人気ブログランキング |

「蝶々さん」 市川森一

a0079948_23102672.jpg
「蝶々さん」(上)(下) 市川森一
士族の家に生まれた蝶は、賢く美しく一本気な
少女として成長していく。しかし、家族を襲う不幸や
貧しさ、ずるい親類などのせいで、学問を身につけた
進歩的な女性になるという夢はなかなか叶わず、
ますます学問と海外への憧れはつのるいっぽう。
そんなある日、港にやってきた大きな船から、颯爽とした米国海軍の制服を来た男が
突然、蝶の目の前に現れた…彼女はその出会いを、海外へ渡るチャンスだと思い、
永遠の愛と家族を手に入れることができたと幸せに浸る。しかし、異国人である
彼にとっては、日本にいる間の美しい娘とのほんの気まぐれなひとときを楽しむための
わりきった関係の始まりに過ぎなかった…

オペラで有名な「蝶々夫人」の話。
まっすぐな士族の娘として成長するすがすがしい少女時代のパート、
花街で送るちょっと大人っぽい青春の日々のパート、ここまでの
いきいきと、辛い事があってもまっすぐに突き進むところは読んでいて爽快なのだが、
米国人の彼のために必死に、彼の望む「着物の似合う日本人形のような妻」で
あろうとする姿は読んでいて哀れだし「その男はだめ!」ともどかしい気持ちで
いっぱいになりました。
しかし、地元の娘を日本にいる間だけかこって好きにして暮らすという都合のいい
「長崎式結婚」なるものが当時結構実際にあったらしいという事実に一番びっくり!

しかし、蝶々さんには何とかしぶとく生き延びて(彼女は笛が得意だし英語も話せる
わけだから、おうちで教室でも開いて生活していけたはず)ほしかったな。
※有名なオペラの有名な結末なのでネタバレ関係なく書いちゃいましたが。
by tohko_h | 2011-07-22 23:15 | reading