人気ブログランキング |

「着ればわかる!」酒井順子

a0079948_134354.jpg
「着ればわかる!」酒井順子
酒井順子さんの文体、大好き
なのですが、エッセイの内容に
よっては、私立出身>公立出身、
首都圏出身>地方出身、みたいな
差別意識がたまに滲んでる感じ
なのがあって、田舎の公立出の
私が読むと鼻につくところがあり
「ううむ」ってこともあったりします。


しかしこの本は、バスガイド、巫女、劇団四季のキャッツなどなど、酒井さんが
色々な職業の服装とちょっとした研修(?)を楽しんで、あとで「こういう服を着ると
こんな気持ちになるんだ」と考察してる、単純に楽しめるコラムでした。よかった!

十二単を着て、平安時代の女性や皇族の女性の心理を想像してみたり、
キャバクラ嬢のカッコをして、その安っぽい華やかさに感心したり。
ゴスロリの服装で原宿を歩く時は「貴族のバカ息子に黒い魔術などを教える
悪魔のような家庭教師」なんて設定まで考えちゃったり。とにかく楽しそう!
私も着てみたい! と、はしゃいだ気分で読めます。

知的なイメージの、年齢的にも「リッパな大人」の酒井さんが、着せられていくと
テンションがちょっとずつ上がって行くところがリアルで可愛かった!

定価1400円→実感価格1500円(≒107%)
楽しく気軽に読めるし、いろいろな職業のお約束などが分かって面白いです!
巻末には酒井さんのコスチューム装着写真も載ってます。
by tohko_h | 2010-11-11 13:35 | reading