牛乳屋さんのプリンパフェ

イチゴパフェのシーズンだわ、と、ときめいていたのですが、イチゴの前に
ものすごーいパフェに先に出会っちゃったので、そちらの話を先に書きます。

友達に引っ張られるように連れていかれたのは、内幸町の「フルーゼハウン」
というカフェです。オフィスビルの中にカフェが…
こちらの「中沢」は、スーパーの生クリーム売り場などで見かける、あの
「中沢」です。日本を代表する乳製品メーカーさんの直営店らしいです。
a0079948_8534092.jpg


そちらのプリンパフェがものすごく美味しいらしい!との噂を聞いて
燃えたぎっていた友達ふたりに連れて行ってもらいました。電話で
売り切れてないか(人気商品なので売り切れてる時もあるらしい)
確認するあたり、本気度が感じられます。で、登場しましたよ!
a0079948_8543336.jpg


角度をちょっとかえてもう1枚。このプリンが良い意味で素朴な手作り感
あふれる感じ。しっとりしっかりこっくりしてて、おしゃれな香料とかは
感じない、牛乳と卵でプリンなのだ!という正しい王道味。それに、
お家芸的生クリームが彩られてて、おいしくないわけは、ないのです。
a0079948_8545127.jpg


更に、閉店間際だったせいか、生クリームに対して貪欲な友達が一緒
だったからか、おまけまでしてもらっちゃいました(笑)。生クリームのみ。
こういうのを見ると、ふとイチゴとか食べたくなる私は、乳製品愛がまだ
足りてないかもしれません。でも、バニラや生クリームって、フルーツと
あわせてもおいしいよね??
a0079948_855421.jpg


というわけで、中沢のフレッシュな乳製品による贅沢デザートが都心の
オフィスビルの1Fのカフェに潜んでる…やっぱり東京って面白い街だな、と
思いました。しかし中沢グループのホームページを読んでびっくり。
「明治初年、現在のJR新橋駅付近で牧場を営み、牛乳の生産を始めました」。
東京のど真ん中に牧場があったのね、明治時代って。
しばらくは、新橋に出向くたびにいろんな人にこの話をドヤ顔でうっかり披露
してしまいそうなほどビックリしました。昔の東京の地図(マンガちっくなやつ)とか
見てみたくなったなー。よく、明治までいかないけど、うちの親なんかも、
「原宿なんてほんとなにもなくて「原っぱ」って感じだった時代もあった」
なんて言ってるけど、大昔、新橋が牧場だったこともあるなら、原宿が
原っぱだったころもあったんだろうな、と、なんか納得。


※フルーゼハウン※
東京都港区新橋1-18-1航空会館1階
[PR]
by tohko_h | 2011-02-17 12:54 | eating&drinking