人気ブログランキング |

「源氏物語」は、ヒロインが生田君てことでOKなのか。

2011年に生田斗真君が光源氏役で主演するという映画「源氏物語」。
この話って、タイトルロールは源氏だけど、実際の主人公は、彼を
とおりすぎていく女性たちなんじゃないかなーなんて思ってたりするので、
どんな素敵な女優さんたちが集まるんだろう、と楽しみにしてました。

が。
しかし。
トンデモキャストだぞ、こりゃ。

○源氏を産んで間もなく死んだかよわい母・桐壺&彼女の面影を求める帝と、
更に義理の息子源氏に愛され苦しむ藤壺→真木よう子
現在の大河ドラマのおりょうさんも不評な彼女が、源氏が最も愛した初恋の
女性を演じるというのはどうなんでしょうか。イメージ的には金麦夫人あたり
なんだけど。たおやかで綺麗で風がふくとゆらゆらゆれてそうな雰囲気。

○源氏におぼれていく年上の身分ある未亡人・六条御息所→田中麗奈
ものすごく庶民的な女優さんが来て、かなり謎。ものすごくきれいで知的で
なのに年下の源氏をより深く愛して負けて滅びて行く…というザ・女、な役に
なぜボーイッシュそのものの活発女優なっちゃん持ってきちゃうのか。

○大臣の娘でプライドが高く打ち解けられない年上妻・葵の上→多部未華子
日本最古のツンデレ設定の葵の上は、高飛車でお嬢様だけど源氏にホントは
愛されたいと思っている、という萌えな設定なのに、なぜ、このキャスティングに…。
平安時代の美人、というリアリズムを重視しすぎていきついちゃったのか。
彼女がツンとしても気品とか感じられないし「なにすましてるんだか」といった感じの
ただの意地悪ねーちゃんになってしまいそうな可能性特大。

○下町で暮らす身分は低いが癒しを与える夕顔の君→芦名星
線が細い人がよかったな・・・エキゾチックな顔だとは思うけど。

○帝の正妻で桐壺を目の敵にする弘徽殿→室井滋
桐壺登場までは美女として君臨していた、という設定的にいいんだろうか。ただの
桐壺更衣いじめ役として選んだのだとしたら、なんだかなーである。

そんな「源氏物語」の作者も、映画には登場するそうです。
ひそかに思いを寄せる藤原道長(東山紀之)の命令で小説を書き続ける
紫式部(中谷美紀)。そして、陰陽師の安倍清明(窪塚洋介)も登場…
という、話の外枠のストーリーとキャストの方がなんだかきらびやかになっちゃい
そうな予感です。ふつうこれだけ女優さんいっぱい出たら、ひとりくらい
「わー楽しみ」って人が出演してそうなものなのに・・・ちょっとびっくりでした。
by tohko_h | 2010-10-12 17:38 | watching