる人が
あとを絶たないんだな~と、もう、夢中で見ちゃいました。


というわけで、2週間前には、4人の名前すら覚えてなかったのに…
ドラマのDVDをボーナスで全部揃えちゃいました(笑)!
1話30分らしいので、踏み台昇降(私にいちばんあってるエクササイズは結局
これらしい)のおともにしつつ、これから全94話、楽しもうと思います。

ただし、テレビで見たときに、モテさんのリアクションはめちゃ薄。
というわけで、おうちに私ひとり、の時間のひそかなお楽しみにしておきます。
[PR]
by tohko_h | 2010-06-16 23:29 | watching