人気ブログランキング |

「主婦と恋愛」 藤野千夜

a0079948_19214610.jpg
「主婦と恋愛」藤野千夜
それは日本でワールドカップが開催された夏のこと。
主婦チエミは、親戚の紹介で知り合って結婚した6歳年上の
まじめな夫と一緒に試合を観にいき、ひとりできていた若い女の子
ワカナと出会い親しくなる。その後も彼女を自宅に呼び、夫婦と
共にテレビ観戦をするように。
サッカー好きの彼女と盛り上がる夫はまるで恋をしているみたい…
そしてチエミ自身も、友人宅で出会ったカメラマンのサカマキが
気になっていた。平穏な日々に訪れた、毎日がサッカーという
非日常と、意外な出会いは、チエミと夫を変えてしまうのか…


タイトルはスキャンダラスですが、小説は淡々とチエミとその周辺だけで
進む地味で落ち着いたトーンの話。チエミは主婦で、美容院で若いイケメンに
髪を切ってもらい、ちょっといい気分になる、くらいのライトなときめきを味わい、
あとは、地味でちょっとどんくさいタイプの夫の優しいところに満足して
暮らしている。そこに、若くてきれいなワカナ(しかも夫と趣味が合う)、
華やかな雰囲気を持つサカマキなどの急にできた知り合いが入り込んできて
(自宅でサッカー観戦をするようになるのです、この人たち)、安定した
夫婦のおちつきがちょっとヘンな感じになる、ということで、テーマは
恋愛じゃなくて「他の異性に目がいったら夫婦ってどーなんの?」って
ことなんだと思う、これ。

結婚したら一生1mmも他の異性に心を動かされない・・・これって非常に
難しいんじゃないだろうか。ただ、動いたからってどうなるものでもないし
モヤモヤしてるうちに、くすぶったマッチみたいにすぐ消えちゃう想い。
その「一瞬火がついた?」みたいな実績だけが心の秘密として残る。

巷に不倫という恋愛は多いけど、そこまでいかないで、しけったマッチの
火が「ついた?あ、消えた」、みたいなところで、残念がりつつも安堵して、
配偶者との生活の中に戻っていく人のほうがもっと多いんじゃないだろうか。

私自身も、夫に言わせると結構ミーハーで惚れっぽくて、たまにそういう
しけったマッチを擦ってるらしいし(笑)。でもそれと浮気実際にする、
というところの差は大きい。人に死ねというのと殺人するのの差と同じくらい、
たぶん。そのハードルを越える差はたぶんエネルギー。

定価580円⇒実感価格400円

ハードカバーでも出てますが、これはあえて文庫版のほうがお勧めです
(角田光代の解説を読むとしっくりくるところが多いので)。
by tohko_h | 2011-02-27 19:43 | reading