「アンハッピードッグズ」 近藤史恵

a0079948_13404316.jpg
「アンハッピードッグズ」 近藤史恵
パリで同棲している日本人カップルプラス犬1匹。
ある日、ホテル勤務の「彼」が、スリに遭って
困っていた新婚夫妻を家に連れてきて、
4人で数日間を過ごすことになる。
それは、安定そのものだった恋人同士の関係
の脆さを顕わにする、危険な試みだった。


パリを舞台に繰り広げられる、安定した(悪く言えばなれあいきった)恋人同士と
慣れない海外に戸惑う新婚カップル(しかも旅先って色々地が出るよね)、という
対照的な2組の男女の配置がうまいと思った。アンニュイな大人ムードの恋愛小説。
ヒロイン(同棲カップルの女性側)が料理上手で、ありあわせのものでちゃちゃっと
食卓を整える描写が面白い。フランスパンをかじりながらワイン飲むだけ、
みたいなシーンも凄く美味しそう。
というわけで、やりきれない恋愛小説ではありますが、なぜか読んでいると食欲が
刺激されてしまいました(意地汚いかしら??)。

定価588円⇒実感価格500円
あっさり読めるボリュームだったので。

近藤さんといえばミステリー作家のイメージがあったのですが、こんな作品も
発表してたなんて知らなかった。そういうビックリ!な面白さもありました。
[PR]
by tohko_h | 2011-02-08 13:37 | reading