人気ブログランキング |

「チーズの時間」山口よしのぶ (原作)花形 怜  全5巻

a0079948_15363315.jpg
「チーズの時間」 全5巻
フランス生まれの女の子・レミは、若干二十歳で
「チーズ鑑評騎士」の称号を持つチーズの天才。
肉親探しのために、そして日本人にチーズの
美味しさを知ってもらうために日本にやって来る。
彼女が開店したチーズ専門店を舞台に、様々な
チーズやそれらを用いた料理が登場する、
チーズが主役のグルメ漫画。


「美味しんぼ」みたいにオールラウンドなものから、「夏子の酒」、「雅太の寿司」、
などなど、ひとつの飲食物をメインに据えたものまで、グルメマンガの本数って
物凄く多いと思う。歴史漫画やスポーツ漫画といい勝負のメジャーなジャンルかも
しれない。もっと拡大解釈すれば、パティスリーを舞台にした人間ドラマの
「西洋骨董洋菓子店」や、ゲイカップルの普段ご飯がいっぱい出てくる「きのう
なに食べた?」(いずれもよしながふみ)なども、グルメものと呼んでもいいだろう。

しかし、チーズ漫画は初めて読みました!
「美味しんぼ」の山岡さんとサシで話せそうなくらいチーズ通(で、チーズといえば
やっぱりワインの話も出てきます!)のヒロインの蘊蓄物、といった面と、
チーズを使って日本のチーズになじみのない世代でも食べられそうな料理や
チーズケーキなんかを紹介する「自分でも真似して見たくなるお気軽レシピ」の面も
あって、じっくり「このチーズ食べてみたいな~」なんて思わずメモとりながら
読んじゃいました。

ちなみに私が好きなチーズは、とってもべたですが、オレンジ色のミモレット。
熟成が進むと、色が色なので、カラスミっぽいムードになるところがまた美味。
あと、最近食べてないけど、一時ハマり食いしてたのが、カンボゾラという
ドイツのチーズ。カマンベール(白)とゴルゴンゾーラ(ブルー)の合わせ技的な
美味しいどこ取りチーズです。カマンベールのクリーミーでとろりとした
味わいと、ゴルゴンゾーラのピリッとした個性的な香りがちょうどいいバランスで
感じられる、親しみやすく、あとをひくチーズです。どこかで見かけたらぜひ!
by tohko_h | 2011-07-09 15:37 | reading